FC2ブログ

減反についてのお話を。

2010年01月12日 21:35

減反の事を色々調べていると、いつも収拾がつかなくなります。汗  また追って、減反について述べたいと思います。  何卒、応援を! → ブログランキング現在の順位は?


石井農園は今更なお話ですがお米の専業農家です。
約5.8ヘクタール(100M×580M)の農地でお米を作ってます。

去年より私が就農し、田んぼを徐々に畑に転換して
稲と野菜の複合経営化に向けて舵を切っている訳ですが、
まだまだ米が経営の中心である稲作農家です。


そんな稲作農家にとって切っても切れないのが「減反政策」です。
※米生産調整とも呼ばれています。


減反とは皆さんご存知だと思いますが、
====================================
米を作りすぎて余った! → えっ!?売れ残ったら米価が下がるじゃん! → 
イカーン! → じゃあ、そもそも食う分(必要な分)だけ米作ればよくね? 
====================================
って事で米を作る量を減らす政策です。

県や地域によってルールは若干違いますが、
大体持ってる田んぼの3~4割で「米作っちゃダメ!」って言われています。





この制度、出来たのは意外に古くて1969年。
日本の稲作・農家を守ってきた・・・・と言われる一方で、
日本の農業をダメにした・・・なんて声も聞きます。




そんな減反政策に、石井農園は現在参加しておりません。

頑固な親父の信条から農協を離れ、
育てたお米は全量米問屋さんへの出荷と個人の方への直売にしています。

なもんで石井農園は、
ある時は「農政に振り回されない農家の姿だ」と褒められる事もあれば、
「国で方針を決めて皆でなんとかしようとしてるのに、何故自分だけ米を作る?」って
怒られる事もあります。 すいません。汗


そんなスタイルでやってきた石井農園ですが、農業は年々情勢が変わります。
特に2010年、これより先の見通しは稲作農家にとって相当厳しいものです。

毎年じりじりと下がってきた米価が、
いよいよ今年「ガクン」と落ち始めると言われています。



そこで、予想される様々なケースやコスト・農地配分を考えた結果、
「減反政策」に参加する事も一つの選択だと私は思うようになりました。


勿論、仮に減反することになったとしても直売用の米を削るのではなく、
米問屋さんへ出荷していた米の何割かを
米粉などの用途のお米に振り替える事になります。


ただ、政治の大変動に合わせて農政の現場も大きく混乱している為、
中々農協の担当さんにお話しを聞かせて貰う日程が調整できませんでした。汗

今年になってやっと農協の担当さんから連絡が入り、
「やっと私達の元にも資料や数字の内容が下りて来ました。汗」
との事で、いよいよ明日、減反政策の相談をしに農協へ行ってきます。


制度の内容は複雑で(私の頭が弱いのもありますが)、
一度にどれだけ理解できるか不安ですが、
今後の経営の大きな分岐点になるのは間違いないので
しっかり、お話を聞いてきたいと思います。




ちなみに、減反政策に参加しようと思った理由の一つに
「認定農業者」という制度があります。

これは、意欲のある農業者が自らの計画を市町村に提出~認定して貰う事で、
計画達成の為の取組みを様々な関係機関に支援して貰える・・・ってモノなのですが、
この認定農業者になる為の必須条件に「減反への参加」があるのです。

「認定農業者」って制度についても、
また後日改めてブログにアップしたいと思います。




各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)





コメント

  1. カッコー | URL | -

    Re: 減反についてのお話を。

    うーん・・・難しい。
    確か作りすぎたキャベツを、農家の方が自分の畑でトラクターでつぶす・・・という切ないニュースを観たことがありますが、お米も野菜も需要と供給のバランスが難しいですよね。冷夏だ猛暑だって、天候に左右されることだってあるわけですし。

    いずれにしろ、石井農園にとっては大きな決断になるかも知れないですもんね。頑張ってきてください!

  2. A-GYO | URL | -

    Re: 減反についてのお話を。

    先日はどうも♪

    減反。米を一粒も生産していない私ですが、すごい注目しなきゃいけないことです。

    説明を受けた後の石井さんには『減反』がどう映るのか、興味があるますね~。

  3. aki | URL | -

    Re: 減反についてのお話を。

    こんにちは。初めてコメントさせていただきます。
    私も、2年前に職を辞め就農し今は茨城で干し芋農家をしております。おそらくかなり近い歳だと思います。
    毎回HP楽しく拝見させていただいております。
    減反ですか、うちも米&芋農家だったのですが、今は米を辞めました、でも減反には注目しなければと思っています。
    A-GYOさんと同じく石井さんに減反の説明会がどう映るか、興味あります。
    こっちも地域にも認定農業者の制度があり、みなさんやってるようなのですが、うちはなってませんね。
    父はやってもいいみたいなこと言ってますが。。。
    単に自分が農協嫌いでね、そんな制度に負けません。
    また、コメントさせていただきます。

  4. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます!

    【カッコーさんへ】
    ホントに難しい問題です。汗

    カッコーさんのおっしゃる通りです。
    キャベツや大根など、行きすぎた豊作で値段が
    暴落した時は出荷しても赤字になるので
    収獲せずトラクターで土に戻す・・・なんて
    切ないニュースが度々流れます。

    でも、お米の場合それがないんです。
    作った分は必ず買い取られ、幾らかの値が付くんです。

    それが、米農家自身も含め、
    色んな所に多大な無理を生じさせているんです。

    40年も続いてきた減反政策ですが、
    多分近々崩壊します。汗

    減反との上手な付き合い方、
    なんとか見つけたいと思います。



    【A-GYOさんへ】
    こちらこそ、先日は本当にありがとうございました!
    とっても勉強になりました。大感謝です。

    減反担当の方も、
    「まだ確定していない数字が多くて満足な説明が出来ない。汗」
    と言っていました。

    しかし、事細やかに一つずつ質問にこたえてくれて、
    親身にアドバイスしてくれて、とても参考になりました。
    感謝です。

    最後に、「無理に減反しろとは言えない」と
    云ってくれた言葉が印象的でした。

    この後、二月の説明会~3月末の減反申請締め切り迄の間、
    流動的に変化する状況を見ながら選択したいと思います。

    また、明後日のブログで詳しくまとめますね(^-^)



    【akiさんへ】
    コメントありがとうございます!
    ブログを見てくれてるとの事で、とても嬉しいです。

    なんと!同世代の農家さんでしたか!
    なんだかとっても親近感です。笑

    そして、元米農家さんなんですね。
    きっと色々な選択を考えたんだと思います。

    米を辞めて他作物に注力する事、
    米ドコロの新潟といえども今後あり得る(増える)話だと思います。

    今回は減反の担当者の方と
    一対一で相談に乗ってもらいました。
    その為、とても細かく質問に対応して貰いました。

    地域での説明会は2月に行われる予定です。

    正直、減反に参加した場合、
    稲作経営単体ではフル作付けと比べて
    多くのマイナスが発生します。汗

    ただ、それを飲みこんだ上で
    認定農業者制度を有効に使いこなせたら
    トータルでプラスにする事が出来るのでは・・・・
    って、葛藤しています。汗

    しかし、今日の説明を受けて改めて
    不安が大きくなった部分もあります。汗

    また明後日、今日の内容をまとめてブログにアップしたいと思います・・・!

    今後も宜しくお願い致します(^-^)!


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/495-443a6cbe
この記事へのトラックバック