色彩選別機がやってきた!

2015年04月28日 22:25

最近新潟では、「AKBグループが新潟にやってくる!NGT48が誕生する!」と騒ぎに
なっておりますが、我が家では「AK-M350がやってくる!」と大騒ぎになっておりました。
DSC_0552_20150412232128d4a.jpg
AK-M350が何かと言いますと・・・。

小型の色彩選別機です。
DSC_0556_20150412232130123.jpg
高性能カメラとエアーの力で着色米などのお米を瞬時に選別します。
石井農園ではずーっとほしかった念願の機械なのです。

メーカーさん、農機具屋さん、我が家がそろって機械の説明~試運転。
念願の機械に、親父の目もきらっきらしてました。
DSC_0555.jpg
試運転では上々の仕上がりです。
玄米も白米もきれいにはじく。やっぱり機械はすごい。

おかげさまで石井農園では年々少しずつお米のお客様も増えてきてくれました。

色彩選別機が加わったことによりお米の選別精度が上がるだけでなく、
精米作業も今までより省力化することができ、栽培管理に一層力を注ぐこともできます。

今後もよいお米を提供すべく、ちょっとづつですが石井農園は進化しています。


コメント

  1. 砂糖 | URL | -

    Re:色彩選別機がやってきた!

    どのくらいの選別能力があるのでしょう?
    30kgだと10分くらいでしょうか??

  2. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます。

    【砂糖さんへ】
    コメントありがとうございます。

    うちが買った型式だと、一時間で玄米200キロ、白米350キロの処理能力となっております。カタログでは(^-^;
    ちなみに、もう2~3割ほど価格が上のタイプでは処理能力が倍になります。

    籾摺り機に直結できる色彩選別機が一番理想なのですが、
    うちの規模だと取り合えずこのくらいのサイズから導入することにしました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/1519-997e2d07
この記事へのトラックバック