越冬春ネギを見学に。

2011年04月25日 20:28

先日、新潟市の西区にある砂丘地域に行ってきました。
P4150089-1.jpg
この地域は水はけの良い地質を活かした新潟県内有数の園芸地帯です。

この時期はスイカ・タバコ・スイートコーンなどの苗を植える為の
マルチやトンネルが張られた畑が一面に広がり、
太陽の光を反射してキラキラ光っておりました。

で、私が何しにやってきたかといいますと・・・


お世話になっている先輩ネギ農家さんの元に春ネギのお話を聞きに参ったのです!
P4150085-1.jpg
※去年に伺った時のブログはこちら。 こちら畑の去年の様子も見れます。


ネギ栽培の規模拡大を行う上で求められてくるのは、
機械の稼働率を上げつつ農繁期(収穫期)を分散させる為の【周年化】であります。

現在石井農園では、8月下旬から12月半ばまでネギの出荷を行っておりますが
そこに越冬ネギの4~5月、初夏取りの7~8月収穫も加えて
シーズンの拡大を図りたいと目論んでおります。


しかしながら・・・・!!!

私の農地では吹雪が舞い、雪が積り、その雪解け水がたまる転作田。
ネギの越冬には結構過酷な条件であります。

去年、試験的に収穫せず畑に残して冬を越させたネギ達は
結構厳しい状態で春を迎えました。汗  ※これについては後日アップ予定。


それに引き換え、先輩農家さんの畑では新潟の冬を越えたとは思えない位
キレイに葉っぱを揃えたネギ達が畑に並んでおりました。
P4150086-1.jpg

太さも見事です。
P4150088-1.jpg
越冬における品種選定や管理の仕方など、改めてご指導して頂きました。
うーむ、奥が深い。


別の畑では既に今年発芽したネギ達が植えられておりました。
P4150083-1.jpg

越冬ネギとは別に、夏~秋収穫ネギの育苗や管理方法などの
情報交換(今回も殆ど教えて貰うばかり。すいません。汗)させて頂きました。 
本当に感謝感謝です。

P4150084-1.jpg
私も今年、「羽緑一本太」という越冬栽培に特化したネギ(翌年つぼみがでにくい)を
導入し改めて越冬ネギの試験を行う予定です。

農業の場合、作物の生育試験が一年に一回しか出来ない場合も多く
もどかしさを感じますが、時間を掛けてリスクを抑えている事を肝に銘じながら
着実に試験を重ねたいと思います。



各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/944-c7228a56
    この記事へのトラックバック