NNNドキュメント「夢は刈られて 大潟村・モデル農村の40年」

2011年02月15日 22:57

NNNドキュメントは、胸を熱くさせます。 ◎ブログの応援、何卒宜しくお願いしますー! → ブログランキング現在の順位は?


2月13日の深夜、NNNドキュメントを見ました。
これは日テレと系列テレビ局が制作する報道ドキュメント番組で、毎回様々な
社会問題を取り上げるのですが、農業に関するテーマも多いです。


先日の放送は「夢は刈られて 大潟村・モデル農村の40年」。


日本の米農家ならばきっと知らない人はいない秋田県大潟村を、
秋田放送が40年に渡って撮り続けた記録でした。

===================================
戦後の食糧不足を補うために、1964年に誕生した秋田県大潟村。
琵琶湖に次ぐ国内第2の巨大な湖だった八郎潟を干拓して造ったモデル農村に、
全国から580人が希望を胸に入植した。

しかし、自由に米を作ることは許されなかった。

当時、パン食の普及で米は余り、国は減反を強制。
農民は「従わなければ田んぼを取り上げる」と脅された。

40年前から国に従って減反政策を行ってきたある農家は、
米の値段が下がり続け、今も数千万円の借金を抱えている。

農政に翻弄され続けてきた農民たち。

秋田放送が40年間撮り続けた村の激動の記録を交え、この国の農業の未来を検証する。
====================================
※NNNドキュメントのHPを参照。




日本の食糧難を克服する使命感と農業への希望を持って、
今までの生活を投げ出して新天地に飛び込んだのに
国が決めた突然の減反政策によってがんじがらめにされる。

農家の借金は膨らみ、自ら命を絶つ者さえ現れる。

自分の信念を貫く為に減反を拒み、田んぼを耕し続けた者は土地を奪われ、
国からペナルティとして1億円もの賠償請求をされ、村を追われた。

それならばと米の直販売に生き残りの活路を見い出した農家も、
当時米は国が流通を管理していた(食管法)ことから経営を阻まれる。


・・・一時間弱の放送の中で、どんなに困難にぶつかっても
それでも農業と向き合う農家の姿に何度も目頭が熱くなりました。



そして、40年の記録の中にあった八郎潟の干拓事業や
減反政策・MA米を巡る国と農家の衝突なんかは、何故か過去の話に感じませんでした。

多分、諫早湾やTPPなど、現在紛糾している問題と重なって見えたからだと思います。


何十年も続く減反政策については、今もその数字(率)が上がり続け、
先日我が家に届いた知らせでは今年の私達の地域の減反率は38%になるそうです。
※つまり持っている田んぼの38%で、米作らないでって事です。

先の見えない農業情勢を改革できない国、行政が悪いのか。
環境の変化に、柔軟に対応できない農家が悪いのか。


周りの声を聞いてると、農業・特に米については決して今も良い時代ではありません。
でも、農を取り巻く法律はどんどん変わり、出来る事の幅は確実に増えました。

法の改正の陰には、先人の農家さんたちの犠牲と努力があったでしょう。
敬意をはらい、感謝ねせばと思いました。


「今は時代が悪いから」「もう少し待てば良くなるかも」
なんて言ってちゃダメだと。今やらなくていつやるのか?!と。
改めてそう思いました。

TPPだろうと減反だろうと、意地でも生き残って、必ず笑ってやります。

各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします。


コメント

  1. あじ | URL | -

    Re: NNNドキュメント「夢は刈られて 大潟村・モデル農村の40年」

    がんばれー!がんばれー!!
    知治様の思う様にやっていってくださいねー!!!
    「やがて命に変わるもの。。。」って幾つかの食物企業さんがCMでも流して
    ますが。。。
    生きて行く上で食べる事は本当に大事な事です。
    子供にもお腹がすいたから食べるのではないのだよ、寝ている間の体温維持を
    考えたって食べていないと出来ないんだよーなんて会派をしています。
    安全で安心出来る誠実な食物、工業化されたものではなく出来れば愛情の入っている食物を希望します。

  2. 継枝利尚 | URL | -

    Re: NNNドキュメント「夢は刈られて 大潟村・モデル農村の40年」

    減反が良いのか悪いのか、それについて悪いとはっきり言えないのが、不甲斐ないところです。ウチでは減反をやっているので。

    国の一挙一夕より先に自分たちで動かないと、取り残される、今はそんな時代です。
    今の日本は「農業」より「産業」を選んでいる時代。国益を考えたら、仕方の無いことかもしれません。

    僕は農業は国にかなり守られてきた方だと思います。こんなに米価が下がっても。だからこそ、国から脱却する時代に差し掛かってきているのです。

    最近、様々な雑誌で「TPP反対」の文字がよく目に止まります。読めば読むほど今の日本の農業の足りない部分が見えてきます。


    そういえば、1週間ぐらい前の岩手日報で「豪、コメ除外容認」という記事を見ました。
    日本とオーストラリアでの経済連携協定(EPA)の締結交渉で日本が関税撤廃の対象からコメを除外するというもの。
    EPAは、TPPの前哨戦のようなもので、もしEPAでコメの関税除外が出来ると、TPPでのコメ関税除外になる可能性が高いのです。
    しかし、ここで黙っていないのが米国です。米国との交渉が難航必至になるかと。
    オーストラリアは、コメを日本に輸出している量が少ないため、強く抵抗するコメにこだわらず、牛肉、乳製品、砂糖、小麦などに力をいれていこうと考えているようです。

    なかなか面白い記事でした。

    ここ1、2年の農業に注目ですね。

  3. あじ | URL | -

    Re: NNNドキュメント「夢は刈られて 大潟村・モデル農村の40年」

    誤字が。。
    会派→会話  です。(恥)

  4. maruko | URL | -

    Re: NNNドキュメント「夢は刈られて 大潟村・モデル農村の40年」

    自分の家は兼業農家で農地面積も少ないほうなので減反率が今年も上がったので困る一方です。
    祖父がなく亡くなる前は田んぼを頼まれて作っていたのでそうでもなかったのですが
    兼業農家になってからは経営がかなり厳しいです。
    米の栽培を減らしネギや枝豆の栽培をしたいのですが出荷できる日が限られいるのでかなり厳しいです。

    政府が農業情勢改革をするかそれとも農家が今の現状に対応しなければならないのか最近、自分もよくわかんなくなって来ています。

    これからの農業に注目ですね

  5. A-GYO | URL | -

    Re: NNNドキュメント「夢は刈られて 大潟村・モデル農村の40年」

    このドキュメント見たかった!(後悔)

    農業を取り巻く波に、時には波に上手く乗る上級サーファーように、またある時には潜水艦の如く海に潜り大波を回避する。そんな柔軟な経営感覚を石井さんはもっていますから、これからの農業を取り巻く色んな波にも対応できるでしょう(笑)

    うちでは戦後すぐの『農地解放』喰らった時から「できるだけ国に頼るな(極力補助金もらうな)。国を支える側になれ(税金払う側になれ)!」と口伝で伝わってます。んで、それを実行してくと国に依存しない経営形態になってくるんものです。

    現在米を全く作っていないですが、一農業人として今後の米をめぐる状勢をすごく注目しています!

    今週末、大潟村出身の友人(もちろん農家の後継者)と会う予定。今、彼がどんなことを考えているのかを色々聞いてみたいと思います♪

  6. Re: NNNドキュメント「夢は刈られて 大潟村・モデル農村の40年」

    おはようございます
    >TPPだろうと減反だろうと、意地でも生き残って、必ず笑ってやります。
    最高にかっこいいです!
    見習わなければいけませんね
    今日も朝から気合が入りました!

  7. けんたろう | URL | -

    Re: NNNドキュメント「夢は刈られて 大潟村・モデル農村の40年」

    おつかれさまです。ウィンターではお世話になりました。

    大潟村の農業変遷・・現在、農業を取り巻く環境や政治的な動き・・そのどれもが身につまされることが多く、どれを選択し何をつかめばよいかいろいろと考えることが多いですね。

    俺自身はまだまだ小さな動きしか出来ないけど、「農業が国の基盤産業である」という思いはぶれません。そういったことをもっと多くの人に伝え、意識の啓発を出来るようにしていきたいですね。

    あと・・・りっつさんブログ上ではお恥ずかしい姿をお見せしてしまいました(笑)

    今度ぜひ、うちの会社にも遊びに来てください。

  8. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます。

    【あじさんへ】
    コメントありがとうございます。

    「やがて命に変わるもの。。。」は本当に素晴らしい
    キャッチフレーズだと思います。
    生産者である私たちも、改めて気を引き締められる言葉です。

    後悔のない様に、思う様に思い切りやってみようと思います(^-^)


    【継枝さんへ】
    コメントありがとうございます。

    減反の良し悪しは私も分かりません(^^ゞ
    そして、うちも今年は減反に参加する予定です。

    制度に従うと言うよりも、その方がトータルで
    プラスになると判断して選びました。

    減反への参加・不参加も、強制されているのではなく
    自分で選んでいく事が大事なんだと思います。

    TPPもまだまだ1波2波ありそうですね(^^ゞ
    私も、しっかり見つめて行きたいと思います。


    【marukoさんへ】
    コメントありがとうございます。

    確かに、今後の日本農業でもっとも舵取りが難しいのは
    兼業農家の方々なのかもしれません。

    日本は兼業農家(主に稲作農家)が多いですが、
    農業を今後職業・産業として発展させていく上で
    兼業の方々はどちらを本業とにするか選択を迫られる
    かもしれません。

    >政府が農業情勢改革をするかそれとも農家が今の現状に
     対応しなければならないのか最近、自分もよくわかんなくなって来ています。

    私も今後の農政に不安になる事がありますが、
    「政府の農政を上手に乗りこなせる農家」になれたら
    最高だと思います。

    政策は支えてくれるものではなく、乗りこなすものと考えて
    上手に利用できる様に一緒に頑張りましょう!


    【A-GYOさんへ】
    コメントありがとうございます。

    確かに戦後の農地解放の衝撃(農地を接収された方)に比べたら、今の世の中はまだ恵まれていますよね。汗

    A-GYOさんの家に伝わる格言には毎回共感させられます。
    私も、自立した農家としてやっていける様に頑張ります!

    なんと!大潟村の方とお会いするのですか!
    また次回お会いする際に、今の稲作の状況を教えて下さいませ・・・!


    【とんとん神林さんへ】
    コメントありがとうございます。

    私も夜中の放送を見て、
    闘志を燃え上がらせていました。

    口だけにならない様に、
    本気で農業で生きて行きたいと思います。

    頑張ります(^-^)


    【けんたろうさんへ】
    コメントありがとうございます。

    こちらこそ、先日は大変お世話になりました。
    けんたろうさんのウィンターでのお話は農家として、
    日本人として考えさせられました。

    農場見学の件もありがとうございます!
    神谷さんの話はいたる所で耳にするので
    いつか見学に伺いたいと思っておりました。

    来月あたり、改めてご連絡させて頂きます。
    何卒、宜しくお願い致します・・・!


  9. だいすけ | URL | -

    Re: NNNドキュメント「夢は刈られて 大潟村・モデル農村の40年」

    この番組のラストシーン
    坂本さん
    が岡田の取り巻きに連れられて行くが、なぜカメラマンは追わないのだろう?
    なぜ音声まで切る?

    腐ったマスゴミがドキュメンタリー作るなと思ってしまった。

    応援してます。

  10. 石井 | URL | -

    コメントありがとうございます。

    【だいすけさんへ】
    コメントありがとうございます。

    私も最後の手紙のシーンは胸が切なくなりました。
    もう少し方法はあったのではないかとも思いますし、
    取材の仕方や伝え方の方法にも少し思う所はありました。

    ただ、何らかの形であの手紙がちゃんと届く
    事を願うばかりです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/909-ce7ec949
この記事へのトラックバック