地下水位の測定。

2012年07月02日 22:27

先日のお話ですが、お世話になっている普及員さん(農業指導してくれる県職員)から
こんな道具を貸して頂きました。
P6130066.jpg
ドリル(的なもの)とパイプであります。

これはなにかと言いますと、畑の地下水位を把握する為の道具であります。

地下水位の高さってのは、野菜を育てる上で非常に重要です。
特に私の用に水田転作した畑で野菜を育てる者にとっては超重要。

※地下水位が高いって事は空気のある層が少ないって事になります。
  なので地下水位が高いほど、植物は深く根を張る事が出来ないのです。
  作物によって地下水位の上限は変わりますが、地下水位が高いほど
  栽培できる作物は限定されます。


して、どの様にして地下水位を測るかと言いますと、
まずは先述のドリルを使って畑の地面に穴を掘っていきます。
P6130068.jpg
ぐりぐり、ぐりぐりと1メートル位まで掘って、
ねっちょりした粘土を抜き取ります。 (流石田んぼ。汗)


次に、この穴の沢山開いた塩ビパイプを先程掘った地面にぶっさすのです。
P6130067.jpg
そうすると土壌側面から染みだしてきた水がパイプの中に溜まり、
地上部から地下水位の深さが把握できるって訳であります。
要は井戸みたいなものかな?


完成した姿がこちら。
P6130069.jpg
雨やゴミがパイプに入らないように、半分に切ったペットボトルなどを
フタ代わりにかぶせておくと尚グッドです。


地下水位が40センチ(地上から深さ40センチの所に水があるって事)までであれば、
ゴボウなどの根を深く伸ばす根菜類を除き、大概の野菜は栽培出来ると言います。

全てのネギ畑に穴を掘ってパイプをぶっさした所、
おおむねどこの畑も地下水位が50センチ程でありました。

良かった良かった。



と、思いきや、去年湿害を盛大にかましてくれた、
石井農園の中でもっとも水はけの悪い転作田の地下水位を調べた所・・・・
なんと20センチ。

思わず目を疑う光景。
穴を除けばスグそこに水のきらめきが。

畑の中で最も水位の高そうな所(用水路の近く)で測ってはいるものの、
この地下水位の高さは問題。ってか、野菜作れない位の数字。汗


そら湿害も出るわ!と焦りましたが、とりあえずもうネギを植えてしまったし、
今の所生育も順調だし、去年の失敗から今年は地表面の排水対策を重点的に
行ってきた事もあるので、その後も開き直って観察を続けました。


すると、ある事実が見えてきました。

畑を回る時にはいつもパイプを覗いて地下水位を観察してたのですが、
田んぼの水を止める「中干し」期間に入った途端、急激に地下水位が下がりました。
P6220131.jpg
写真は水の干上がった用水路。奥に見えるのが私のネギ畑。
※田んぼに入水している期間は、ネギ畑の脇をなみなみと水が流れております。

地下水位が20センチもあった畑が、地下水位60センチに。
その他の畑も60~70センチ位まで水位が下がりました。
ここまで下がるとは!

更にその後、再び用水路に水が流れだし、
間断潅水(田んぼに水を入れたり乾かしたり)のシーズンへと突入しまして
また地下水位が上昇してきました。 

でも、今の段階ではまだ50センチ位。
この後、飽水管理(田んぼの水を乾かさないように入れ続ける)の時期に突入すると
更にまた水位が上がるのか? 

ってことは、
それまでにしっかり畝割(ネギの通路部を深く掘り下げて根っこの酸素供給を助ける)を
しといた方がよさそうだな。

今後も地下水位の変化をしっかり観察したいと思います。


田んぼに囲まれた転作田で野菜を作っている訳ですから、
当然用水路や周辺の田んぼからの浸透水が地下水位を上げていると考えておりましたが
場所によっての地下水の高さや、用水環境によってここまで地下水位が
めまぐるしく変わっているとは驚きでした。


転作田で野菜生産を行う者として、今後は地域の用水路の入水期間や
圃場条件(用水・排水路との接し方)をもっと考えながら、
地下水位の変化も意識して農業をしていきたいと思います。


やっぱり農業ってのは、植物の地上部を見ること以上に
土の中を観察する事が大事ですね。


※普及員さん、ドリルを貸してくれて本当にありがとうございました!


=================================
ブログランキングに参加しております。
応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。
人気ブログランキングへ  ビジネスブログランキング
何卒、宜しくお願い致します。




コメント

  1. otouto | URL | -

    毎年毎年色んな発見をしていきますね。発見があるということは発展できるということ。がむばって!

  2. おぐら | URL | -

    Re: 地下水位の測定。

    三条の小倉です。お久しぶりです!

    農学部に通っているのに知らないことばかりなので、
    石井さんのブログとても勉強になります。現場の大切さを痛感します。またよろしくお願いします^^

  3. かま | URL | -

    Re: 地下水位の測定。

    岩手では干ばつです。
    ダムの貯水率が37%を切り、計画断水に入りました。
    ネギは伸びが止まったままです。
    水をやりたいのですが、家庭用水道を使わなければなりません。
    先週に計画断水を言われて、2畝のネギ畑に2トン以上の水をネギ
    の畝間に入れましたがそれこそ焼け石に水です。
    田んぼも中干しに入りましたが、その後の水が不明です。
    新潟はいかがでしょうか?

  4. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます。

    【otoutoへ】
    コメントありがとう。

    失敗と発見の毎日、そして少しずつの成功。
    沢山失敗して、沢山成功できる様にがむばるよ!


    【おぐらさんへ】
    コメントありがとうございます。

    ご無沙汰してます!新潟も毎日暑いですよ~。
    私も未だに分からないことだらけです。

    一歩一歩学んでいきたいと思います(^-^)


    【かまさんへ】
    コメントありがとうございます。

    なんと!岩手は計画断水ですか!
    こちら新潟も、今年は梅雨とは思えないほど雨が少ないです。汗

    でも、明日からは徐々に前線が北上して
    こちらも梅雨らしい天気に突入する模様です。
    岩手もこれからが本格的な梅雨入りですかね。

    梅雨前線には作物にとって適度な雨をお願いしたいですね(^^ゞ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/1265-ea585674
この記事へのトラックバック