の、信長どのーー!!!

2009年01月17日 23:59

いやー、昨日は家康ハウスが大変でござった。
しかし、今日はそんな連日の大雪が嘘のように穏やかな天気じゃ。

ああ、これは信長どの。
今日も凛とされた御姿、ご機嫌麗しゅう。

※はいそこ、ボロハウスとか言わないよーに。

P1170002.jpg


・・・・・やや?


ややや!?


近づいてよく見ると・・・・。

P1170001.jpg

やぶれとるやないかーーーい!
小さな穴も含めると1つや2つではない・・・!


さては明智!?
明智光秀の仕業かーーーーーー!!!!




なんて馬鹿やってないで、補修作業に入ります。
※作業の記事の続きは下記参照

各ブログランキングに参加してます!
banner2.gif  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング

↑ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます。
 ブログの励みになります!なにとぞ、清き一票を下さいませ・・・!

ランキング現在の順位は・・・!
・FC2ブログランキングでは「甲信越」部門2位
・ブログ村では「ライフスタイル→20代自分らしさ」部門3位
・大御所サイト人気ブログランキングでは「甲信越」部門16位
皆様のおかげで今日もブログ頑張ってます、ありがとうございます!

いやはや、善は急げです。

ビニールハウスは小さな穴から風が入りこみ、
下手するとキズが一気に広がることもあるので初期補修が肝心です。


しかし信長ハウスはビニールの老朽化があったとしても、
何故こんなにやぶれたのか?

察するところ、原因はハウスの屋根にありました。

P1170003.jpg

鉄骨で組んである信長ハウスは家康ハウスと作りが違い、
屋根部分が別素材になっていて、しかもちょっと出っ張っている。

ここにツララや氷の塊が出来て、雪が屋根を滑り落ちる際に
ハウス側面部分のビニールを傷つけるのだろう。

仮説ではあるけど、原因が分かれば対応もおのずと浮かんでくる。


まずは破けた穴をテープで塞いで、
その上から更に厚手の頑丈なビニールで雪が最もぶつかるであろう側面上側を皮膜。
穴があく個所はこの辺りが大半。


P1170004.jpg


ちなみに、このビニールハウス補修に使うテープなんですが、
皆さんが知ってるテープとはちょっとモノが違う。

P1170006.jpg


広範囲を一気にカバー出来る、安心サイズの横幅。
すっぽん級のしつこさ、圧倒的な粘着力。

そして何より、高価格。
※これ一つ、ホームセンターで868円だった。
 たけーっつーの。




まぁしかし。

矢玉をケチって戦に負けては元も子もない訳で、
しっかり・べっちりとテープで固定してやりました。


明日からは新潟も気温が高い日が続くから、
小松菜の成長に期待です。


来週はいよいよネギの種蒔きもやる。
しゃ!頑張ろう!



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/85-017604f3
    この記事へのトラックバック