ねぎ独自ブランド・独自出荷を模索する。

2010年09月13日 22:01

今週水曜日の10:14から、FM新潟の「Gottcha!!」でちょこっと紹介して頂きます。多分、米とかネギの話とか。お時間ある方、水曜日はFM新潟を聞いて下さいませ~。   ◎ブログの応援、何卒宜しくお願いしますー! → ブログランキング現在の順位は?


滝の様な大雨をハウスの中で凌ぎながら、
せっせとネギの出荷作業を進めております。
P9090175.jpg
今年はネギの太りが悪くて予想収量を下回りまくりですが、
なんとか少しずつ数も乗ってきました。


さて。ここから少し長い話になりますが、
ネギについて最近目論んでいる計画についてお話を。


私は現在、栽培したネギの大部分を農協さんを通して市場に出荷しています。
その際、農協さんが定めた規格・ル―ルに沿ってネギを出荷しています。
P9090177.jpg
根っこと葉っぱを落として決まった長さに整え、ネギを太さごとに分けます。
その後、中心等級であるLサイズなどは、この様に3本1束にまとめてテープでとめます。


テープには「やわ肌ねぎ」の文字。
P9120015.jpg
これはよく「品種?」って聞かれる事がありますが、
ネギの品種名ではなく農協・経済連の商標です。

つまり、農協が農家に代わって地域のネギをブランディングしてくれている訳です。
それにより市場で農協ブランドとして一定の信頼と評価をして貰う事が出来ます。

農協を利用すると一定の出荷手数料が掛かりますが、
それ以上のメリットもしっかりある訳です。



その一方で。


主流となっているこの農協規格と差別化するネギも作ることで、
今の出荷のあり方でカバーしきれていない顧客・ニーズに対して
付加価値を提供出来るのではないかと考えました。

具体的に云いますと、ネギを個包装して独自ブランドで市場に売り出します。
P9060125.jpg
写真は幾つか形でネギを包装してみた図。

※一番手前の「越乃葱」袋は久保農園さんの小葱用出荷袋。
 市場担当者へイメージを伝える為のサンプルとしてお借りしました。
 これがまたサイズ・ロゴのバランス的に長ネギにもばっちり。
 

当然、テープで結束されただけのネギに比べてフィルムで包まれることで
鮮度保持力は上がります。さらに、切り口から鮮度の劣化が始まる為、
ネギの根っこと葉っぱもあえて切らずに残します。
P9060126.jpg

P9060127.jpg
マイナスの部分では、農家側は包装の手間も資材のコストも増えるし、
消費者の中にも葉っぱがゴミになるとか、過包装だと嫌がる人もいるかもしれない。


でも、「3本束じゃ多い」って消費者や、
「キレイに包装されてる方がいい」って人がちょこっとでもいて
少し単価が高くてもこちらを選んでくれるかもしれない。
ちょっと高単価のラインナップで商品を扱う百貨店や食品店の
バイヤーが市場で興味をもってくれるかも知れない。


要は増えるコスト以上の価値を買い手が感じてくれるかどうか。




現在、既に独自ブランドで市場に農産物を供給している久保農園さん
市場の担当さん、包装資材のメーカーさん達に相談~助言を頂きながら
10月以降の商品供給を目指して調整中です。

※独自の印字フィルムを作ると版代・最小ロットの関係で
 べらぼうにコストが掛かるので、手間は掛かりますが、まずは商品シールを
 フィルムに張る形でスタートします。


しばらくやってみて、ダメならそれもよし。
実際にやってみてどんな評価が返ってくるか知る事に興味があります。


あくまで今は農協出荷を主流にしながらも、
大きな組織・ルールの中では出来ない取り組みは、
個人の領域で色々挑戦してみたいと思います。



【お知らせ】
石井農園のホームページにて新米予約を行っております。
9月末までにご予約頂くと送料無料。是非この機会にお試しをー!



各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)


コメント

  1. おおたこ | URL | -

    Re: ねぎ独自ブランド・独自出荷を模索する。

    次から次へと...恐れ入ります。
    商品シールは当然「萌えキャラ」ですよね!

    市場出荷で気になるのが市場とバイヤーの関係。
    こちらの意図した商品を買っていただけるバイヤーが市場に来ないといけない訳で...
    そうなると、市場自体がバイヤーにとって魅力のある商品構成・取扱量がなければならないような...
    家から近いと言う理由だけで近場の市場に出荷してはいけないような...
    その辺りの調査は石井さんなら抜かりは無いですよね!

    うちの最寄の市場は「大量に出荷すると買い叩かれる」と言われています。たしかに普段はパッとしない値が付いていましたが、お盆前日に出荷したネギは1本100円になりフィーバー状態でした。
    その高値がお盆だけによるものなのか?たまたま良い値段で買うバイヤーが市場に来ていたのか、夏ネギの出荷はお盆とともに終了してしまったので...
    でも、同じ日に出荷した人と値段を比べると1箱1000円くらい高値でした。

  2. ナナシ | URL | -

    Re: ねぎ独自ブランド・独自出荷を模索する。

    直売所のHP、お米の商品ページに進めません。。
    自分だけでしょうか…

  3. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます!

    【おおたこさんへ】
    コメントありがとうございます!

    商品シールは・・・本格派で行きます!
    萌え路線はやめときます^_^;

    >市場出荷で気になるのが市場とバイヤーの関係。
    その通りだと思います。

    今回、私が出荷するのは最寄りの市場ですが、
    そこは新潟中央卸売市場の支社に当たり、中央と
    バイヤー・商品の流通があります。

    自分で中央市場に持ち込むにはコスト・時間的に
    ハードルが高い為、支社(市場)間で商品・情報を
    共有して貰い、商品嗜好に合ったバイヤーさんへ
    商品を紹介して貰えるように頼み中です。

    今後ネギのシールが完成し、
    出荷が始まる頃にまた進展を報告しますね(^-^)


    >お盆前日に出荷したネギは1本100円
    凄いですね!
    今でさえネギが高騰していると言いますが、桁違いの
    フィーバーぶり・・・!羨ましい!汗

    他の人と箱1000円も差が付くと言う事は、
    やはりおおたこさんのネギが市場で高い評価を受けている
    と言う事ですよね。凄いです。 ・・・私も頑張らないと!


    【ナナシさんへ】
    コメントありがとうございます!

    今確認しました所、リンクからは無事
    サイトを開く事が出来ました。

    もし、再度挑戦してもリンク出来なかった場合、
    お手数ですがグーグル・ヤフーなどで直接
    「弥彦 石井農園」等と検索下さい。

    何卒、宜しくお願い致します!


  4. torikai-farm | URL | -

    Re: ねぎ独自ブランド・独自出荷を模索する。

    自分でブランドを作るって大変ですがとても面白みがありますね。
    しかも直売でなく市場とはっ!すごいです!!

    私も石井さんようにもっと挑戦していきたいです!!

  5. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます!

    【torikai-farmさんへ】
    コメントありがとうございます!

    資材の準備をしたり自分で規格を作ったりと
    手間は掛かりますが、自分の作ったブランド(商品)が
    お店に並ぶ事を考えるとワクワクします。

    共選のルートを使うメリットと、
    独自のブランドの可能性を適度に組み合わせながら
    良いバランスの販売が出来ればと思います。

    まだまだ手探りですが、がんばります!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/782-a8bceef8
この記事へのトラックバック