なかなかの寒波襲来。

2016年01月24日 22:32

「最強エルニーニョ」の影響で、すこぶる暖冬だった今年の冬。

つい最近一月中旬までは新潟・弥彦村も雪がなく、
今年の冬は楽消か!?と、期待しておりましたがそんな甘くいく訳もなく・・・


「最強寒波」(ほんとにニュースは最強という言葉が好き)がやってきて
現在なかなかの大雪を降らせております。
DSC_1029.jpg
今日一日ですでに50センチくらい降ってるでしょうか。
これぞ新潟の冬。スコップを握る腕が鳴ります。


心配なのが、ビニールハウスと畑のネギたち。
DSC_1028.jpg
今年は比較的風の影響がない畑で作付けをしていたこともあり、
葉っぱも状態よく維持してくることができました。

その葉っぱが、今回の大雪でボキボキと折れないかが心配です。

一応、露地で冬季保存するためにあらかじめ杭・ロープで
ネギに風・雪対策の補強を加えてあります。

どの程度ネギが維持できるか、これもまた次年度以降の糧にすべく
観察していきたいと思います。

あー、雪を解かす日差しが恋しいー!

台風11号。

2014年08月10日 10:33

台風11号が西日本で大きな被害を出しています。
特に四国はずっと大雨が続いているので影響が心配です。

新潟にも明日にかけて台風11号が接近します。
田んぼの稲達はまだ穂を出したばかり。
DSC_0081_201408101024197f1.jpg
平成16年にも丁度お盆のころ、日本海側に台風が進んできました。

その時は雨が降らずに強風で稲が煽られて稲穂や葉が乾燥し、
稲の品質が大きく落ち込む被害が発生しました。

今回は雨台風だと思いますが、念のため田んぼに水を張り
急な乾燥が起きないように備えております。

稲にとって穂が膨らむ大事な時期です。
どうか穏やかに過ぎ去ってほしいと思います。

台風8号

2014年07月10日 23:55

既に連日ニュースで報じられておりますが、
台風8号が日本の大部分に影響を及ぼすコースで移動しています。
taihu.jpg
太平洋側だけでなく、新潟や山形でも記録的な雨が降りました。
全国的には作物被害やハウスの倒壊など、農業関係の被害だけでも大変なものがあります。

また台風が来ると農家が田んぼや川を見に行って被害にあうって話があります。
ネット上のコメントなどでもよく目にします。「田んぼに行くな」と。

確かに、大雨・台風の時は田んぼや川に近づかないのが第一です。
見回りは雨が止み、川の水位が引いてから行くべきです。

しかしながら、地域によっては農家組合など組織の中で
農業用水路の管理担当者として地域の水を見ている人がいます。

そういう人たちは自分の田んぼだけでなく、責任感から
水門はちゃんと開閉しているか?排水路がゴミで詰まっていないか?など
地域の田んぼのことを考えて見回りをしていたりします。

心境はすごく分かるし、自分が同じ立場だったら行くなと言われても
やっぱり気になって見回ってしまうかもしれません。
どうしても田畑に行く場合は、とにかく、とにかく気を付けてください。


台風8号は徐々に勢いが衰えてきているとはいえまだまだ油断はできません。
一分でも早く、穏やかな天気になってほしいと願うばかりです。

今年はとにかく雪が少ないです。

2014年01月28日 23:09

1月下旬の弥彦村。

なんと・・・雪が一切ありません。
DSC_0655.jpg
今シーズンはとにかく雪が少なくて、
私の住んでいる地域ではまだ一度も除雪車が走っておりません。

当初、長期予報では今年は寒く、雪も多くなるって話だったのですが
蓋を開けみたら未だかつてない雪の少なさ・・・。


ちなみに2013年の1月末の写真はこちら。
P1040151_20140128225748629.jpg


で、2012年の1月末がこれで、、、
P1110240_2014012822575133e.jpg


2011年の1月末、
P1240165_20140128225751e75.jpg


そして2010年の1月。
P1260004-1_20140128225752776.jpg

この年は特に雪が多くて、
離れの物置が潰れるんじゃないかって事で(かなりボロい建物なので。汗)
屋根に上って雪下ろしをした程です。
P1260027_20140128225754e22.jpg

こうしてみると毎年結構雪がふってたなー・・・。
確かに、自分が就農してからは毎年大雪だ大雪だって新聞にも書かれてた気がする。
そう考えると、今までが特に多かったのだろうか?

他県など地域によっては今年も大雪が続いていて、
むしろ例年にない積雪になっている場所もあると聞くので日本中全てが小雪と言う訳ではない様です。

弥彦村も、このまま春になってくれればありがたいのですが
そこはまだ一月末、これから2月半ばまではまだまだ用心が必要です。

春の日差しが待ち遠しいこのごろです。

台風18号がやってくれました。

2013年09月19日 22:51

秋雨前線や台風の影響でなかなかはかどらなかった今年の稲刈りですが、
なんとか明日で稲刈終了の目処がたってきました。
※稲刈のお話はまた明日以降にアップ予定であります。


今日はしばらくご無沙汰していたネギのお話。

今年は雨が多かったせいか、転作田(元々田んぼだった畑)の
ネギ畑では病気が激発しています。

夏!雨!と言えば軟ぷ病というネギの病気(一般的には根から腐る)が
流行るのですが、今年私の畑では収穫~調整後にネギの新葉が急にシャバシャバに
とろけ出すという奇病が発生しています。

普及員さん(県の農業指導者)の話では、多分ネギの襟もとから
入った細菌による症状ではないかとの事。 うーむ、本格的な収穫を
目前に控えているので殺菌剤は使いたくないしなー。汗
※殺菌剤などの農薬は、成分を残留させない為に各農薬によって
 使用後数日から数週間は出荷が出来なくなるのです。  


と、思っていた所にやってきた台風18号!


こうなっていたネギ畑が・・・・
DSC_0395.jpg


こんななって!
DSC_0396.jpg


こうです!
DSC_0397.jpg

これはもう病気どころの騒ぎでは無い訳で!
泣きっ面に蜂な訳で!涙

写真は特に被害のひどい所ですが、
まぁざっと見て3割のネギはボッキリとやられました。

ネギは強い植物なので、これからどれだけ回復するか見守りたいと思います。
※土寄せがやり難くてしゃーないです。涙