流通を垣間見る。

2009年02月12日 22:15

今日は普及員さんの紹介で
小松菜を栽培している農家「Kさん」の元へお邪魔してきました。

P2120072.jpg

Kさんは小松菜を農協を通さずに、
独自のパッケージのフィルムを使用して直接市場に出荷しています。

そこで、小松菜の栽培に関する事だけでなく、
市場出荷についてのお話を色々聞かせて頂きました。


農業に関する本やネットで調べるのとまた違い、
生産者の方から直接聞かせて貰うお話は凄く刺激になりました。

Kさん、本当にありがとうございました!



で、ここからは自分が今までに見聞きしてきた、
「農作物の市場出荷」について自分なりにまとめてみます。

未熟な私の解釈なので、見当違いや思慮の足りない部分もあるかと思います。
その時はスイマセン・・・。汗



先日も少し書きましたが農家が市場へ出荷する場合、
「農協さんを経由して市場に出荷する」方法と、
「直接自分で市場に持ち込む」方法に分かれます。


で、どう違うの?
については以下に。


【農協さんを経由する方法】
メリット「農協さんが市場とのやり取りを代行してくれる」、「農協ブランドで出荷できる」
デメリット「農協の担当者さんの市場への営業力、その農協の産地力によってかなり差が出る」

【直接自分で持ち込む方法】
メリット「自由な企画・形態で出荷できる」「自分の力で顧客を開拓できる」
デメリット「信用や実績を積むまでは安定した取引が出来ない」
       

ざっくりだとこんな感じ。
※再度念を押しますが私から見る断片的な出荷の世界の話です、すいません。



どっちの出荷方法がいいの?に関しては、
【自分の作る作物は需要や品質の面でどんな評価を受けるか?】
【地域の主要作物・農協の強みは自分の経営に合っているか?】
【どの位の量を生産できるのか?】
など様々な条件によって有利な出荷方法は変わってくると思います。




また感じた事として、
自分で食べる事を前提に購入する個人への「直売」と、
誰かに販売する為の商品として購入する卸への「市場出荷」。

同じ農作物に対しても用途が違う事で、
求められる条件や与えられる評価が全く変わってくることをしみじみ感じました。



昔はすべて農協さんに販売を任せ、
農家は「作ること」だけを考え全ての力を生産に注いできました。

しかし今は農家は「販売すること」を考えてから作物の生産を
計画しなければいけない時代です。



覚える事はまだまだ山積みです。
販売や流通についての勉強会や研修会に参加してみたいと思うこの頃です。



各ブログランキング参加中!
banner2.gif  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1票のみ)。
ブログの励みになります! 何卒、何卒1票をくださいませ!




コメント

  1. A-GYO | URL | -

    Re: 流通を垣間見る。

    販路の選択は悩みますよね。
    うちは野菜を『スーパーへの出荷』と『市場出荷』をメインでやっていますよ。農協出荷はかなり昔にやめました。

    農協出荷だと、どんなに自分がいいもの作っても、他の人がいい加減なものを作ればそれだけ値段が下がるものなので、自分の作った野菜に自信があれば市場出荷で行くべきだと思います。

    市場出荷は初めのうち、かなり安値を付けられるものですが、それでも安定した量を切らさず出荷することで市場の評価は上がっていきます。

    また、市場の手数料は農協と比べてかなり安くて済みます。(農協はなんだかんだで20%以上、市場は平均8%)

    だから石井さんがこれから安定した量を出荷するならば、市場出荷をお勧めします。

    …まあ、高収入を狙うなら、自分で値段が付けられる『直売』や『スーパー出荷』が一番いいんですけどね(笑)

  2. ごん | URL | LTqVxyto

    Re: 流通を垣間見る。

    少し前から、時々ブログ拝見しています。

    色々なご苦労あるかと思いますが、頑張ってください。

  3. 石井 | URL | -

    コメントありがとうございます!

    【A-GYOさんへ】
    そーなんです、いろいろ考えてしまいます。
    まだ私はまともに相手にして貰えるほどの技術も
    生産量もないのですが、
    出荷方法の違いで利益に差が出てくるのであれば、
    今からしっかり仕組みを把握して理解したいと思います。

    手数料もそんなに変わってくるんですね!?
    (運送料なども掛かってくるという事ですよね!?)
    色々な情報ありがとうございます。
    本当に勉強になります。

    将来的には作物によって市場と農協を使い分けながら、
    特に主力の野菜では市場で自分のへの評価て、
    お客さんを獲得するところまでを理想として頑張ります!


    【ごんさんへ】
    ありがとうございます!
    これから春になるといよいよ作業量も増えて
    色んな苦労が出てくるかと思いますが、
    それすらも楽しめる様に頑張りたいと思います!

    まだ未熟な農業初心者のつたないブログですが、
    今後も見守って貰えたら嬉しいです!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/128-2391393b
この記事へのトラックバック