籾擦(もみすり)2013

2013年09月10日 22:46

今日は先日の稲刈りに続き、稲を刈った後の作業である
「籾擦(もみすり)」についてのお話を。

刈り取った籾(コンバインで稲から脱穀された状態のお米で、
まだ表皮(もみ殻)がついている状態)は、そのままでは水分値が高すぎる為に
乾燥機に入れて水分調整します。

刈った段階では水分が20%以上もある籾(米)を、
乾燥機にかける事で14~15%にします。

こうすることでお米の保存性を高めたり、
籾擦作業でお米が割れたり傷んだりするのを防ぐことができます。

さて、その籾擦り作業ですが、
簡単に言えば籾から籾殻を外して玄米にする作業です。
※また、その工程の中で小さいお米、未熟なお米、
 小石などの異物の除去も行います。


そしてその籾擦作業をしてくれる機械を「籾擦り機(まんま!)」と言うのですが、
今年石井農園では30年近く使った籾擦り機を新しく更新しました。
※その時のお話はこちら。


新たらしい機械を導入する時は、試運転を兼ねて
農機具屋さんに操作をレクチャーして貰います。
DSC_0345_201309102223555d6.jpg
左・親父。  右・農機具屋さん。

新しい機械は以前使っていたモノに比べ、非常に操作(調整)がシンプル。
にもかかわらず、性能はとても向上しております。

メーカーも30年の間に、試行錯誤をされたのですね・・・・!
DSC_0352_20130910222356f11.jpg
みるみるうちに籾擦られていくお米たち。


そして籾擦・選別されたお米達は計量・袋詰めされて出荷の時を待ちます。
DSC_0359.jpg
我が家のお米は大きく分けて3つの販路に振り分けられます。

1、農協さん。
2、民間の集荷業者。(主にお米屋さん)
3、直売。(個人のお客さん、飲食店さん)



早生米である「こしいぶき」、「ゆきんこ舞」、
そしてもち米の「こがねもち」は主に1・2の販路に向けて出荷します。
DSC_0362.jpg
お米を集荷していくお米屋さん。この時期は米屋も大忙しです。



石井農園では、今日迄の稲刈りで
早生米ともち米の田んぼを全て刈る事が出来ました。

今後それらの乾燥~籾摺を終わらせた後、
本命の「コシヒカリ」の稲刈りを開始します。

今年は例年よりも収穫時期が早まりまして、
農協や県の見立てだと9月14日頃からが収穫適期とのこと。
※去年は9月18日頃でした。

3連休はバッチリ稲刈りに没頭したいと思います!

【新米予約受付中!】=======================
25年産の石井農園コシヒカリ新米予約を受付中です。
今年も新米予約は送料サービス致します!
※もち米「こがねもち」2合パックのオマケもつきます。

ご注文はブログ右上にバナーを張ってある
石井農園HP(石井農園直売所)からお願い致します。

新米のご予約は9月30日迄です。
何卒、宜しくお願い致します!

=================================



コメント

  1. 毒舌良介 | URL | -

    Re:籾擦(もみすり)2013

    世の中で農業分野が心配されていますが、負けないで頑張ってください。IT×農業で、儲かる農業を!そして若者に農業参入のきっかけを!

    応援しています。

  2. オーシマ | URL | -

    Re:籾擦(もみすり)2013

    ウチも乾燥機(平成元年製)の水分計エラー多発と
    籾すり機(昭和57年製)に限界を感じたので、
    何とかこの秋は持ちこたえて頂いて
    稲刈りが終わったら購入を検討しようと思います
    (10~12月は安くなるw)

  3. Re:籾擦(もみすり)2013

    ご無沙汰しております!
    稲刈りお疲れ様です!
    無事収穫できて嬉しいですよね。

    就農から3年経ち、自分で植えた桃を
    収穫することができました。
    稲刈り応援にと思い、お送りしましたので
    みなさんで召し上がってくださいm( _ _ )m

  4. 堀内 | URL | -

    こないだは、コメントの返事ありがとうございます。稲刈りは順調ですか?自分は去年から、やっているのですが、この稲刈りは大変だけど、かなりたのしいですよね。
    今年は、秋田では倒伏が目立っているため、稲刈りが大変そうです。稲刈り、籾摺りがんばってください。

  5. otouto | URL | -

    Re:籾擦(もみすり)2013

    西蒲原郡は人農地プランの作成とか取り組んでいるのでしょうか?? 今後農地の8割を担い手に集積するとか目指していますが、中心経営体の育成やいかに??

  6. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます。

    【毒舌良介さんへ】
    コメントありがとうございます。

    農業を囲む大変な問題は多々ありますが、
    それでもやれる事をやって生き抜いていこうと思います(^-^)


    【オーシマさんへ】
    コメントありがとうございます。

    おお!そちらの乾燥機と籾擦り機も
    うちと同様結構なキャリアですね!

    稲刈後は安くなるとは・・・!
    計画的な投資を行う場合には
    凄く大事なことですね(^-^)


    【しんやさんへ】
    コメントありがとうございます。
    ご無沙汰しております!

    今年は雨続きで日照も心配だったので
    無事に収穫ができて本当にホッとしています(^^ゞ

    桃!昨日届きました!
    そして早速頂きました! 
    甘くてとても美味しかったです!

    自分が就農した時に植えた作物の
    3年越しの収穫、とても感慨深いと思います。
    また、それを私も頂けてとても感激です。

    桃を食べて、これからの稲刈後半戦
    (主力のコシヒカリ)も頑張りたいと思います(^-^)


    【堀内さんへ】
    コメントありがとうございます。

    こちらの稲刈は天候に悩まされながらも
    なんとか順調に推移し、あとはコシヒカリの刈取を残すのみとなりました。

    倒れると刈り難いばかりか品質面でも
    心配になりますから、素早い稲刈りをせねばですね。今後天候が安定する事を望むばかりです。

    お互いがんばりましょう!


    【otoutoへ】
    いや、ダメ。

    新潟市とか大きい市町村ではプラン策定は
    早い段階で作られていったけど、弥彦村は全然出来ていない。

    農家個人の動きももちろん大事だけど、第三者的にアックアップする自治体や農政局の動きが、周辺自治体に比べてちょっと弥彦は取り残されている感があります。

    上越市なんかは市の担当者がかなり
    積極的で、制度開始前から調整を行って
    今ではかなり先進的にプランを作成しているし・・・。

    君にもちょっと話したけど、以前農政局と
    話したときに向こうも弥彦に課題感を持っている様だったから今後、改善の為に
    動いていくと思うよ。

    私達も頑張らないと。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/1434-7ae56022
この記事へのトラックバック