市場へGO!

2009年02月16日 16:19

昨日までの春一番はどこへやら。
牡丹雪が舞い散る、真冬の天気に逆戻りした新潟です。

私もヒートテック2枚重ねの重装備に逆戻りです。


さてさて今日は以前にブログでお話していた「市場」のお話。
野菜市場について調べれば調べるほど、肌身で感じたくなります。

また9代目が昔、ブドウを直接市場出荷していたのですが、
当時の出荷カードなどがすでに無いので
今後の利用も視野に入れて再発行して貰わねばなりません。


と、ゆう事で行って参りました。
新潟中央青果株式会社、西部卸売市場さんへ。

P2160129-1.jpg


新潟県内の青果物卸売市場は全部で18か所あります。
その中で、今日お伺いしてきた西部市場さんはウチから最も近くにあります。


ちなみに新潟には、2007年に開場したばかりの
「新・新潟市中央卸売市場」なるモノも存在します。

なんと広さは東京ドーム5個分以上もあり、日本最大級の市場です。
是非そちらも今度行ってみたい・・・!



いかん!こうしてる間にも頭にモリモリ雪が積もってくる。
では早速、市場の中へ行ってみましょう。

市場に入りまずは事務所へ。

事前に電話で問い合わせしていた、
出荷用のカード発行や代金の送金用口座の確認を。


市場の担当さんは事務作業だけでなく、
未熟なペーペー農民の質問にとっても丁寧に対応してくれました。
本当にありがとうございました!


その後、広ーい市場の中を見学させて頂きました。

P2160132.jpg

市場の中にはいろんな野菜や果物が沢山積み上げられております。


市場には地元の生産物だけでなく、
北海道のジャガイモ、青森のリンゴ、愛媛のミカン・・・etc。
日本中から様々な生産物も沢山集まっていました。

P2160134-1.jpg

「農家は生き残る為に独自の販路を持て」
なんてよく聞く話ですが、市場はとても個人の農家に出来ないような
大規模な流通を担っていて。

当然な話ですが、
仲卸や小売り業者さんも含めて「市場」の存在がなければ、
消費者は安定して欲しいモノが手に入る便利な生活は実現しない訳で。

様々な場所からモノが集められ、
需要と供給により価格と買い手が決まり、
様々な場所へモノが散っていく。


ボキャブラリーの少ない私が簡潔にまとめるならば、
「市場マジすげー」 って感じです。
※つくづく本を沢山読め!って感じです。



築地を見に行った時もそうでしたが、
市場からはエネルギーを感じます。生を感じます。

ちなみに市場の活動時間は24時間。市場は眠りません。
休市日を除き、朝5時頃のセリに間に合うようならいつでも出荷出来るそうです。


是非今度、早起きしてセリを見に行きたいと思います・・・!


各ブログランキング参加中!
banner2.gif  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1票のみ)。
ブログの励みになります! 何卒、何卒1票をくださいませ!



コメント

  1. ゆたかマン | URL | -

    ってことは

    朝5時よか早起きしないと出荷できないんですね\(◎o◎)/!市場ってコンビニ並みに眠らないんですね…勉強になります! とりあえず早起き練習せねば(+o+)

  2. 石井 | URL | -

    ゆたかマンさんへ

    コメントありがとうございます!
    そして自分の書き方が足りませんでした、スイマセン!汗
    「朝5時に間に合えば~」っていうのは、
    前日の出荷もありって事です。
    勿論、早朝や夜中に市場出荷する事も可能ですが、
    前日の夕方までに市場持ち込み、
    もしくは各農協に夕方までに出荷して
    その後夜のうちに各農協さんの出荷物が市場に集まり
    早朝のセリにかけられるって流れが多いようです。

    紛らわしくてスミマセンでした。汗

    しかしコンビニ並みに眠らないところは
    私も凄く驚きました・・・!

    流通を支える底力。
    流石です・・・!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/132-7dd6edf6
この記事へのトラックバック