お米除草剤。

2009年05月07日 19:25

エンジン音がホラ貝に聞こえる。疲れてる?・・・何卒、応援を! → ブログランキング現在の順位は?




今日は田植えの終わった私の田んぼの雑草管理。
使うのは「動力散布機」なる背負式のマシーン。

背中にはエンジンが付いておりまして、このバズーカみたいな筒の先端と、
筒の中ほどにある3つの噴出孔から、粒状の薬剤を散布できます。
P5060022.jpg

ここで言う薬剤とは、除草剤の事。

石井農園の稲作には、慣行(地域での一般的な栽培方法)の
半分以下の農薬しか使いません。いわゆる減農薬栽培です。





農薬の使用に関しては、散布する手間やコストの事を考えても、
使わずに作れれば一番いいです。

けれど現実問題、作業管理上の理由(水田の雑草を人力で抜くと膨大な時間が。汗)や
病害虫による被害を避ける為に、通常の農業生産現場では
必要最低限度の使用は避けて通れません。


色んな意見の方はいると思いますが、私個人は農薬に対して否定的ではないです。
基本思考はニュートラル。  ※以前にも農薬について書いた記事が。


昨今巷では農薬を使用した作物に過敏に反応する方もいますが、
度を過ぎた無農薬への崇拝は、「安全」よりも「自己満足」を追い求める行動になってしまい、
それらの高価な農作物は「食料品」から「嗜好品」の領域に片足を入れているのではと
個人的に思っている節があります。


勿論、農薬に過敏に反応してしまう背景には以前あった輸入食品の問題など、
農薬に対する根強い不信感から来ているものもあると思います。


ちなみに農薬に関して幾つか言うと、
====================================
・農薬の残留数値ではppm(100万分の1)単位の基準が付けられているのですが、
 例え基準値を超える残留農薬があったとしても、何トンもその作物を摂取してやっと人体に
 何らかの影響を及ぼす程度です。
・農薬メーカーは医療品以上の安全管理・基準を設置して農薬の開発・製造をしてます。
・農薬によっては一度に摂取する致死量で、塩や砂糖の方が危険なモノもあるそうです。
                                     
====================================
                                           ・・・・・etc。

とかなんとかゴタクを並べていますが、
私はまだまだ識者でもないし未熟な駆け出し農民なので農薬の話はこのへんでおしまい。
続きはまた今度、新たな知識が入った時に。




早速作業を進めます。
ではエンジンを掛けます。 ぶぉぉぉぉぉぉお――――――!!!!
P5060024.jpg
あ、なんか「ぶぉぉー」って擬音がホラ貝っぽい。
戦場っぽい! 確かにある意味田んぼは戦場だ。

ぶぉぉぉぉぉーーーーーー!



とかなんとかで、相変わらずトリップしながら作業は終了。



そして、今後マイ田んぼで稲の成長を記録して行く為、
稲の長さを図る棒を挿しました。 現在の稲は13センチほど。
P5060025.jpg
この棒、いいでしょう! 
えーーと、この棒をなんて呼ぼうかな?



「オコメモリ」なんてのはどうでしょう?!   ・・・ぷぷ!



いや!



「オコメーター」も捨てがたい!!    ・・・ぷぅっはー!!





うーーーむ・・・・・!  よし、
P5060026.jpg

「水稲成長目安棒」と呼びましょう。
コシヒカリよ、元気に育て!



※ちなみに、オコメモリって、前にも使ってました。過去の自分とネタ被り!汗




各ブログランキング参加中!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)


徐々に皆様の投票が集まって参りました!
ありがとうございます!


コメント

  1. まもる | URL | -

    Re: お米除草剤。

    オコメモリ…ウケました^^

    私も稲作農家に生まれまして、やがては継ぐ予定ですが。経営のことが心配でその時期をどうしたら良いか迷っています。時々お邪魔しますので宜しくお願いします。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/243-7983c204
この記事へのトラックバック