各作物の関税と輸入状況。

2010年11月30日 19:07

久しぶりの長文です。ダラダラとスイマセン。汗   ・・・あっ! 気が付けばもう明日から師走じゃないですか!  ◎ブログの応援、何卒宜しくお願いしますー! → ブログランキング現在の順位は?


国際情勢が慌ただしい昨今ですが、
農業界ではTPPに関する報道が続いています。

しかしながら、そもそも当事者である農家が、
報道に翻弄され過ぎている所もあるのではないかと思う時があります。
まず、自分の経営・作物を取り囲む環境を把握せねばと。

例えば、米・野菜・果樹などを栽培している農家さんの中にも、
自分の育てている作物に現在幾らの関税が掛かっているのか?
自分の育てている作物は現在どれ位の量が、どの国から輸入されているのか?
ちゃんと把握できていない農家さんもいるのではと思います。

・・・まぁ、私のことですが! 調子のってスイマセン!


そこで少し調べてみました所、「インターネット時代バンザイ」ってな具合に
最低限の情報はネットで検索できました。


財務省関税局のサイトにて現在の各作物の関税率が分かります。・・・こちら。

主だった野菜は大体基本関税が5~10%くらい(ネギも関税は5パー)。
芋類などは20%前後の関税が多いです。 

コメの関税については、野菜の様にパーセントではなく
もみ・玄米・白米・砕米に関わらず1キロあたり402円がかかります。

コメの場合よく700%以上の関税がかかっているとか報道されますが、
それはコメの国際価格をもとに関税率を逆算した数字でして
実際の関税は1キロ当たりの従量制なんだそうです。


ってことは、関税が%で決まる野菜は輸入する各国の野菜の価格によって国ごとに税額が
変ってくる訳ですから、モノが安い国は関税も安くなります。
つまり、関税額的には物価の安い国が有利。

がしかし、関税がキロ当たりで固定されているコメに関しては、
価格が高い国も安い国も、等しく輸入の際にキロ402円の関税が掛かる事になります。
って事は、物価の高い国には関税額的に有利ってことじゃない?
そもそも何故コメは従量制なんだろう?誰がどんな理由で決めたんだろ?

うーむ、私の勉強不足もありまして、関税の世界は知らない事が沢山です。





さて、次は各作物の輸入状況の把握です。
あれこれやるとキリが無いのでネギを例に調べました。

調べ方は先ほどと同じように財務省関税局のサイトで行います。
各作物の品目コードを打ちこんであーだこーだします。


そこで表示される輸出国ごとのネギの量・価格など、数字を表にまとめてみました。
※価格や流通量の比較対象として、青果取扱量日本一の大田市場のネギデータを
 日本代表として欄にまとめてあります。(日本の平均価格欄は大田市場の1㌔価格です)


2009年のネギ輸入状況。
negi2009.jpg

2010年のネギ輸入状況。
negi 2010
ネギは中国だけでなく、韓国・ベトナムからも入ってるんですね。

どの国から、いくらで、どの時期に、どれだけ輸入されてるかって知るだけでも、
今後の経営を考える上で参考になります。


ちなみに、今年は野菜不足の影響から中国産が盛り返してますが、
ここ数年は中国産野菜の日本への輸入は減り続けています。

その理由は、中国自身の消費の増大と、中国にとって日本よりも
欧州が魅力的な市場になった事が背景にあると言われています。

それらの情勢や現在の課税を考えると、青果物(中でも関税率の低いもの)は
比較的他国との貿易自由化による影響が少ないと思われます。


米に関しては、やはり大幅な価格下落は避けられないでしょう。
今一番気になるのは、TPP締結した後の水田経営はどうなるかと言う事。

悲観的な声が多い中、私自身はTPPに反対しつつも、長い目で見れば
日本の農業が変わる転機にもなるのではないかと期待してる面があります。

国際米価が上がり続ける中で、世界は穀物の増産に全力を上げています。
減反政策なんてやってるのは日本だけです。

国内米価を維持する為の政策も確かに大事だけど、世界の米が入り乱れる時代を
生き残る為に、今こそ日本の稲作を見直す時でもあるのではないかと。

今後数年は稲作農家にとってかなり厳しい過渡期になると思うけど、
その後は必ず日本の水田経営の新しいモデルが出来上がると思います。
近い将来、減反政策も無くなるんじゃねーかって私は思っています。

「今後の米農家はどうなるんだろう?」ってお話については、
農業ペーペーの若造なりに思う所を、また後日書きたいと思います。



ちなみに、農業経営者という雑誌の来月号にてTPPの特集をやります。 
この雑誌は毎月読んでいるのですが、来月の特集は今から凄く楽しみです。
皆さまも、書店で見かけましたら是非手にとって見て下さいませ~。

各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)


コメント

  1. nao | URL | -

    Re: 各作物の関税と輸入状況。

    いつもためになる情報、さすがです。
    こういった情報、公開されていても、いざ調べようとしても調べない方がほとんどです。
    結局、今の農業経営、規模で満足していると、こういったこと(TPP)に負けてしまいますので、言い方は悪いですが、どうやって稼いでいこうか?どうやって儲けていこうか?ってのを考えない農家は衰退していきますね。今後は。
    農家は決して慈善事業ではない。ちゃんと稼いで、経営していかなければならないのだから。

  2. ナイス!山田 | URL | NwMjuX7E

    共感

    こんにちは。いつもブログを拝見しています。
    今回のTPPに関連する石井さんの記事に凄く共感してしまい勢い余ってコメントを書きました。
    私は九州の熊本で農家をやっている者で、以前から考え方が自分に近い人だなぁと思っていたのですが石井さんと経営作物が被っているのでことさらブログの内容や考え方に感情移入しやすいです。

    畑や特に、水田の資産価値は今後何年かに渡って下がるでしょうかね?自分の土地を持っていない人達はよしとしても、持ってる人達は資産価値が下落するでしょうからね、かわいそ。
    どっちに転んでもこれからの農業情勢は楽しみです。
    ピンチの中にチャンスあり、お互い頑張りましょう!西国から応援しています。

  3. A-GYO | URL | -

    Re: 各作物の関税と輸入状況。

    正直、TPP締結しても野菜農家にはあんまり影響無いのは事実なんですよね。
    でもコメは相当影響あるでしょう。

    コメ作って無いうちがいうのもあれだけど、TPP交渉進めるなら、水田の貸しはがしの原因になっている「戸別所得補償制度」は廃止するべき。で、元の制度に戻すか、もしくは輸出を促進させるような農政をするべき。

    大規模化してかないと、コメはキツイと思います。
    それか、相当の付加価値で勝負するしかない。

    TPP締結されれば、産業の足を引っ張ってる生ぬるい農業経営者(もしくは兼業農家)は淘汰されるので、国も余計な補助金出さなくてよくなるから、国としてはいいんだろうけどね。

    国にはTPPを見据えた農政の転換をしてほしい。石井さんはどう思います?

  4. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます。

    【naoさんへ】
    コメントありがとうございます。

    私も新聞や本などの媒体を通してでなく、
    ある意味直接調べたのは初めてでした。

    調べものをすることで、幾つかの疑問は消えましたが、同時に新しい疑問が出てくるのでキリが無くなりました(^^ゞ

    >農家は決して慈善事業ではない。ちゃんと稼いで、経営していかなければならないのだから。

    私もその通りだと思います。
    農業の社会意義だけでなく、産業として
    関わる者自身が頑張る事が大事だと思います。

    法律や流通を考える人に任せるだけでなく、
    生産する自分も等しく考えなければと思います。


    【ナイス山田さんへ】
    コメントありがとうございます。

    九州の農家さんでしたか。
    ブログも読んで頂けてるとの事で、ありがとうございます!

    農地の資産価値は、市街地・中山間地・平野部など環境によっても変わると思いますが、基本的には土地利用型と言われる作物で安定した再生産が出来る環境が整わない限り下がり続けると思います。
    ※それか宅地転用が許可されるか。汗

    また、下落によって農地の流動化が進む事になればそれもまた農業の活性化に繋がるとおもいます。

    農地を貸して地代を貰うどころか、無償でいいから管理してくれと頼む地主も増えていると聞きます。

    今後農政が規模加算を導入・推進すれば更に
    農地をめぐる情勢も変わると思います。

    ナイス山田さんの云うとおり、どの方向に進んでも今後の動向が楽しみです。
    どうなっても動じない農家になれるよう、日々頑張りたいと思います!


    【A-GYOさんへ】
    コメントありがとうございます。

    私も大規模化と輸出は一層推進すべきと思います。
    あわせて、今後の稲作には高付加価値米の生産だけでなく、低価格米の生産基盤を育てる為に多収米品種を本格的に導入する事も推進すべきと思います。

    米価の維持(減反)だけでなく、どうすればもっと外国と戦える生産が出来るか考える事も必要だと思います。

    政治による支援もやはり必要だと思いますが、
    それによって日本の稲作経営体の淘汰・統合が進み、国際米価が上がり続けるようであればきっと、農地は狭くとも高い生産性を持つ日本の水田稲作は世界と競えるようになると思います。


    >国にはTPPを見据えた農政の転換
    今までは、急激な生産現場の変化を避けるために
    様々な政策で保護しながらゆるやかな変化で改革を進めようとしていた様に思います。

    が、国もTPPを前に、面積加算の導入など生産現場の改革スピードを上げてきたように思います。

    農政は守りから、攻めに。
    そして農家は、その流れに柔軟に対応し、振り落とされない努力が必要になると思います。



コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/851-371fa04c
この記事へのトラックバック