山積みの「米問題」、実りの秋はどうなるのか?

2010年08月03日 22:12

8月中旬よりネギ出荷開始~9月より稲刈開始~と、これから本格的な農繁期突入です。作業負担軽減の為、HPでのお試し米プランを一旦中止致します。ご了承くださいませ。 そしていよいよ!お盆頃から「2010年新米予約」を開始します。 今年も新米予約の方にはお得なサービスをご用意致します!   何卒、応援をー! → ブログランキング現在の順位は?


8月に入り、所々の田んぼで稲穂が出そろってきました。
P7310095.jpg
先に穂が出てくるのは酒米やコシイブキなどの早生米。
コシヒカリはこれから本格的に稲穂を出し始めます。


春には恐るべき寒波で稲の生育が遅れ、「今年は冷夏になるかもよ!」ってニュースで
ガクガクブルブル震えておったのですが、フタを空けてみたら連日良い天気で超暑い夏。

そして稲は生育の遅れを取り戻すドコロか、例年以上の生育を見せてくれまして
今年はかなり早く稲刈りが始まるのでは?って勢いです。
P7310096-1.jpg
冷夏にならずに良かった! 大不作にならずに本当に良かった!


でも、世間では米の生育を喜ぶニュースはあんまり流れてこない。
逆に、新聞では連日お米に関するネガティブニュースが紙面に躍っています。




「09年産米6月の相対価格、過去最低水準に・・・」
 全銘柄平均価格として、60キロ玄米で1万4120円。
 去年の9月から1000円も下がりました。
 

「米需要2010~11年度見通し、過去最低水準に・・・」
 2000~01年は約910万トンあった需要が、2010~11年度は
 805万トンまで減少する見込みらしいです。予想以上の減少スピード。


「民間・政府あわせた米在庫量が315万トンに・・・」
 去年の同月は212万トン。前年比で在庫が100万トン以上も増えました。
 過剰な在庫は、新米の価格を圧迫します。



さらに、米価の下落対策として戸別保障が導入された訳ですが、
その補償額を当て込んだ大手集荷業者などによる「値引き圧力」も強まっているとか。
※「農家はこれ位補助出るんだから、これ位値下げしてもいいべ?」的な。
 もはや本末転倒。



とか他にもネガティブニュース色々。
まことおそろしきかな。



今年の新米は1000~2000円程、
買い取り価格が下がるんではないかって噂もチラホラ聞こえます。



稲作専業農家で食っていくには、少なくとも12haの農地が必要と聞いた事があります。
その規模で米1000俵獲れるとして(1俵は60キロ)、もし1俵単価が1000円下がれば
農家の年収は単純に100万円下がる計算です。 



ウチはなるべく米は直売で・・・と言いつつも、
全て直売米で作ってる訳じゃないし、コシヒカリ以外も作ってる訳で、
市場価格の影響は少なからず経営に打撃を与えます。

減反してないので、戸別保障も貰えません。



一方、世界に目を向けると
ロシア~東欧なんかは記録的な干ばつで小麦がすげー不作らしいです。
カナダやオーストラリアとかの主要輸出国も減産見通し。

なもんで投機筋が動いて、国際小麦価格が急騰してます。
(一応在庫は潤沢なので、足りなくなる事はないでしょうが)




一瞬でも、
「米も不作になって値段が上がれば良かったのに」って考えた、
ブラックな自分がいる事にショック。

ってか、不作になってウチの米も足りなくなったらどうするよ。
いつもウチの米を食べてくれてるお客さんに顔向け出来ないだろうがよ。



世の流れに一喜一憂しない、芯の強い経営が出来る農家にならないといけない。



各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)


コメント

  1. sikamo | URL | vbu/5PMA

    なるほど!です

    こんばんわぁ。
    こちらの記事、すごく勉強になりました!
    今まで、「ふーん」ってただ流してたんですが。

    フランスでは一次産業を守る=国を守るという考えから、たくさん国から農家などに補助が出るそうです。
    そのかわり、農家は様々な情報の開示義務があったり、衛星から経営状態がチェックされたりするらしいんですが。

    付け焼き刃的な税金の使い方をするなら、本来の暮らしの基盤である一次産業にもっと税金を使ってくれればいいのになと私は思います。

    元気に毎日が送れるのも、身体を作る野菜やお肉やお魚がいただけるからこそ!ですもの。

    暑い毎日が続きますが、お身体には気をつけてくださいね。
    長々と失礼いたしました☆

  2. nao | URL | -

    Re: 山積みの「米問題」、実りの秋はどうなるのか?

    その記事、読みました。なして戸別補償が始まったからと言って、米価を下げるのか、意味がよくわかりません。もともと下がり続けている米価をこれ以上さげたら、それこそ米農家に飢え死にしろ!って言っているようなモンですよ!

    米農家なのに、米をなるべく多く売って、自分ん家で食う分が無い!なんてことになりかねません。

    やっぱ、「官」に納めるんではなくて「民」に売っていかないとこれからの農家は生きていけなさそうだなぁ...

  3. maruko | URL | -

    Re: 山積みの「米問題」、実りの秋はどうなるのか?

    久しぶりで~す。
    家は兼業で何とかやっているところです。今のところは赤字ではなく黒字ですが・・・
    これ以上米価が下がると俺の家も含め米農家や兼業農家の方はだいぶ困りますよね(>_<)
    俺の家はこれ以上米価が下がったらどうなるんだと言う心配ばかりしています。
    やっぱ野菜などを作らなければならないのか・・・

    今年は枝豆や茶豆の成長が遅かったらしく今になって収穫の時期がかぶってしまって収穫に追われてるみたいですよ!!
    なので
    今は黒埼茶豆の真っ只中ですが豆の値段も安くなるだろ~と親戚ののおじさんに言われました。周りの人もみんなそう言ってます。
    今年の天候は農家にとっては不利なのではと思うときがあります。

    でもお互い頑張りましょう!!

  4. A-GYO | URL | -

    Re: 山積みの「米問題」、実りの秋はどうなるのか?

    ども、農家の戸別所得制度は無縁の野菜農家です。
    減反どころか米が作れない土地なんで、野菜ばっかつくってるわけで(笑)まあ、野菜には所得補償なんぞいらないですけどね♪

    個人的な意見ですが、補償する対象は、農業収入だけで生活している専業農家のみにすればいいのに。

    農業収入が5割以下の兼業農家には所得補償は必要ない気がするんですが・・・

    あと、米に手厚い補償をやめて、小麦とか大豆とかに保証付ければいいのにとか思ってたり。そうすれば需要と供給のバランスが幾分か改善されて、小麦や大豆の作付面積も増えるのかなと。

    まあ、米作ってない農家の戯言なんですがね(笑)

  5. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます!

    【sikamoさんへ】
    コメントありがとうございます!

    フランスなどの農業国にくらべると
    日本の農家への戸別補助は非常に少ないと
    言われます。

    フランスや北欧の農家によっては
    所得の半分程度が確か補助金だった様な。

    日本も、なんやかんやで使われている農業予算は莫大なのに、
    農が衰退を続けるってのはやはり使い方に問題があるって事なんでしょうね・・・。難しいです。汗


    日中は酔拳のようにフラフラになりますが、
    明日からも気合い入れて頑張ります!


    【naoさんへ】
    コメントありがとうございます!

    米価の維持(農家の手取りの維持)って観点から見れば、
    やはり戸別保障の仕組みは穴だらけなんだと思います。

    補助金で補てんって言っても米価が下がれば補填額も年々下がるし、
    そもそも補償を続ける為の予算も無い、集荷業者のダンピングを規制する事も出来ない訳で。

    稲作の大規模化だけでなく、
    今後一層独自販路の開拓と他作物との複合化を
    並行して行う事が米農家に求められてくるような気がします。


    【marukoさんへ】
    コメントありがとうございます!

    今年は枝豆もヤバいらしいですね。汗
    先日枝豆を作っている友人に聞いた所、
    キロ単価で200円とか。汗

    例年なら500円はつくのに・・・と
    ガッカリしていました。

    今年は本当に天候に泣かされましたね。

    小麦の高騰がテレビでも報じられていました。
    せめてこれが米需要に結びついて、秋の新米価格が上がればいいのですが。汗

    とにかくお互い頑張りましょう!


    【A-GYOさんへ】
    コメントありがとうございます!

    兼業農家もピンキリなので一概には言えませんが、
    私も農業収入をあてにしていない農家へも補償するってのはやっぱり見直しがあるべきだと思います。

    何かで読んだ話では、日本の米農家100万戸(確か)のウチ、
    所得の5割以上を稲作で賄っている農家は全体の3%位しかいないそうです。

    農業生産額の大部分を担っているのもその少数派。けれど、政治が求めるのは票数。
    結果、残りの97パーセントにもメリットある政策を行う必要があるんだとか。


    確かに農家には違いないんだけど、97%の農家が今後の農業を担っていくかと言ったらやっぱり疑問が残ります。汗

    そして米補助をやめて転作作物を手厚くする政策は
    私も大賛成です!どうせ税金を使うなら、
    その方が需要にあった作物生産が絶対出来ますし、米価の維持にも繋がると思います。

    米農家から見ても戸別保障は変な政策だなって思う位だから、米を作ってない農家さんから見たら本当にちゃんと税金使え!って思いますよね。汗






コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/751-116b5d56
この記事へのトラックバック