用水路について。若造の戯言です。

2010年08月29日 20:18

水をめぐる争いは、世界規模でも、田舎のご近所の規模でも起こるもんです。  何卒、宜しくお願いしますー! → ブログランキング現在の順位は?


携帯で天気予報をマメに確認する癖は今もしっかりついてますが、
天気はいつも晴れ晴れ晴れ・・・・。 もはやコピペ状態。
P8290048.jpg
今日も太陽はパワー全開・・・汗が噴き出す・・・
もうやめてー! 読んでていっそう暑くなるでしょー!


この高温に合わせて雨が全然ふらいせいで、
新潟県でも用水路が整備されていない中山間地の田んぼでは
水不足で稲が枯れる被害も出始めているんだとか。

平野部に位置する弥彦村では今のところ用水路の水位が維持されており、
水不足の被害には会わずに済んでいます。信濃川に感謝・・・!
P8290052.jpg
信濃川からドンぶらこっこと流れてきた水は基幹的な用水路から
細い土溝の用水路に分流し、各田んぼへ注がれていきます。
P8290049.jpg
この土溝の用水路ってのがまた厄介でして。汗



今の時期、「まだ水が欲しい!」って農家と「もう水はいらん!」って農家に分かれます。

その背景には米の品種差による作業タイミングのズレとか色々あるのですが、
ざっくりいえば「品質重視」の農家と「作業重視」の農家の違いかと思います。


早く水を切ると米の登熟(穀物が熟す事)がイマイチ進まず、
未熟米になったりしてお米の品質を落とし易くなります。

一方、作業的な面から見ると早く田んぼの水を切って地面を固く乾かす事で
稲刈時にコンバインがスムーズに走行出来て作業がはかどります。


このどっちを優先するかの農家のスタンスの違いで、
毎年水門を開けたり閉めたりの用水路合戦が行われる訳です。


「そもそも、用水路の水はたっぷり流して、
 水が欲しい農家だけ田んぼの取水口を開ければいんじゃないの?」

って思うでしょ?


それがね、「土溝」だと取水口を閉めても
ガンガン田んぼに水が染み込んでくる訳ですよ。

作業性を重視する農家さんにとっては、染み込んでくる水も困りもの。
だから早めに水を切って、用水路ごと乾かしたがるわけです。


ちなみにウチは、「出来るだけしっかり水を与える派」。
直売をやってる農家にとって、品質の低下は収量や等級を落とすだけじゃ
済まないのです。 顧客の評判まで落とす訳にはいきませぬ。

なもんで、締まってる水門は速攻開けます。

そもそも今年の異常高温で品質低下は大問題になってます。
柏崎で既に収穫された越路早生なんかは1等米比率が去年の100%から
今年は22%まで低下しました。

だから水の重要さは皆感じてて、JAや普及所からも
水を維持するように指導が出てるんだけど、やっぱり閉めたがる人は
隙あらば水門を閉めてくるわけです。汗


もっと地域の農家で話し合って水管理の意識共有をすべきだと思うのですが、
水路をめぐっては水面下で牽制し合っていたちごっこになってます。汗

農家それぞれの事情(コンバインの性能とか)や出荷・販売の考え方、
稲作における時間とコストの使い方(兼業と専業)などの違いもあるだろうから
一概に決められない難しい問題って事も分かりますが・・・うーむ。汗


こ―ゆー時、地域の今までのやり方を変えて行きたいって思います。

若造の戯言で終わらせないように、しっかり周りの農家さんに認められる
一人前の農家に早くならねば。



【お知らせ】
石井農園のホームページにて新米予約を行っております。
9月末までにご予約頂くと送料無料。是非この機会にお試しをー!



各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)


コメント

  1. Re: 用水路について。若造の戯言です。

    はじめてコメントさせて頂きます。
    就農2年目埼玉でイチゴ農家やってます。
    A-GYOさん経由で以前からブログ拝見させて頂いています。

    地域の今までのやり方を変えていきたい気持ちわかります。
    私の場合、出荷組合の土づくりの考え方なんですけどね。
    地域の事情など色々あるかと思いますが頑張りましょう。

    私も周りに認められるような一人前の農家にと思っております。

  2. あじ | URL | -

    Re: 用水路について。若造の戯言です。

    本当にお勉強になりますねー!
    田んぼって、奥が深い、、、
    子供に話します!!
    収穫まであと一息でしょうか。
    暑さに負けず、御自愛下さい。

  3. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます!

    【イチゴ屋BBさんへ】
    コメントありがとうございます!

    おお!A-GYOさんと同じ埼玉の農家さんですか!
    ブログ見て頂きありがとうございます(^-^)

    私もまだまだ半人前ですが、
    それゆえに今までの当り前を客観的に
    見れる事もあるかと思います。

    早く一人前になれるよう、今後も頑張ります(^-^)


    【あじさんへ】
    コメントありがとうございます!

    この時期、水を止めるタイミングが重要です。
    また、農道や水路など、沢山の農家で共有して使っているので、
    皆で協力する事が凄く大事です。

    個々が独立した経営でありながらも、
    同じ地域で生きる共同体なんです。

    いよいよ稲刈が目前に迫ってきました。
    まだまだ暑い日が続きますが、気合いで乗り切りたいと思います(^-^)!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/779-b2c875c7
この記事へのトラックバック