稲作勉強会。

2010年07月15日 20:00

今日のブログは2本立て。  何卒、応援をー! → ブログランキング現在の順位は?


先日、普及所さんの主催する稲作勉強会第二回に参加してきました。
※先月の稲作勉強会の模様はこちら
P7130130.jpg
今回の内容は「穂肥の考え方」と「病害虫の発生・防除」について。


まずは穂肥料についてのお話ですが、稲はこの時期から穂を作り始めます。

そこで穂をしっかりと作る為に必要な栄養を与えてやる訳ですが、
与えるタイミングや与える量がを見極める事が非常に重要なんです。
P7130135.jpg
その為に稲の草丈を測ったり、葉っぱの色を調べて稲の栄養状態、
生育状態を調べる訳です。


ちなみに稲の茎をプチンと取って、茎の皮をどんどん剥いでいくと・・・
P7130127.jpg


もう稲穂の赤ちゃんが出来てました。
P7130126.jpg
写真はこしいぶき(コシヒカリよりも少し早く収穫できるお米です)の幼穂。


今年は春の低温の影響で、土から溶けださなかった養分が今になって効いてきた田んぼが多く、
肥料を与えるタイミングに待ったを掛ける所が多いんだそうです。(肥料過多にならない様に)

穂肥はお米の味・品質に大きな影響を与えるだけでなく、
毎年の環境によって与え方が変わる為、先輩農家の方々も非常に難しい作業だと
言っていました。   うーむ、奥が深い!




続いて病害虫のお話。



写真の中に枯れている茎が混ざっているのが分かりますか?
P7130131.jpg

その茎を取ってみると、なにやら節のあたりに穴が開いています。
P7130123.jpg
※この下の写真は「幼虫」苦手な方は「要注意」 ・・・ダジャレ!  



茎の中から出てきたのは「ニカメイガ」の幼虫。
P7130124.jpg
茎を食害して枯らしてしまう、ザ・害虫です。


こちらはカメムシ(厳密にはアカヒゲホソミドリカスミカメ。通称あかひげ!)。
P7130137.jpg
コイツもザ・ガイチュウ。

これから稲穂が出てくると稲穂の養分を吸い始めます。
カメムシに汁を吸われた穂は茶黒くなりお米の品質を劣化させます。



そしてウンカ。
P7130138.jpg
カメムシと並び、メジャーなGAITYUU。
3~5mm程度のかなり小さい虫でして、よく写真に撮れたもんだと自分に感心。

ウンカは稲の茎から養分を吸いだしてしまいます。しかも、集団で。汗
さらにコイツらの凄いトコロは、下層ジェット気流にのって大陸からやってくる事!!

「国境を越えてくる虫」って知った時は衝撃でした。 
まさに「日本海封鎖出来ません!」状態。



そして最後がこちら、いもち病。
P7130125.jpg
キングオブ・稲病害。 稲の天敵といっても良い病気です。 
被害が広がると稲が枯れます。

葉色が強い(肥料が効いている状態)とより感染しやすく、
更に低温、加湿、日光不足などの条件でも被害が拡大します。

まさに今年はいもち病が大発生しそうな気候条件です。
ウチの田んぼでもいもち病が出始めていました。涙


今後梅雨が明けたらカラッとした暑い夏になってくれればよいのですが・・・。



今回も普及員さん、指導農家さん、先輩農家さん達のお話は大変勉強になりました!
ありがとうございましたー!

次回の勉強会(次はお米の品質検査)も凄く楽しみです。


各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/715-2432dcd8
    この記事へのトラックバック