冬超えネギ。

2010年06月27日 21:17

この記事のブログアップを完全に忘れており、時期的にズレズレになってしまいました・・・が! 大目に見て下さいませ。  何卒、応援をー! → ブログランキング現在の順位は?


私、ネギをなんとかして周年化栽培(年中出荷すること)が出来ないかと考え、
その一環で冬を超えたネギの観察をしておりました。


ばーちゃんの畑のネギを土から引っこ抜かずに観察すること数か月。



1月24日。
P1240057.jpg
雪に包まれて寒そうなネギ。




1月30日。
P1300084.jpg
雪が溶けるとこんな感じ。
葉っぱがボロボロで無残なおネギ達の姿があらわに。


4月18日。
P4180072.jpg
温かくなって新しい葉っぱが生え、キレイになってきました。
と、同時に「とう(つぼみ)」も出てきました。

越冬したネギを春に出荷する為にはこの「とう」が問題でして。
とうが立つと身が硬くなり、食味が落ちるのですよ。


その為、越冬ネギを栽培に組み込むには
とうが出にくい「坊主知らず品種」を栽培するか、
ネギのとうが出てきた時点でスグに切りとり、ネギの硬化を防ぐ必要があります。

うーむ、今度越冬ネギの産地へ見学にいってみたいなぁ・・・・。





所で、話が変わるのですが、ワタシ、気付いちゃいました。






ネギのとう立ちは、






・・・・・・






タージマハルっぽいことに!
P4180074.jpg
なんかネギが神聖な野菜に見えてきた!・・・気がする。


是非ググッてオリジナルと見比べてみて下さいませ。



各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)


コメント

  1. ひで | URL | -

    Re: 冬超えネギ。

    お疲れ様です。
    ねぎの周年栽培ですか~。
    トウがでない坊主知らず(分けつのかな?)は市場の評価があまりよくありません。出荷が6月あたりになるんですが、すぐ茨城のトンネルのねぎが出回るので期間も限られます。うちは1年でやめたそうです。
    トウ立ちの遅い品種で5月連休明け位まで出荷できます。地域にもよるんでしょうが。普及所も資料があるかもしれませんが、多少の事ならアドバイスできるかもしれませんので春・初夏どりねぎに挑戦するなら言ってください。

  2. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます!

    【ひでさんへ】
    コメントありがとうございます!

    やはり坊主知らずは市場評価が低いのですか!
    ちょこっと分げつ性の越冬ネギは儲からないって
    聞いた事がありました。

    >春・初夏どりねぎに挑戦するなら言ってください。
    ありがとうございます!凄く力強いです・・・!

    あのー・・・もしできればなんですが、
    今度農園にお伺いしても良いでしょうか?

    ネギを専門に生産されている農家さんのお話や
    使われている機械など、是非一度見学に行きたいと
    思っておりました。

    また、改めて直接メールさせて頂きます!

  3. ひで | URL | -

    Re: 冬超えネギ。

    おはようございます。
    いつでも来てください。 同じネギをやっていても栽培方法や考え方など違いますからね。もう少ししたら新しい皮むき機も導入予定です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/510-1d19d237
この記事へのトラックバック