ワラ回収2012。

2012年10月03日 23:09

今年の稲刈りも無事に終わりましたので、先日、稲刈で発生したワラを
近所のおかーちゃんにトラクターでグルグル丸めてロールにして貰いました。

ぎっくり腰におびえながら、そのワラロールを「よっこらしょい!」っと、
軽トラに積み込んで田んぼから運んでまいりました。
P9180003_20120923131333.jpg
※ワラまきまきについての詳しい説明は、
 去年のブログをご参照くださいませ・・・! こちら


今年は直売所用に多種多様な野菜を作ったこともあり、
改めてこのワラという存在の有効性を思い知らされました。

トマト・ナス・キュウリなどの果菜類においては、
株元にワラを敷きつめる事で雑草を抑えると同時に、直射日光を
遮る事で株元の土の水分を維持する(乾き過ぎない)効果が期待できます。

また、大根やカブなどの野菜の種まきを行う際にも、
種まき後の畝に切りワラをパラパラと撒いてやるだけで
これまた土の乾燥防止による発芽率の向上が期待できます。

秋にはワラだけでなく、籾擦りによって発生する「もみ殻」や
精米によって発生する「米ヌカ」なども大量に出てきます。

ややもすればそれらの副産物は不要なものとして扱われてしまいがちですが、
使い方によってはタダで大量に手に入る優れた農業資材であり、土を豊かにする
有機物でもあるわけです。

なのでこれらの副産物もありがたーく使わせて貰い、
次年度の稲作、そして様々な野菜の栽培に活用してまいります。


ちなみに、もみ殻については農地の基盤整備おける
土木資材(暗渠資材)としても大活躍しております。

それについても、詳しくは去年のブログをご参照くださいませ。こちら


稲から生まれるものにはこれっぽっちも無駄がないのであります。


=================================
ブログランキングに参加しております。
応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。
人気ブログランキングへ  ビジネスブログランキング
何卒、宜しくお願い致します。



コメント

  1. otouto | URL | -

    ぜひ循環農法を実践しよう。

  2. Panda | URL | -

    Re: ワラ回収2012。

    先日はありがとうございました。
    今年のお米もおいしかったです!

    わら、最強です。ほんとにありがたいです。
    長わらなのかと思いきや、切りわらがロールになっているんで
    めちゃくちゃ使いやすいです。

    離島から例のものを調達したので、
    このわらと一緒に積んで堆肥も開始しましたよ。

    PS.昨日ラジオ聞きましたよー

  3. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます。

    【otoutoへ】
    コメントありがとう。

    あるモノを有効に使って、良い作物、
    良い経営が出来る様に頑張ります。

    あと、、、

    親父と兄貴が精魂こめて作った新米コシヒカリを、
    すぐチャーハンにするんじゃないよ。


    【pandaさんへ】
    コメントありがとうございます。

    こちらこそ、先日はありがとうございました!
    頂いたコロッケが絶品でして、一体どこのコロッケだと
    石井家の食卓が揺れました。笑

    ブログも拝見いたしました。
    船旅、お疲れさまでした!

    ウチのワラと例のモノをコラボレーションさせて、
    美味しいアレが育つ事を願っております(^-^)

    ラジオも聞いて頂きありがとうございました!
    ※なんにも面白い事が言えずにスイマセン。汗

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/1307-8264eb8a
この記事へのトラックバック