明渠(めいきょ)の手直し。

2012年05月10日 05:26

田植えが無事に終わり、次はネギの定植を一気に進めたい所なんですが
なかなか土が乾いてくれず作業が進みません。汗

今の定植進捗率は20/160アールでして、まだ大半が残っております。
苗も既に定植適期を迎えているので早く植えたい・・・・!汗


と、焦ってばかりいてもしょうがないので
気持ちを切り替えて作業にあたっております。


先日の雨で圃場内の排水の悪個所や明渠(めいきょって読みます。畑の排水路の事です)で
水が停滞する所を確認したので今後の雨に備えて手直しを行っています。
P5070183.jpg
昨年は失神しそうなほどの湿害をネギに与えてしまいました。
その教訓を胸に、2012年は湿害に負けない!


とにかく排水の徹底。
転作田である自分の畑はどうにも地下浸透が少ないので、
とにかく地表面排水の強化を行います。

具体的には、めいきょの深化、
※農家さんによっては重機を使って40センチ程度の深さまで掘る方もおります。
 確かに、ネギの地下水位は40センチ以下が理想って本で読んだことがあるので
 その位排水路の深さが理想なのかも。

明渠の増設、
※一年目の転作田など特に排水の悪い圃場では 
  畑中央部にも排水用の溝を掘ります。

定植溝とめいきょの直結、梅雨前の畝割の徹底・・・etc。
※とにかく地表面排水の高速化を。
 溜まった水がスグに横に、下にと流れていけるようにしっかりと水道を
 確保したいと思います。



そしてそれでも箇所によって湿害が出てしまった際には、
生育促進資材(亜リン酸液肥など)で根の再生に努めます。


現在も、太平洋側では大雨が続いているようです。
新潟は今はさほど空は荒れていませんが、6~8月頃には絶対に
一度は24時間雨量で200~300ミリ位の雨が降ると覚悟しています。

それだけの雨が降る事を考えながら、
今から排水の整備をしていきたいと思います。


=================================
ブログランキングに参加しております。
応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。
人気ブログランキングへ  ビジネスブログランキング
何卒、宜しくお願い致します。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/1230-48f16df0
    この記事へのトラックバック

    まとめtyaiました【明渠(めいきょ)の手直し。】

    田植えが無事に終わり、次はネギの定植を一気に進めたい所なんですがなかなか土が乾いてくれず作業が進みません。汗今の定植進捗率は20/160アールでして、まだ大半が残っております。苗も既に定植適期を迎えているので早く植えたい・・・・!汗と、焦ってばかりいて?...