FC2ブログ

しそジュース!

2019年07月15日 21:06

毎年、種を播かなくても何故だか赤シソが畑に生えてきます。
それらを引っこ抜いて一畝に集めて植えておきました。

7月。 
赤シソが大きく育ちまして、子供達と収穫。
20190714_104309.jpg

きれいなシソです。
20190714_104327.jpg
さて、このシソをどうしてくれようか。

梅干 ⇒ 妻嫌い。
シソ焼酎 ⇒ 子ども達飲めない。
         ※っていうか、鍛高譚は作れない。


という事で、またもジュースに。
シソジュースの完成です。
20190715_204823.jpg
というか、最初からシソジュースを作るつもりで育てておりました。
我が家では、毎年シソジュースを作るのが夏の恒例行事です。

シソジュースに梅ジュース、今年は希釈系ジュースが沢山です!

梅ジュースづくり

2019年07月10日 23:05

6月中旬。
ご近所さんから沢山の梅を頂きました。
20190622_124128.jpg
ごちそうさまです!

石井農園にも以前は庭に梅の木があったのですが、
格納庫を拡張する際に伐採してしまい、現在梅が自給できておりません。

この立派な梅をどうしてくれようか! と考えまして、

梅干  ⇒  妻が嫌い。  
梅酒  ⇒  子供達が飲めない。

という事で、「梅ジュース」にしてあげる事にしました。

梅ジュース作りは下ごしらえが大事。
爪楊枝で一個一個、梅のヘタ取りをします。(ヘタを取らないとエグみが出ます)
20190622_124244.jpg

子供達もお手伝い。
20190622_124312.jpg

そして砂糖とともに漬け込むこと一カ月・・・!
20190715_200447.jpg

梅がしわっしわ! 完成です。
20190715_200426.jpg
黒糖で作ったので、ジュースでなのに
まるで古酒みたいな色になっております。

この夏の水分補給は梅ジュースでいきます。

初夏のミツバチと、巣箱の今。

2019年07月07日 14:03

まだ梅雨明けの便りの届かない新潟。

じめじめした梅雨は苦手ですが、鮮やかに咲くアジサイは
梅雨ならではの見事な景色。
20190622_105139.jpg

雨の合間を縫って、アジサイにはミツバチがやってきてせっせと蜜を集めています。
20190622_102122.jpg
ミツバチかわいいなー。
しかし、このハチは我が家のハチではなく、どこかからやってきているよそのハチ。


5~6月の分蜂シーズンには前年ながら入居が無かった我が家の巣箱たち。
夏分蜂の可能性は限りなく低いものの、ああ、早く我が家の巣箱にもミツバチが
やってこないかなぁ・・・   

なんて、思っていたら!
20190622_110534.jpg
ふと、感じたんですよね!  

気配!? これが気配っていうのかしら!?


巣箱をのぞいてみたら・・・




あり。 超アリ。 
20190706_105847.jpg
巣箱に異常あり(蟻)! 

これ全部アリです。汗
20190706_105854.jpg
まさか、アリが巣くうとは。汗

ってか、アリは迷路のような巣を作るものなのではないのか?
巣箱の中にびっしりと張り巡らされた(?)アリたちは、器用に内壁に卵や蛹を張り付けて
私の巣箱をアリの王国にしていました。

これではミツバチは入るまい・・・汗

巣箱から放たれたアリたちはあたり一面をうじゃうじゃと這いまわり、
そこらじゅうが蟻だらけになってゆく、、、!このままでは蟻に呑まれる!と思い、
コンプレッサーのエアブローでひと思いに薙ぎ払ってやろうかと考えましたが、

巣箱を持ち上げられて大混乱していているアリたちを良く見ると、
卵や蛹をくわえて右へ左へ必死に逃げ場を探すアリたち・・・ 
なんだか情が湧き、そっと巣箱をもとの位置に戻しました。

まぁいいさ。
巣箱は他にもある、一個くらい貸してあげよう。

まさかの養蟻(ようぎ?) 2019、夏。
しばし蟻の様子も見守ってみようと思います。



最後に。

アジサイの葉っぱを良く見ると、1㎝にも満たない小さな赤ちゃんカマキリがいました。
20190622_120545.jpg
まぁーかわいい!

でもよく見ると、そこら中がちびカマキリだらけで、ちょっとキモかったです。

6月30日、大雨

2019年06月30日 00:02

日本列島が梅雨真っ只中の6月末。
弥彦村も雨が降り続いておりました。

6月30日には大雨警報もでて、用水路の水位も上がる上がる。
家の前の道路も10㎝くらい冠水してばしゃばしゃです。
20190630_102735.jpg
※写真左上、ふと目を離したら雨具・傘・長靴を装備して散歩に出かけようとする子供たち。
  頼むからやめてー。汗 (このあと引き戻しました。汗) 

田んぼの用水路も水位が上がって畔を超え、一時は湖の上に稲が浮いてるような光景になりました。
20190630_103547.jpg
稲はこれしきの水ではなんともなりませんが、転作田でネギを育てていた頃は
こんな感じの大雨で起きる湿害に何度も悩まされたなぁ・・・(遠い目)

幸い、午後からは雨も落ち着いて水路の水位も下がりました。
しかしまだ梅雨が明ける気配はなく、向こう一週間も天気予報は雨マークです。
※九州地方の大雨も心配です。

畑の野菜の排水対策も怠らないように、梅雨をしっかり乗り越えたいと思います。

今年植えた果樹 ②栗

2019年06月28日 23:47

石井農園には、
柿、栗、サクランボ、キウイ、ぎんなん、アケビ、クルミ・・・etc
いろんな果樹が生えております。

それでもまだまだ飽き足らず、
空いてる場所に色々植えてみようぜ! ってことで
今年の春に妻子と一緒にホームセンターで果樹の苗を買いました。

4月に植えた苗がこちら。
20190421_155534.jpg
ぽろたん! そう、栗です!

既に石井農園には品種不明の栗の木が何本も生えているのですが、
どの栗も皮むきが大変。  特に渋皮!

この「ぽろたん」 という栗は甘栗並みに簡単に渋皮がむける、
とっても調理が簡単な栗なのです!
※ぽろたんは平成18年に誕生した品種で、まだ比較的新しい栗です。
  しかし画期的な特性から、昨今の栗界ではぽろたん旋風が起きているほど人気。

ブルーベリーと同じく、4月の定植から2か月。

なんともかわいらしい「イガ」がついています。
20190630_151652_201906302348335a0.jpg
イガって小さな時からすでにトゲトゲしてるのね!

石井農園に生えている栗の木はみな大きく(7~10M位)、目の前でイガの成長を
見ることが出来ませんでした。 イガの成長を見守ることが出来るのは、
今更ながら新鮮な経験です。

ブルーベリーの木に続き、栗の木も初年度から結果を出してくれそうです。
秋の収穫が(収穫した後の皮むきも)、今から楽しみです!