6月末の稲の様子はこんなであります。

2011年06月30日 23:55

梅雨らしく雨がつづいておりましたが、
今日は梅雨の中休み的な晴れ間に恵まれた弥彦村です。

いやーー、太陽、暑いですね。
そして空気も潤いたっぷり。湿度がぱねぇです。

さて。稲が順調に生育を続けております。
P6300016.jpg
ちょっと写真では見難いですが、青いポールが二本立っております。
そのポールに挟まれた部分の稲を、10日毎に生育調査しております。

草丈、茎の数、葉の色、葉の数などを記録するのですが、
葉っぱなんかはどんどん生えてきてもじゃもじゃのわさわさになって何が何だか分んなくなるので・・・

この様に直接番号を書き込み、葉っぱが現在何葉目まで出てきたか調査します。
P6300017.jpg
現在、草丈58、茎数35、葉数9.6です。

このへんから稲は茎数が少し減り始め(光の競合などで何本かの茎は無効化します)、
もうじきするといよいよ「穂」が作られ始めます。

体を作るステージから、子孫(種)を残すステージへと移っていく訳です。
確実に、稲刈りが近づいてきております。


コメント

  1. 名前記入なし | URL | -

    Re: 6月末の稲の様子はこんなであります。

    梅雨早くあけてほしいですよね

    ネギの枯れ上がりはどうすればよろしいのでしょうか?

    金曜日からいよいよ産業振興センターで農業機械の展示会、サンクスフェアですよね(^O^)/

  2. 継枝 | URL | -

    ウチより早めの田植えだけあって、穂高ありますねやっぱり(^^)品種的なモノもあるのでしょうが。


    どーも、家のことばっかりで、さっぱり田を見に行ってない、ぐだらーな農業人、継枝です(^^)


    分けつがそーとー進んで、田が青々と見えるようになりましたね!その中に、違った青々したモノもよく見受けられるようになりました(笑)

  3. tonu | URL | -

    Re: 6月末の稲の様子はこんなであります。

    折角溝切りしたのが雨で… もう一回溝切りやり直そうか迷ってます(´・ω・`)

  4. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます。

    【ーさんへ】
    コメントありがとうございます。

    サンクスフェア行ってきましたよ(^-^)
    今年も農機がたっぷりでした。

    ネギに関しては湿害の枯れ上がりの場合
    まずは排水確保をしてあげるのみです。
    ※排水溝を掘る等。

    また、土寄せを兼ねてネギの畝間を深く掘り
    ネギの根っこよりも通路を深くすることで
    ネギを湿害から守る事が出来ます。

    これを畝割といいます。 
    私も現在畝割真っ最中です(^^ゞ


    【継枝さんへ】
    コメントありがとうございます。

    気温が上がると雑草の生育も凄まじいですよね。
    そのうち私もヒエ抜きする事になるやもです(^^ゞ

    秋までに設備、住居の体制づくりも
    大変忙しい事と思います。

    適度に息抜きを入れながら、
    お互い夏を乗り切りましょう!


    【tonuさんへ】
    コメントありがとうございます。

    溝切りしたあとの雨は困りますね。
    すこし乾いてくれればしっかり型崩れせずに
    溝も残るのですが。

    私も田んぼによっては地が柔らかすぎたので、
    改めて溝を引き直しました(^^ゞ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/992-ff46b6e9
この記事へのトラックバック