稲刈りは刈った後が大変なんですよ。

2010年09月23日 06:09

あれ?この記事去年も読んだような?・・・って思ったそこのあなた!・・・・デジャブって事で勘弁して下さい。   何卒、宜しくお願いしますー! → ブログランキング現在の順位は?


大雨が今だに降り止まない新潟です。
僅かな晴れ間を見つけては・・・・


稲を刈って、
P9140134.jpg



刈って、
P9140125-1.jpg


刈りまくってる訳ですが。
P9140129.jpg
勿論それで終わりではないのですよ!
今日は稲刈~お米が出荷されていくまでの様子をお届けしたいと思います。



まず、刈り取った稲はコンバインの内部に蓄えられます。
で、コンバインのタンクに貯めきれなくなると、この様にバズーカみたいなパイプから、
P9140121.jpg


一気にトラックのコンテナに吐き出されます。
ドシャアアアアアアーーーーーー!! って。
P9140123.jpg


この作業を何回か続けてトラックのコンテナも満杯になると、
トラックは作業場へ向かいます。
P9140110.jpg


作業場に到着すると、コンテナにホースを装着し、
P9140112.jpg


収穫したモミを乾燥機に移していきます。
P9140113.jpg
※このホースは中に螺旋状のパーツが入っており、
 まるで水道ホースの様にパワフルにモミを運びます。


お米をたっぷり貯め込んだ乾燥機は、
始めはゆっくりと風を送り、その後徐々に温度を上げながら
お米の水分を調節していきます。
P9140114.jpg
乾燥機に掛けてお米の水分量を調節するのは、
お米を美味しい状態で保存する為に必要な作業なんです。


ちなみに乾燥機が動きはじめると、
ボイラーから送り込まれた風がモミの間をすり抜け、
モミのカケラやまとわりついたホコリ達と一緒に外に吹き出します。
P9150146.jpg
乾燥機の出口付近は爆風と言っても過言ではありません。


吹き上がる白煙(チリやらホコリやら)は、一年ぶりって事もありまして圧巻です。


知らない人が見たら、まるで石井農園炎上です。
P9150149.jpg


さて。

乾燥機により適切な水分になったお米は、
作業場内に張り巡らされたあちこちのパイプを通り抜けて・・・・
P9150155.jpg


籾摺り機に注がれていきます。
P9150158.jpg
この機械はゴウンゴウンと音を立てながらロールでモミ(稲穂)を擦り合わせ、
籾をモミガラ(表皮)と玄米に分けてくれます。



分別されたモミガラはパイプを通って別室に貯められ、
P9150162.jpg
※後に田畑の土壌改良資材として実りを支える礎になって頂きます。


玄米は更にライスグレイダーって機械によって、
良いお米と未熟な米に分けられます。
P9150168.jpg


そして、1袋30キロ(厳密には30.5キロ)ずつ詰め込んで、
パレットに積んでいきます。 
P9150165.jpg
1シーズンで1000袋以上運びます。 この作業がシンドイ。汗


そしてパレットに積み上がったお米をフォークリフトで保管所に移し、
P9150167.jpg

米泥棒に狙われない様にガッチリガードして、
P9200034.jpg


後でお米屋さん(農家によってはJA)がトラックで受取にきて、
P9220005.jpg
※収穫期は米屋も忙しく、集荷が夜になる事もしばしば。



世に流通していきます。
P9080170.jpg
美味しく食べられてねー!

ダイブ長くなりましたが、稲刈~出荷までは大体こんな流れです。
作業スケジュールは天候にも左右されますが、稲刈りのピーク時は昼に稲刈、夜に精米って
農家さんも多く、かなりハードです。 そら親父の腰も爆発するわって話です。


今日のブログもかなりハード(無駄に長い)だったと思いますが、
ここまで読んだあなたはきっとお米好き!!


いや、ほんと、読んでくれてありがとうございました。照


【お知らせ】
石井農園のホームページにて新米予約を行っております。
9月末までにご予約頂くと送料無料。是非この機会にお試しをー!



各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)


コメント

  1. 風の谷のスナフキン | URL | -

    Re: 稲刈りは刈った後が大変なんですよ。

    はじめまして、
    長野で今年の春から脱サラ&新規就農した40代オヤジです。
    ブドウ栽培と野菜作りの修業中です。
    私の周りも米どころで稲刈りの真っ最中です。
    稲刈りから製品化までとてもよくわかりました。
    こんなにたくさんの工程があったのですね。
    これからも感謝してお米を美味しくいただきます。

  2. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます!

    【風の谷のスナフキンさんへ】
    コメントありがとうございます!

    長野も稲刈り真っ最中ですかー。
    きっと長野の米農家さんも今頃籾すりに
    追われている頃でしょうか。

    稲作は田植えや稲刈りに注目される事が
    多いのですが、その前後にも色んな作業工程が
    あります。

    今後も色んな作業を農家の目線で
    発信していければと思います。(^-^)

  3. 滋賀の兼業農家 | URL | -

    Re: 稲刈りは刈った後が大変なんですよ。

    はじめまして、いつも楽しく拝見しております。
    毎年この時期腰痛に悩まされていましたが、回転台の付いた米袋りフターを数年前に購入。予想以上の活躍で大変重宝しております。

    腰が爆発する前に…。

  4. riko | URL | -

    Re:稲刈りは刈った後が大変なんですよ。

    はじめまして!川崎市で小学校の教員をしています。
    米作りについての授業の教材研究にこちらのブログを参考にさせて頂いてもよろしいでしょうか。
    どうぞ宜しくお願い致します。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/786-f5d087a7
この記事へのトラックバック