認定農業者になるために。

2011年01月14日 18:39

今日ラジオに、「ノースリーブで除雪作業をしている人」の目撃情報が寄せられていました。 乾布摩擦的な荒行!? 新潟にはまだまだ想像を絶する猛者がいるのだと、なんだか嬉しくなりました。 ◎ブログの応援、何卒宜しくお願いしますー! → ブログランキング現在の順位は?


先日、弥彦村役場へ「農業経営改善計画認定申請書(以降申請書)」と
「家族経営協定書(以降協定書)」を提出して参りました。
P1130126.jpg
この申請書は、今後5年先を見据えた経営規模の拡大、生産方式の合理化、
経営管理の合理化などをまとめたもので、これが自治体の基本構想と照らし合わせて
適切、かつ、計画が達成できると認められると「認定農業者」になる事が出来ます。

認定農業者になると、関係機関(自治体とか)や団体(農協とか)が計画達成の為に
農地利用、資金、税制など多方面から支援してくれるのです。

実は昔、ウチの親父も認定農業者だったのですが、
減反政策に反発して認定を返上してしまい、(減反しないって事は市町村の基本構想
にそぐわないって事なので。汗)以降その恩恵を受けずにきました。

しかしながら、去年農政の転換で減反が義務ではなくなった事、
更に転作田を利用した野菜栽培を一層拡大することでどうやら減反達成できそうな
勢いになってきたので、この機に再申請しようと目論んだ次第であります。


協定書については、休日・給料・役割分担などの就業条件を家族(親父と私)で
取りきめたもので、家族の目線を合わせてよりよい経営を目指しましょうってものです。
この協定書を申請書と合わせて市町村に提出することで、親父と私が同時に
認定農業者になる事が出来ます。(・・・申請が通ればの話ですが。汗)




今回、認定農業者になるべく書類を申請したのは、
今年から家計と農業事業を別々の資金管理下に置く事、そしてネギの作付けを
150aに規模拡大するにあたり野菜部門への運転資金融資が必要になったからです。

認定農業者にならなくても農協などから融資を受ける事はできますが、
年利にして1~2%ほど認定農業者は優遇(利子補給)される為、
是非とも制度を受けたい訳です。



また、そもそもネギの作付け面積を倍以上に拡大する事に関してですが、
野菜部門の成長を目指したいだけではなく、今までウチが未達成だった
「減反制度の達成」することが背景に存在します。

年々米価が下がりつづける中で、市場出荷用の米生産に関しては
多少栽培規模を減らしても、昨今話題の戸別保障政策に参加するほうが
経営的なメリットがあると判断したからです。


さらに、制度的に減反が義務でなくなったとしても、計画書の認定に関わる各委員の方や
減反を続けてきた農家さんの中には非減反農家を快く思われない人もいて、
経営的に減反が達成できるならばやった方が後の為にも良いと思った点もあります。
(減反への考え方は様々ありますが、私が未熟なりにも色々見聞きした中で、
 減反を守ってきた人が非減反農家を快く思わない心情は理解できます。)




とにもかくにも、申請の結果が出るのは今月末。
結果はまたブログで報告したいと思います。


各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)


コメント

  1. ひで | URL | -

    Re: 認定農業者になるために。

    お疲れ様です。
    やはり融資を必要とする場合、認定農業者はなっておいたほうが有利な面が多くて良いですね。僕は親と住んでいるところが違いすぎて、面倒な事をいわれたので家族経営協定はやりませんでした。

  2. りっつ | URL | -

    Re: 認定農業者になるために。

    うちの社長も認定農業者です。
    さらに指導農業士として、集まる会議(と、言う名の飲み会)とかいろいろありますが、社長がそういう場に出てくれるということは横のつながりが深まり、情報交換などもスムーズにいきます。
    そして
    私はついに青年農業士になれました!!!
    これは石井さんなら簡単になれることなんですが、非農家の女性は県内初だと思われます!!
    就農してからずっとなりたいと言っていたんですが、私は立場上農業法人の社員であって、農家ではないということで前例がなく受け入れてもらえなかったんです・・・
    役員になったことと、今年から制度が変わったことで
    やっと!
    やっとこの1月になれましたよ~~~~☆

  3. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます。

    【ひでさんへ】
    コメントありがとうございます。

    今後を考えると、まだまだ必要な設備投資もでそうなので
    資金的な余裕が必要だとおもって融資を考えました。

    やはり自治体絡みの事案になってくると
    住所の問題が出てきますよね(^_^;)

    今後は市町村をまたぐ農地の拡大とかも
    どんどん起きてくると思うので、もっと
    制度を柔軟に使える様になると良いのですが・・・。



    【りっつさんへ】
    コメントありがとうございます。

    社長のオープンな雰囲気や人を育てる考え方は
    まさに指導農業士の姿だと思いました(^-^)

    そしてりっつさんは青年農業士ですか!
    しかも非農家の女性という県内初の事例!
    やっぱりりっつさんは本当に凄いです。

    あと、この前特集されていた日報の記事も拝見しました。
    今後も新潟を引っ張る若手農業者として活躍される
    りっつさんの姿に学びながら、私も頑張りたいと思います(^-^)!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/884-7ce162fd
この記事へのトラックバック