稲の分げつの経過観察。

2012年06月25日 22:32

稲は成長するに伴い、どんどん茎を増やす「分げつ」を
行いながら株を成長させていきます。

5月初旬の田植えの時には1株当たり3~4本程度の密度で
植え付けを行いますが、1ヶ月もすれば少しずつ株当たりの茎数が植えてきます。

※厳密には植え付けた稲の葉っぱに5枚目の葉が出てくると、その3枚下の葉の脇から
  新しい茎が出てきます。その後も新しい葉が伸びる度にその3枚下の葉から
  新しい茎が出てきます。


6月5日。
P6060034.jpg

P6060035.jpg


6月10日。
P6100045.jpg

P6100048.jpg


6月13日。
P6130070.jpg

P6130072.jpg


6月20日。
P6200112.jpg

P6200113.jpg
かなり茂ってきました。
この状態で1株当たり30本位の茎数があります。

このあともう少し茎数が増えていきますが、その後は稲株同士で光の競合等が起きて
増え過ぎた茎は枯れたり、十分な実を付けずに終わってしまいます。 
この増え過ぎて枯れちゃったりする茎を「無効分げつ」って言います。


農家的にはこの無効分げつを極力減らしたいので、
茎数を調整する技術が色々と存在するんです。

水を早くから切って株を絞る(余計な茎を増やさせない)方法があったり。
逆に、敢えて遅くまで稲に水を与えて増えた茎もしっかり太らせる方法もあったり。

収獲量・品質・作業環境など、色んな角度からみて農家さんそれぞれが育て方を
決めていく訳ですが、どれも一長一短があってホントに稲作ってのは奥が深いです。

ウチはというと、地域の慣行よりもちょっと水をあげる期間を引っ張って
茎の更なる充実を目指します。 収量もそうだけど、その方が米の品質も良くなるって考えから。

まだまだ稲作は親父の管轄ですが、
私ももっと経験を積んで早く稲の生育をちゃんと把握できる様にならねば。


次は稲の中干し~溝切りって作業についてご紹介の予定です。


=================================
ブログランキングに参加しております。
応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。
人気ブログランキングへ  ビジネスブログランキング
何卒、宜しくお願い致します。





コメント

  1. 継枝 | URL | -

    Re: 稲の分げつの経過観察。

    今年はなぜか茎数が多いウチの田んぼです。
    特に肥料を多くしたり、植え付け時の本数を多くしたわけではありません。
    なのに多い。やっぱ農業って分からないモンですね~。

    コレは僕の勝手な憶測ですが、種もみが、進化をしているのではないのか?って思ってます。近年、異常な気候が多く(夏のうだるような暑さ)正直、稲には過酷な状況なんじゃないか?なんておもったりもしましたが、なんてことはない、フツーに育ち、フツーに例年通りの収穫、収量を確保できたのです。そんな過酷な環境を生き抜いてきた種もみから作られているから、暑かろうが寒かろうがイケますよ!ってな感じで。だから分決げつもちゃんとしてるんじゃないかって。

    ひとめぼれはほぼ完成された品種なので、人的になにか手を加えるって事は殆ど無いと思われます。なので、私達の見えない、あの種もみの中で進化をしているのではないのか?と。

    まあ、推論ですが(笑)

  2. 砂糖 | URL | szTeXD76

    Re: 稲の分げつの経過観察。

    こんにちは。
    ウチの田んぼももうじき水を落すようですが、
    ハハァ~なるほどそういう意味があったのですか・・。
    全く知りませんでした(-_-;)

    勉強になります。

  3. anan | URL | -

    Re: 稲の分げつの経過観察。

    実家が農家です。

    休日なんて、ない職業ですよね。

    応援しています。

    楽しめてできることって大切ですね。

  4. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます。

    【継枝さんへ】
    コメントありがとうございます。

    稲の進化ですか。
    以前、全国的に猛暑が凄くて新潟県では特に
    品質の低下が起きた年は、翌年の種籾にも
    その影響が出て(ちょっと発芽が不ぞろいに)
    各指導機関から注意するようにお話がありました。

    その時、前年の気候・稲の生育が
    翌年の稲にも大きく影響を与えるんだなって事を感じました。

    なので、近年の異常気象を逞しく耐え抜いた米からは
    逞しい種籾が生まれ、翌年も逞しい稲が育つのではと。

    まさに進化なのかもしれないですね!


    【砂糖さんへ】
    コメントありがとうございます。

    中干しには本当に沢山の効果があるようです。
    この時期にしっかり地面を乾かす事で秋に
    コンバインなどの農機が田んぼに沈まずに作業出来る事も大きなメリットの様です。(地耐力の向上)

    中干しも奥が深いです(^^ゞ


    【ananさんへ】
    コメントありがとうございます。

    確かに農繁期は中々休めないですね。汗
    まだまだ自分が未熟なので農業で苦労する事が
    多いですが、今後もくじけずに楽しみながら
    頑張っていければと思います(^-^)

  5. しげさき | URL | -

    Re: 稲の分げつの経過観察。

    お疲れ様です。稲の生育順調のようですね。私も先日、田植えが終わったところです。50アール弱なのですぐ終わりましたけどね(笑)恥ずかしながら農家の息子に生まれながらあまり田んぼにタッチしたことがなく田植え機に乗り始めたのもここ2,3年です。稲の生理的な事なんかも航空防除の仕事に行き始めてから勉強した次第です。田んぼも奥が深いですよね。ところでこちら鹿児島はもう十日ばかり雨です・・・ネギ畑に入ることすら出来ません。今日なんか行く気にもならないくらい大雨です。本当に毎年大雨だと思って覚悟しておかないといけませんね。ネギが心配です

  6. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます。

    【しげさきさんへ】
    コメントありがとうございます。

    おお!そちらは先日田植え終了ですか。
    お疲れさまでした(^-^)九州と新潟では
    やはり田植えの時期も大きく変わりますね。

    大雨のニュース、私も心配しております。
    九州は台風の頃からもうずっとですよね・・・汗
    土砂災害なども発生している様ですので、
    どうか、お怪我をなさらないように・・・!

    こちらも7月に入ると大雨が来るんだろうと覚悟していますが、本当に年々天気が荒くなっている気がしますよね(T_T)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/1255-37f106f5
この記事へのトラックバック

まとめtyaiました【稲の分げつの経過観察。】

稲は成長するに伴い、どんどん茎を増やす「分げつ」を行いながら株を成長させていきます。5月初旬の田植えの時には1株当たり3~4本程度の密度で植え付けを行いますが、1ヶ月も...