深夜のテレビにカジリ付き!

2009年02月09日 12:44

2月9日(月)、 0:55~1:50。
私はTeNY(日本テレビ系)に釘付けでした。


■NNNドキュメント’09 「20ヘクタールの希望 木原美樹27歳「農」に生きる」

これを是が非でも見たくて。



あらすじはこんなです。
_____________________________

農業に情熱を燃やす女性、木原美樹さん(27)。
一昨年の春、祖父から20haの経営を任されました。

今、米農家の多くは赤字。
5ha以上なければ損益分岐を超えないといわれるます。

その厳しさを知った一年目、収入は1100万円。
しかし必要経費も1000万。

そんなある日、隣町の病院から「米を買いたい」と話が舞い込む。

世間では事故米や食品偽装が問題になっている中、
美樹さんは農薬を使い大量生産をしてきた祖父のやり方からの方向転換に悩む。

「患者さんのために安全で美味しい米を作りたい」、
「農協ではなく病院に直接卸せば収入も増える」と決意。

反対する家族を涙ながらに説得。
2年目、手探りの米作りが始まりました。
_____________________________
※NNNドキュメントHPより抜粋。


これ、見て本当に良かったです。
目頭が超熱くなりました。

主人公の木原さんは山口県で農業をされいて、
先代の考え方との摩擦、経営や栽培方法など様々な壁にぶつかる中で
葛藤しながらも常に前向きで、見ているこっちのモチベーションまで上がっちゃう人でした。



今、米農家の多くは赤字です。
米価が下がり続け、5ha以上の農地がなければ損益分岐を超えないと言われます。
つまり1年間5haもの田んぼをせっせと管理して「儲けなし」のトントンです。

更に、コンバイン・トラクター・田植え機などの機械は当然ながら
使っているうちに摩耗しやがて壊れます、今後の設備投資が必要です。
また、天候不順などに備えた貯えも必要です。

それらを考えて「米農家が継続できる農業経営には11~12ha程必要」
といった話もあります。

※参考に、東京ドームの広さが約4,7ha(ヘクタール)、
  2005年時点での米農家の平均作付け面積は0.96h(ヘクタール)だそうです。




ちなみに石井家の耕作面積は現在「6ヘクタール」。
継続的農業を営む為に、10代目による「石井家構造改革」は待ったなしです。


耕作面積の拡大、コストを下げて利益を最大に、
独自流通、「石井農園」のブランディングの為に日々精進・・・etc。
木原さん同様、生き残る為に出来る限りの努力をして行こうと思います。


木原さんの頑張りを見ながら、
同時に我が家の経営に置き換えて、深く考える夜でした。


最後に一句。
「夜更かしも、時に良いかな、でも太る」



※ちなみにNNNドキュメント’09 「20ヘクタールの希望 木原美樹27歳「農」に生きる」 は、
 スカパーで2月14日(土)24:00~に再放送するらしいです。
 
 バレンタインはチョコを片手に愛(あい)を語るのもいいけど、
 テレビを見ながら米(まい)について考えるのも悪くない!・・・はず!


各ブログランキング参加中!
banner2.gif  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1票のみ)。
ブログの励みになります! 何卒、何卒1票をくださいませ!




コメント

  1. まちカメ倶楽部 | URL | -

    思わす懐かしくなりました!

    僕は、農業を継ぐのが嫌で3年前に家出し、現在農業とかけ離れた事してます。
    でも石井さんのブログで農業のすばらしさを感じ、勇気をもらいました。
    今年は家に帰って田んぼの手伝いをしようと思います。

    感謝の意味を込めて「ポチ」

  2. ゆたかマン | URL | -

    テレビは

    全く見ない私ですが 先輩が見てて詳しく教えてくれました!聞いてるだけで感動したっす!我が農園も米がメインなので人事じゃないかんじです 周りの農家さんに頼まれて図らずも規模は拡大する一方のようです(+o+)まだたんぼの経験はないので先輩に遅れをとらないようがんばるっす!(かなり不安…)

  3. otouto | URL | -

    Re: 深夜のテレビにカジリ付き!

    ハワイ行ったら日本のご飯のおいしさを気づかせられたよ。
    カリフォルニア産のお米はまずいのなんのって。
    アメリカ人向けに改良されてるんだろうけどね。

    食の安全とか言ってるけどそれを実現する農家を取り巻く環境は恵まれたものじゃないし、生産効率を上げるために効率化・大規模経営を進めるのであれば質の低下も懸念されますね。

    高品質の食物だとか農業という生き方だとか、農業に求められるものは多いけどそれと経営を同時に成立させるのは難しいね。

    日本農政どうしていったらいいんでしょう(゜∀゜)

  4. 石井 | URL | -

    コメントありがとうございます!

    【まちカメ倶楽部さんへ】
    コメントありがとうございます。
    勇気とか・・・私はそんな大した人間でないです、
    そんなこと言われると嬉しくて照汗が染みだしてきます。笑

    私もサラリーマン時代、
    GWなどは同僚が旅行とか行ってる中、
    地元に戻って田植えをしていました。

    デスクワークと違ってたまの野良仕事は新鮮で、
    疲れる所か心身すっきり出来てリフレッシュ出来ました。

    まちカメ倶楽部さんも久しぶりのご実家の農作業は、
    きっと新鮮でいい気分転換になりますよ、頑張って下さい!


    【ゆたかマンさんへ】
    私もとても感動しました・・・!
    本当に稲作に関わるモノとしては、人ゴトじゃないですよね。

    ゆたかマンさんのところは沢山のスタッフさんがいる
    生産法人ですよね?
    担い手が少なくなている中、
    きっと近隣地域からの信頼は凄く大きいと思います。

    春からは一気に忙しくなるかと思いますが、
    お互い体を壊さないように頑張りましょうね!
    イイ米作りましょう!


    【otoutoへ】
    私もヨーロッパ言った時のお米はまずかった・・・汗。

    粘り気の強いお米を好む日本人は、
    世界中の米食文化からみたらのマイノリティーなんかね?
    インドはパラパラだし。

    確かに農業に求められるものは沢山あるけど、
    何よりもまず「継続可能な農業」が出来ないと話にならない。
    経済的に貧困では、決して産業として活性化出来ない。

    農政の改革して欲しい所は色々あるけど・・・・。

    世界的にみたら、
    日本の農業は政府からの保護が弱い反面、
    強い農家はしっかり儲けを出せている。

    農業を立て直すには政治だけじゃなくて、
    農家自身の意識改革・努力の部分も大きいだろうね。

    取り敢えず酒税法撤廃して私にどぶろくを作らせて欲しい。
    頼む。



コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/125-10ec0983
この記事へのトラックバック