あぜ塗り2014。

2014年04月06日 22:38

この時期、農村地帯では後ろに円盤型の作業機をつけたトラクターをよく目にしませんか?

そうです、あの円盤型の作業機械は「あぜ塗り機」と呼ばれる機械です。
DSC_0768.jpg
高速で回転する刃が土を砕き、その土を高速で回転する
円盤型のドラムが塗り上げてキレイなあぜを成形します。

冬のうちに崩れてしまったあぜを補強することで
たんぼの水漏れを防ぐことができるのです。
DSC_0771.jpg
ちなみにこのあぜ塗り作業は、作業をする時の土の水分量が適正でないと
キレイなあぜを仕上げる事が出来ないと言われております。

写真のあぜはちょっとたんぼの土が乾きすぎておりました。

田んぼが濡れ過ぎていると刃の部分が泥を練ってしまいうまく土が盛れません。
かと言って土が乾き過ぎているとこれまたポロポロしてキレイに塗りつけられません。
例えるならば、「生チョコ」位の柔らかさとしっとり加減をもつ土がベストだと思います。

あとあぜ塗り作業は、真っすぐにあぜを塗りつけるのが結構難しいです。
作業機の位置やあぜの塗り具合を気にして後ばかり見ていると大抵あぜがぐにゃりと曲がります。
(単純に私が下手なだけ?汗)

なので極力後ろを振り返らず、体を正面に向けたまま
サイドミラーを使って後方の様子を確認します。
DSC_0772.jpg
端まで塗ったあとに、これなら良いだろう!とトラクターを降りて振り返ると、
やっぱりちょっとリアス式海岸的な感じになっていたりします。

あぜ塗りは奥が深いです。


コメント

  1. 浜本 | URL | -

    Re:あぜ塗り2014。

    こんばんは。いいですねぇ~畦塗り機。私の田んぼは山の中、畦もひょっこりひょうたん島で畦塗りをどうしようか毎年頭の痛いところです。いゃぁ、田んぼが忙しくなりますね、でもね何故か田んぼ作業はワクワクしません?日本人ってやっぱりそういうふうに出来ているのでしょうね。

  2. kawa | URL | -

    Re:あぜ塗り2014。

    真っ直ぐ畔塗りをするのって、ホント難しいですよね。

    はるか彼方に目標を定めて後ろは振り返らずと、河島英五ばりの操縦を決め込んでも、やがて目標を見失い後ろが気になりふり返る・・・→綺麗なカーブの完成となるわけです(笑。

    耕土の状態にも左右されるわけですし、畔塗りは奥が深いです。
    とりあえず、1度塗った畔を修正するためにもう一度塗ろうとすると、9割方最初より悪くなることだけは相当早い段階で会得致しました(笑。

  3. 砂糖 | URL | -

    Re:あぜ塗り2014。

    やってほしいっす!じゃなくてやってみたいっす!!

  4. オーシマ | URL | -

    Re:あぜ塗り2014。

    ウチは畦ぬり機持ってないので2~3年に1回、
    近所の方に塗ってもらってます
    なので自分では塗ったことないので
    下手くそなのには自信あります(^^;)

  5. 石井 | URL | lFH9V1S2

    こめんとありがとうございます。

    【浜本さんへ】
    コメントありがとうございます。

    田んぼ作業のわくわく、わかります。笑
    新潟は特に、冬の間雪に閉ざされていることもあり、
    春になってから田んぼ仕事が始まると、皆とても活き活きとしています。

    田んぼ仕事、桜、温かな日差し、春は本当に胸が高鳴ります。


    【kawaさんへ】
    コメントありがとうございます。

    後ろを振り返る~きれいなカーブ~ まさに畔ぬりあるあるですね。笑

    あぜの二度塗りはしたことがありませんが、確かに状態が悪化しそうな気がします(^^ゞ

    転作田のロータリーがけも一発仕上げが理想でした。

    やり直しがきかない仕事というのは難しいですよね。


    【砂糖さんへ】
    コメントありがとうございます。

    あぜ塗り、きれいに濡れた時は気持ち良いですが、
    作業自体はとっても低速で行うので非常に眠くなりますよ(^^ゞ


    【オーシマさんへ】
    コメントありがとうございます。

    うちの地域も数件の農家であぜ塗り機をシェアして使っています。

    結構高いんですよね、あぜ塗り機って。汗

    私もなかなか上達しません(^^ゞ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/1468-0b4d16b8
この記事へのトラックバック