2017年 すじまき

2017年04月09日 22:17

本日、2017年のすじまきを行いました。
すじまきとは、稲の種まきのことです。
DSC_0239-001.jpg
写真は種籾。
均一で安定した発芽をさせるために、あらかじめ吸水させて芽を動かしております。

これを専用の種まき機を使って播きます。
DSC_0248-001.jpg
奥から手前に向かって育苗箱を流すと、
土詰め(うちは事前にマットを入れますが・・・)、散水、種まき、土かけ・・・と
一連の種まき作業を一気に行うことができます。


種まきが終わった育苗箱は、育苗用のハウスに運びます。
DSC_0249-001.jpg
これから一か月、ゴールデンウィークの田植えに向けて
暖かいハウスの中で苗を育てます。

苗が出来上がるまでに、用水路を整え、田んぼに肥料をまき、耕し、
水をいれてとろっとろに代搔きします。

これからの時期、暦と植物の成長ペースに遅れないように、
農作業は休む間もなく続いていきます。

残雪もあとわずか。

2017年04月05日 23:58

1月末、雪で真っ白だった弥彦山ですが。
DSC_0969.jpg

4月上旬の現在、ほとんどの雪が溶けております。
DSC_1160[1]

拡大すると、こんな感じ。
DSC_1161[1]
山頂付近の谷間に、わずかに白い雪が見えるだけとなっております。
※写真をクリックすると大きくなりますので、もう少しよく見えます。


じいちゃんが山を見ながら、
「ほんとに雪が少なくなったなぁ・・・」
と、しみじみつぶやいておりました。

じいちゃんが若かりし頃は、5月の末になっても弥彦山に雪が残っていたそうです。
田植えをしながら弥彦山の雪を見ていた覚えがあるとのこと。

私が現在33才ですが、
私の子供の頃でさえ今よりも確実にもっと沢山の雪が降っておりました。

急激に気候が変わっていることを、しみじみ感じます。



スギ花粉・・・!

2017年04月01日 20:26

新潟も暖かな日が増えてきましたが、それでもまだまだ肌寒い。

梅の花は咲きだしました。
桜の花はもう少しさき。

しかし、もうすでに満開で咲きまくっているのが・・・・


裏山の・・・・
DSC_0982.jpg


・・・・・・杉。
DSC_0983.jpg


風が吹くと、ふわぁーっとオレンジ色のオーラ(花粉)を放ちます。
DSC_0984.jpg
春は大好きなシーズンですが、花粉症の私は
目と鼻がとっても切ないシーズンでもあります。

ともあれ、4月からは農繁期です。
花粉に負けず、頑張ります。

ネギの種まき。

2017年03月21日 22:15

先日、チェーンポットにネギの種まきを行いました。

何か面白いものはないかと、ねこと子供が周囲をうろつく中での作業。
DSC_1079.jpg

コート種子の動きが面白いのか、播種器と種を見つめる猫。
育苗培土を載せた一輪車をなぜか遠くに押していこうとする息子。
DSC_1078.jpg
こらこらみんな、邪魔ですよ。


しばらくして、作業テーブルの上で日向ぼっこを始める猫。
育苗培土積載中の一輪車を、なぜかモップとバケツで洗車し始める息子。
DSC_1081.jpg
こらこれみんな、もっと邪魔ですよ。


あんまり日差しが気持ちよすぎて、猫ぐだぐだ。
DSC_1084.jpg
猫が泥のようだ。

そんなこんなで播いたネギたちですが、
本日ピシッとそろって発芽しておりました。

これから大事に半年かけて育て、今年の秋~冬の出荷となります。
ようやく春が来たと思ったら、次の秋冬のための仕込みをしております。

いやはや。



用水路の泥上げ

2017年03月20日 23:39

先日、地域の用水路の泥上げ(普請)を行いました。
DSCF0156.jpg

この水路は農業用水を運ぶ水路であると同時に、
山や宅地域に降った雨を排水するための地域インフラでもあります。
DSCF0150.jpg
なので、日を決めてご近所で力を合わせて泥上げをおこないます。

DSCF0148.jpg


地域共有の水路の泥上げが終わると、次は各自自分の田んぼに
水を引き込むための用水路の泥上げを行います。
DSC_0977.jpg
私の地域の田んぼは、まだまだ土用水(土を掘っただけの溝に水を流す用水)が多いです。

良く水が流れる様に、溝の底にたまった泥を5~10センチ程度スコップで掘り、
それを畔に重ねていきます。

これがまぁそこそこの重労働でして!

しかも田んぼがこんだけあるもんだから、一気にやろうとしたら
腰が幾つあっても足らないわけです。
DSC_0976.jpg
なので、晴れた日にこつこつぼちぼち。
他の作業と並行しながら、進めていきます。

といっても、4月にはこの溝(一応、用水路)を通って田んぼに水が注がれます。
なので、そんなにのんびりもやってられないので、ほどほどに頑張ります・・・!