ネギ収穫の進捗報告。12/23。

2012年12月24日 01:17

ブログの更新が滞りがちで大変申し訳ありません。汗

しかしブログの更新をしていなかった間にも、
着々と長ネギの収穫・出荷作業は進んでおりました。
ここ最近の進捗状況をまとめてご報告です。


12月10日から降った雪は見事に大雪となり、
ネギがすっぽりと雪に埋まってしまいました。
弥彦でもピークは30センチ以上積もったかと思います。

その後、気温が上がって農道の雪解けが進んだのを見計らって畑に行った所、
案の上ネギの葉っぱは折れてしまっていて全体の7~8割が
規格外のB品になってしまいました。汗
PC120127.jpg
数日続いた爆弾低気圧による大風、からの大雪だったので、
大きな被害が出る事は覚悟しておりましたが、、、やっぱり無念。

それでも規格外となってしまったネギ達も加工用(主に刻みネギ)として
市場で販売先を確保して貰うことができた事が救いでした。 
市場の担当さんやお客さんに感謝です・・・!

恩に報いる為にもネギを切らさずに出荷するべく
雪をかき分けながら収穫に励みました。
PC120126.jpg


さらに途中、先輩農家さんから「振動掘取機」を中古で譲って頂く事が出来、
それによって収穫作業の軽労化とスピードアップを図る事が出来ました。
PC210132.jpg
これまた感謝です・・・・!


そして12月17日から最後のネギ畑となる60a区画に突入しました。
PC170131.jpg
この頃には寒波で積もった雪も殆どが溶けてなくなっており、
収穫作業を随分楽に行う事が出来るようになりました。


天気予報によると「どうやら23日頃から強烈なクリスマス寒波が来るぜ!」
ってことなので、大雪になる前に一本でも多くのネギを掘るために
地元や隣町のシルバーさんにもお願いしてネギ収獲を手伝って貰いました。
PC220133.jpg
12月の寒空の下での作業にも関わらず、多くのシルバーさんが
お手伝いに来てくれました。 ほんとありがとうございました・・・!

うちの家族や常勤のスタッフの方も合わせると、
多い日では総勢17人での収穫作業となりました。

ネギの収穫と畑からの運搬を同時進行で行っても、
50Mの畝が10分と掛からずに終わっていきました。
本当に、人の力は凄いです。


60aの畑で2日間収穫を行い、35a分を収穫する事が出来ました。
PC220136.jpg
本当に皆様、ありがとうございました!


掘り獲ったネギ達は、一先ず雪・雨のあたらないハウスや車庫に保管して
年末~来年の小正月位までに皮を剥いて出荷していきます。

短期間にかなりの量のネギを掘ったので、ここも・・・
PC220140.jpg


ここも・・・
PC220141.jpg


ここも・・・
PC220144.jpg

ここも・・・
PC230150.jpg
ネギで一杯です。


さらに屋根のある所に置き切れなかったネギ達は、
ビニールを張っていないハウスに寝かせて寒冷紗を掛けました。
PC220137_20121224001534.jpg
屋根のある保管場所は面積に限界があり、更にネギは通常立てて保管するのですが
それでも長期保管の最中に曲がりネギが出てしまう事がネックでした。
※ちょっとでもネギの束が傾いてしまうと、そのままネギが斜めに曲がってしまうのです。

そこで前回の寒波の時に色々保管方法を実験した所、
寒冷紗を掛けて雪の下で寝かせておくと以外にも良い状態で
保管できる事がわかりました。
PC220138.jpg
まだまだ研究不足のため、気温や積雪量、雨などの条件によって
どの程度保管したネギの状態に差がでるのか把握しきれておりませんが、
多少のリスクを負いつつも、1年のこの時期にしか出来ない実験を
色々行って、少しでも次の年に活かせる手応えを掴みたいと思います。



今回、一気に収穫を進めた事で畑に残ったネギは、あと25/160aとなりました。
残った25aのネギは来年1月10~15日頃の収穫を予定しています。
※例年、この辺りは1月20日ごろから本格的な積雪が始まります。

その後、皮むき~出荷は1月末までにある程度の目処を付けたいと思っています。
なので今シーズンのネギ作業もあと一月ちょっとです。

最後まできっちり走り切りたいと思います。



※ここ最近ネギの作業に追われている事を言い訳に
 ブログの更新が滞っており申し訳ございません。汗
 
 ブログへのコメントやお問い合わせ頂いたメールへの
 ご返信も遅れがちになっておりますが、何卒お許し下さいませ。汗


コメント

  1. G | URL | -

    Re:ネギ収穫の進捗報告。12/23。

    溜め込む量が半端ないですねー
    こちらでは掘り上げたら早めに出荷せなあかんと
    教わっているのですが、米袋などに入れた場合、商品として
    どのぐらい保存できるのでしょうか?

  2. ありしん | URL | -

    お疲れ様です

    こちらのサイトの栽培規模を拝見するたびに
    がんばろうという気にさせていただいております(_ _)

    振動掘取機はサトイモの収穫で見た記憶がありますが
    葱収穫でどのように使用しているか気になります

  3. otouto | URL | -

    Re:ネギ収穫の進捗報告。12/23。

    お疲れ様です。
    しんどそうだね。
    大寒波が来る前に、色んな人に手伝ってもらってワーッといっぱい抜いておくべきだったんだろうか?難しいね。
    今年の年末年始はねぎの皮むき祭りになりそうかな。

  4. L | URL | LkZag.iM

    Re:ネギ収穫の進捗報告。12/23。

    本当にすごすぎです!
    雪が降ったら、全部だめになってしまうのかと心配していましたが、人力もあり、ほぼ終わりに近づいてる。さすがですね。
    私もGさんと同じように、掘り取った後の保存品質が気になります。そんなに、持つものなのでしょうか。

  5. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます。

    【Gさんへ】
    【Lさんへ】
    コメントありがとうございます。

    ネギの貯蔵についてですが、雪国である私どもの地域や東北などでは降雪前にハウスに貯蔵する方法は多く行われているようです。

    やり方は様々でハウスの中に溝を掘って
    束のネギを埋めて保管する方や枠を作ってネギを
    囲いこんでいく方など色んな方法があります。

    また時期や品種によって保存状態も異なる様に感じます。

    基本的に気温が低くなってくる(11月下旬から12月以降)まではネギが成長しやすいため長期保管は難しい様に感じます。

    冬の低温期の場合は、良い状態で保存できる期限は10~14日くらいまでが目安に感じます。

    それ以降だと徐々に曲がりが見えたり(ネギの立て方やしばり方にもよりますが)、徐々に葉枯れが見えてきたりします。

    また、長期保存における品種差の感想としては、
    光の剣は曲がりが出にくいですが外葉が枯れやすく、
    夏扇系統は葉枯れは出にくいけれど曲がりが出やすい
    などの違いがあります。
    ※あくまで私個人の感想ですが(^^ゞ

    地域によって気温や湿度が違う為に、冬季であっても
    長期保管が出来ない地域もあるかと思います。
    こちらは冬、雪が降って収穫などの外作業で苦労する事も多いのですが、なんとかその雪を逆手にとって
    上手く、良い品質でネギを長く冬季貯蔵できる様に
    研究していきたいと思います<m(__)m>


    【ありしんさんへ】
    コメントありがとうございます。

    ブログを見て頂きありがとうございます。
    最近は更新が滞っており申し訳ありません。汗

    振動掘り取り機に関してですが、このメーカーの
    掘り取り機はアタッチメント(刃)を取りかえることで
    色んな作物の掘り取りを行う事が出来ます。

    里芋の掘り取りではU刃と呼ばれる畝全体を
    掘り上げるやり方で収穫をしますが、ネギの場合は
    片側から根を掘り上げる形状の刃を使って収穫します。

    こちらのメーカーさんのサイトで、
    形状の写真を見る事が出来ます(^-^)
    http://www.niplo.co.jp/products/information.php?cst=6,50,172


    【otoutoへ】
    カンパチ旨かったよ!

  6. おみ | URL | u62fkvpQ

    はじめまして

    5町歩程度なのですが、管理を2人でやっているのでなにか効率よくできる方法がないかとおもい拝見させていただきました。 来年もがんばってください!ですが、管理を2人でやっているのでなにか効率よくできる方法がないかとおもい拝見させていただきました。

    来年もがんばってください!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/1338-177d7d30
この記事へのトラックバック