ひっぱりくんの自作アタッチメントについて。

2012年05月27日 22:45

今日のお話は非常にニッチ。

農家の中でも「何それ?」って人が少なくないはず。
それくらいニッチな話だけど、共感出来る人には凄く刺さる話のハズ。

だから書きます。
「ひっぱりくんにチェーンポットが詰まるって悩みを解決するアタッチメントの話」を。
※しかも細かい補足なしで行きます。


私はネギの栽培で、チェーンポット育苗方法を用いております。
様々な株間のチェーンポットを活用する事で、ブロッコリーなどの
野菜をチェーンポットで栽培した事もあります。

そしてそのチェーンポットを定植する際に活躍するのがひっぱりくん。
P5230050_20120524224608.jpg
こいつは凄く良く出来た道具なんですが、株間の広いLP15チェーンポットを植え付ける時には
ロングピッチ対応の専用アタッチメントを付けていてもどうも目詰まりを起こしてしまい
スムーズに植え付けが出来ない事があります。(調子が悪いとLP10でも詰まります)


そんな悩みを先日、埼玉の先輩農家である上原さんのブログでグチった所、
「なら問題を解決できるアタッチメントを自作すればいんだよ!」と、ソッコーで
チェーンポットの目詰まりを解決するアタッチメントを自作してしまいました!

※上原さんのブログ「A-GYO農伝記」はこちら。
  チェーンポットの目詰まりとは何ぞや? その解決方法とは何ぞや?が、
  とても詳しく丁寧に写真付きで解説されております!
  

もう、超脱帽です。
上原さんすげー!



早速その上原式アタッチメントを参考に、自分も作ってみました。
コツは片側だけ曲げる事!
P5230051.jpg
ホームセンターに理想的な大きさの金網が無く、
ちょっと小さいアタッチメントになってしまいましたが、その効果は抜群でして!


LP10は勿論、LP15のチェーンポットでも一切目詰まりを起こすことなく
スムーズに苗が立ちあがり、キレイに植え付ける事が出来ました。
P5220047.jpg
改めて上原さんに感謝!
ありがとうございましたー!




ちなみに、上原式のアタッチメント以外にも
私はひっぱりくんにちょっとしたカスタムを施しております。

それは、植え付け~土寄せ部をやや開放的にすること。
P5230052.jpg
ひっぱりくんを持っている方はご存知と思いますが、
本来は土を中央に寄せる羽が二枚重ねで、もっと、こう、「ガッ!!」っと
土を掴んで押しつけるような形状をしております。

でも、それだとウチの転作田の様に耕土が荒い畑(土がゴロゴロしやすい)では
土の塊が羽に引っかかって、場合によってはチェーンポットを切ってしまったりします。

そこで、羽を1つ外して1枚にし、羽の角度も開き気味に調整してやることで
土の引っかかりを防げます。 土はそっと苗に寄せるだけ・・・的な。

土を抑える力はやや弱まりますが、後ろについてる鎮圧ローラーがあれば
特に問題なく苗の植え付け~活着は出来ていると感じます。


ちょっと説明が雑過ぎて分かりにくいかと思いますが、
耕土が荒くてひっぱりくんが思うように働かない・・・って人は是非お試しあれ!
※もちろん、土の荒さには限度がありますが(^^ゞ



=================================
ブログランキングに参加しております。
応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。
人気ブログランキングへ  ビジネスブログランキング
何卒、宜しくお願い致します。


コメント

  1. かま | URL | -

    Re: ひっぱりくんの自作アタッチメントについて。

    残念です。
    ひっぱるくんは農協で野菜農家の為に貸し出しており
    自前でない為に改造は禁止です。

  2. A-GYO | URL | -

    Re: ひっぱりくんの自作アタッチメントについて。

    記事にしてくれてどうもありがとう(笑)
    調子よさそうで良かったw

    土寄せ部分の改造、私もやってみようかな。
    あのままの羽の角度だと、土が寄り過ぎちゃって、若苗の枝豆が埋まるからさw(汗)

  3. さとう~ | URL | -

    Re: ひっぱりくんの自作アタッチメントについて。

    羽を一枚外すとは、鎮圧ローラーも1つになってしまうのでしょうか??

    もう全部植えてしまったので、どっかから苗ひぱってきて実験します!!

    ロングチェーンポットは色々検討した結果、採用してないので前半はあまり実感ありません(笑

    それはさておき、この写真のごろごろ具合で、初期の雑草管理、削り込みの方針が気になる所です(><)

  4. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます。

    【かまさんへ】
    コメントありがとうございます。

    農協さんからのレンタルだと、羽の改造は出来ないですね
    (^^ゞ
    ※折り曲げて変形させてしまう為。

    私も以前農協さんからひっぱりくんを借りて定植していたのですが、改造の問題や適期の借用が出来ないリスクを考えて自前で買いました。(けっこう高いんですよね。汗)

    例えばですが、農機具屋さん経由で引っ張りくんの
    羽(大きいほうの一対のみ)だけ買う事が出来れば、
    自分が使う時だけ付け替えて使用する事が出来るかも。
    ※羽部分だけが販売されているかが怪しいですが(^^ゞ


    【A-GYOさんへ】
    コメントありがとうございます。

    ざっくりとした記事ではありますが、
    私もひっぱりくんのアタッチメントの事を
    紹介させて頂きました!ありがとうございました(^-^)

    そうなんですよね。
    初期設定の角度だとかなり土が掛かるんですよね。
    羽部分は結構固くて、角度の修正にはプライヤーが
    必要なんですが、少し開いてやるだけでかなり植え付けが
    楽になったように思います(^-^)


    【さとう~さんへ】
    コメントありがとうございます。

    羽についてですが、片側を外すのではなく
    大と小が二枚重ねになっている部分を一枚にするのです。
    ※大きい方を残します。

    なので鎮圧ローラーは両方とも残します(^-^)
    そして羽の角度を開きめに修正します。

    是非お試しくださいませ~!

    初期の除草管理はゴーゴーサンを使用します。
    土が荒いので効果が不安ですが。汗
     
    最初の削り込みについてですが、苗の太りを待ってからマメトラのV4(古い管理機)にドラムロータリーを
    逆回転に付けた状態で少しずつ削っていきます。
    ※除草を兼ねた中耕の時も、ドラムロータリーを使います。

    こうすると、土はあまり沢山落ちずに
    雑草をかき取る事が出来ます(^-^)

     





コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/1240-76c8866b
この記事へのトラックバック

まとめtyaiました【ひっぱりくんの自作アタッチメントについて。】

今日のお話は非常にニッチ。農家の中でも「何それ?」って人が少なくないはず。それくらいニッチな話だけど、共感出来る人には凄く刺さる話のハズ。だから書きます。「ひっぱりくん...