ようやく雪解けてきました。

2018年02月24日 22:25

今年は本当に雪が多かった・・・。
それももう終わり(・・・のはず!)。

2月も20日を過ぎれば、暦の上では雨水です。
雪が雨にかわる頃。

寒波も緩んだことで徐々に雪が解けて
田んぼの畔が少しずつ見える様になってきました。
20180224_104440.jpg

圧雪された道路の雪もなくなり、ようやく快適に車を運転できるようにもなりました。
ちなみに、近所の雪捨て場では集められた雪がちょっとしたピラミッドになっていました。

20180217_123436.jpg

もうすぐ3月に入ります。

3月に入ると、用水路の手直しや種籾の準備が始まります。
いよいよ2018年の米作りの始まりです。

雪解けと暖かな春が待ち遠しい・・・!


今年はさすがに大寒波

2018年01月28日 00:50

今シーズンの冬は寒波!寒波!でなんだか毎日
寒波がきてるんじゃないかってくらい、連日寒波が来ています。

東京でも4年ぶりの大雪、数十年ぶりの低温注意報など、
この寒波のすごさがニュースで流れています。
20180126_070510.jpg

もちろん、雪国の本場・新潟でも寒波は猛威を振るいまくっています。
20180126_070512.jpg

道路はどこもかしこもスケートリンク状態。
20180126_072455.jpg
圧雪されたスケートリンク状態の道路はまだ良いほうで、
除雪が間に合っていない道路は封鎖されていたり、吹き溜まりに車が突っ込んで
立ち往生していたりと、中々に注意して運転しないと地獄を見ます。

一月中旬の大雪と違い、今回の寒波はとにかく気温が低いので、
雪がとってもパウダー状態です。 (ゲレンデだったら最高の雪質)

さらに風がとっても強い(30メートルとか、台風並み)ので、
降った雪がみんな飛ばされてしまい吹きっさらしの田んぼには
あまり積雪しません。畔なんかはむき出しの状態。
20180126_072301.jpg
そのかわり、建物の影など吹き溜まりになる処にはたっぷり雪が溜まります。


遠くで巻き上がっているのは地吹雪。
20180126_071839.jpg
障害物のない田んぼ道なんかは、常に地吹雪でホワイトアウト状態です。

今年は除雪業者の方々もとても忙しそう。
昼も夜もひっきりなしで除雪に勤しんでいます。
20180126_074523.jpg
除雪業者の皆さんのおかげで雪国のインフラは支えられております。
本当にありがとうございます。

2018 粥占 炭置 神事

2018年01月20日 22:22

気が付けば今年もすでに一月半ば!
今年も一年があっという間に過ぎていく予感をビシビシと感じています。

さて、年が明けると毎年弥彦神社では「粥占・炭置神事」なるものを行います。
これはお粥を煮てその年の作物・漁業などの豊凶と月々の天候を占うというもの。

なんとも非科学的ですが、結構あたると評判です。
その占いが今年もでました。

20180123_195120.jpg

ふむふむ。

お天気は去年も「てり」が多かったですが、今年はついに全てり(一年全部てり)に。
※冬のてりは雪を示しているらしいので、一年中照りってわけではないのですが。

早生稲、四分五厘ってのはすごく悪い。汗
中・晩生稲も六分とは。汗 

去年以上の冷夏とかになるんだろうか。
(でも、天気見込みはてり。)

はてさて、2018年の作柄はとうなるか。
どんな天候でもできる限り良い収穫を得られるように
せっせと作物の世話に励みたいと思います。

過ごしやすく、豊作の一年でありますように。

2017年の終わりと新しいトラクター

2017年12月31日 01:35

今年も一年が終わろうとしております。
毎年毎年のことですが、2017年の時の流れも早かった・・・。

年末になって仕事も私事もなにかとバタバタしていますが、
何が何でも年内にやらなければならないもの以外は、「来年でも良いのではないか!?」という
自問自答を行い、開き直りの境地に立って、適度に師走を過ごしています。

今年も沢山の方にお世話になりました。
お陰様で元気に楽しく、一年を過ごすことができました。
本当にありがとうございました。



今年最後のブログになりますが、トラクターのお話です。
実は最近、石井農園に新しいトラクターがやってきました!
※つっても中古ですけどね!

手前のトラクターが新参です。
20171224_130428-001.jpg
ボンネットにはひときわ厳重にカバーをしております。

今回購入したトラクターは後輪がクローラー(ベルトみたいなの)になっています。
今まで石井農園には、ホイールタイプのトラクターしかありませんでした。

ホイールタイプは走行性が良い反面、地面との接地面積が少ないので
水はけ条件の悪い圃場ではタイヤが埋もれたり、田んぼの地面を抉ってしまったり、
畔塗り機などの機械をつけた作業走行時には直進が難しかったり・・・
といったデメリットがありました。

地面への設置面積が広く、悪条件に強いクローラータイプのトラクターが加わることで、
圃場の乾きが悪い春先でも、予定通りに畔塗りや田起こしができるようになります。

また秋の稲刈りシーズンでも、圃場の抉れを心配することなく稲を刈ったばかりの田んぼに
トラクターで突入して圃場内にもみ殻を散布することができます。
※それによって乾燥機~籾摺り機を休まず稼働できる~稲刈りがスムーズに行えます。
  忙しい秋に、これはデカい!


来シーズンの田んぼ作業を頭の中で描きながら、、、厳かに新年を迎えられるよう、
大晦日はのんびり、ゆっくり・・・・、もぐもぐ・・・、これでもか!と料理を食べに食べたいと思っています。
まずはお餅だ、お餅、お餅をたべよう。


それでは皆様、2018年も宜しくお願いします。
良いお年を!


弥彦山が雪化粧

2017年12月04日 00:42

12月最初の週末。

金曜の夜から降りだした雨は雪に変わり、弥彦山をほんのり白く染めました。
20171202_115340.jpg

その後、土曜、日曜と天気予報が思いのほかはずれまして、
気持ちの良い青空がひろがりました。
20171202_130143.jpg
ほんのり積もった雪は、日差しであっという間に溶けていきました。

今週半ばからは強烈な寒波がやってくるらしいので、
いよいよ本格的な積雪となるやもしれません。

雪かき道具の準備をせねば・・・