ツイッターとかクラウドとか、農業現場もITが盛んです。

2011年01月27日 22:02

ブログTOPを「~3年目突入」に微修正しました。落ち着いたら、改めてざっくり衣替えします。汗  ◎ブログの応援、何卒宜しくお願いしますー! → ブログランキング現在の順位は?


少し前にツイッターと農業について、人とお話する機会がありました。
農業の世界でも、仕事と結び付けて利用している方が増えてきているそうです。
無題
写真は私のツイッタ―。
現在は殆どブログの補助ツールとして使っておりまして、記事の更新を
フォロワーの方に伝える掲示板的な状態になっております。

しかしながらツイッタ―はキーワード(地域、農業、作物名など)で
関連するユーザーを探してその人達と繋がっていく事ができるので、
営農上の情報交換ができそうな相手と交流したり、自分の商品に興味を
持ってくれそうな(顧客になりそうな)方とのきっかけを作ったりと、
こちらから積極的に仕掛けて行く事も出来るツールだと思います。

今後私も、もっと色んな使い方を発展させていかねばと思っております。


また、最近農業現場でのクラウドを利用した新システムの話にも出会いました。
ヤバい、ITの波がどんどん押し寄せている!汗

家電量販店に行くたびに、携帯コーナーに怪しく近づき、最新のスマートフォンを
恐る恐るイジってキャッキャしてる場合ではありません。
※しかも私は最新携帯の使い方がよく分からない(ボタン無いとかどゆこと?)上に、
 セールスの店員さんと目が合うとビビって逃げる癖があります。


そんな私でも、もうなんかスゲーぞ!って空気は分かります。

今の携帯は、もはや小さなパソコン状態。
機種によってはスカイプも使えるんだとか。
って事はそのうち個々の携帯の番号も要らなくなるのでは?

クラウドコンピューティングってのは手元の端末でシステムやデータを保有せず、
ネット上にある様々なサービスを利用したりデータをネット上に保管する事を言うんだとか。

それならばネットに繋げる能力だけ備えてる端末を持ってれば良い訳で、
これからの時代は「携帯田んぼに落としてデータが消えた!」なんて事も
無くなるのでしょうね。
※それでも壊せばお金がかかるか。汗



今後またまだ、自分の周りでも農とITに関連する動きが増えそうです。

自分自身の勉強も兼ねて、
農業とITについてちょこちょこ触れて行けたらと思います。


各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします。



コメント

  1. 唐澤 | URL | -

    はじめまして[e:257]

    はじめまして。自分も長野県で農家しております。いつも楽しく拝見させてもらってます。自分パソコン使えないのでソロソロ勉強していこうと思います。今後ともよろしくお願いします。

  2. nao | URL | -

    だんだんボタン無くなっていきますよこれからは 

    わたくし、前職ケータイ屋店長でしたので、その辺の事はお任せあれ

    そのくせ、ツイッターをあまりやってない、やり方がビミョーにわからないわたくしではありますが(笑)

    情報収集や販売というような、受け身ではなく、情報発信や営業のように、こちらから仕掛けるような農業していかないと、なんにもしない農家は厳しくなるんじゃないでしょうか?

    国が守ってくれる農業だけじゃ、いつか国に叩かれますね。それにこれからTPP加入するんでしょうから、もっと国が守ってくれるとは限らない。

    日本の米は、もとい日本はいろんな農産物が安全、安心に作られていると、外国に思われているイメージがあると思います。実際農薬基準も厳しいですし。そのイメージを逆手にとり、農産物の海外発信、海外販売も視野に入れていかなければならないと思います。

    それの良い例最近の記事で、商社の丸紅とJA全農が手を組んで、米を海外に販売するというのがありました。まだ始まったばかりで、どの程度うまくいくかはわかりませんが、きっかけにはなるんではないでしょうか?

    さっきの話に戻りますが、こちらから発信するという手法でツイッターは有効だと僕は思います。今加入者はうなぎ登りですし。FaceBookも今かなり良い感じですね。何よりユーザー数がハンパじゃない人数。そのユーザー数ゆえに、企業もFaceBookには参入しています。
    ITっすねー。

  3. maruko | URL | -

    Re: ツイッターとかクラウドとか、農業現場もITが盛んです。

    自分も石井さんのツイッターを受験勉強の合間にのぞかせてもらおうと思います。

    話は変わりますが先日、公立高校の推薦倍率が発表されました。
    農業高校の倍率が1倍を切っていました。去年は切ってなかったのに
    農業をしようとしてる人が減っているのかな?なんて父と話していました。

    石井さんは携帯を田んぼに落としたことがありますか?

  4. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます。

    【唐澤さんへ】
    コメントありがとうございます。

    いつもブログを読んで頂けてるとの事で
    凄く嬉しいです、ありがとうございます(^-^)

    ITの分野ではどんどん新しい言葉やサービスが生まれて
    追いついていくのが大変な世の中だと思います。汗

    私も常に興味だけはもつようにして、
    新しい事に積極的に接する事にしています。

    こちらこそ、今後も宜しくお願いします(^-^)


    【naoさんへ】
    コメントありがとうございます。

    なんと!前職は携帯販売店の店長さんだったのですか!
    最近は携帯の進化がハンパ無い(値段も。汗)ので
    どのタイミングで買い替えようかと悩んでしまいます。
    ※たぶん今の携帯がぶっ壊れる迄使いますが(^^ゞ

    丸紅とJA全農のニュースは凄かったですね。
    もし丸紅を切り口とした輸出が勢いに乗れば、
    商系の米穀業者はかなり厳しくなると思います。

    TPPやその他自由貿易協定を睨み、
    丸紅以外の商社も虎視眈々と米市場への
    参入を考えているって話も聞きます。

    大手の流通参入が本格化して来る中で、
    小さな個人が出来る事を改めて考いていく
    ことになりそうですね。


    【marukoさんへ】
    コメントありがとうございます。

    ツイッタ―はまだまだ片手間なんですが、
    今後少しずつブログ以外のつぶやきも増やして
    行こうと思います(^^ゞ

    農業高校への倍率の変化は、少子化による
    学生の絶対数の減少、その後の進路となる
    大学志向がより一般的になった事、これからの
    農業情勢の不明確さも背景にあるのではと思います。

    田んぼに携帯を落とした事は、勿論ありますよ!!

  5. しげ | URL | aHtFKFOE

    Re: ツイッターとかクラウドとか、農業現場もITが盛んです。

    自分も農業にITを活用しようと思っていますが、今の所、パソコン上で自分専用の防除暦を作ったりする程度です。

    どこかから紙の防除暦をもらってきても農薬代の計算や、実際の農薬の使用量の計算を自動でできる様になっていない所が不満でした。

    防除暦も人それぞれと思います。
    例えば、
    ・徹底防除
    ・だいたい防除
    ・省力防除
    みたいな感じです。

    思ったのですが、ネット上で各自が作った防除暦を共有して意見交換するみたいなことが出来るのではないかと思いました。
    私が欲しい情報は「だいたい防除」や「省力防除」で、多くの人にて好評な防除暦をダウンロードして自分のに採用みたいなことが出来るのではないかと・・・

    こういうのクラウドで誰かやってくれないでしょうか?

    ちなみに自分はパソコン上の個人の領域で農薬代や農薬量を計算するプログラムをコツコツ作ったりはしてます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/891-8e49b511
この記事へのトラックバック