トラクターのアタッチメント交換は未だに不安。

2012年04月22日 22:35

ある日の作業風景の一コマです。
P4120031.jpg
トラクターのアタッチメントをロータリー(土を耕す機械)から
溝掘り機に付け替えている所です。

いやー、ほんとね。

我ながら情けないけども・・・・

外し~取り付けに1時間半掛かりました。

場所が場所ならげんこつもんですわ!



春先は色んな作業が同時進行的に襲ってくるので、
ロータリー・畔塗り機・溝掘り機、整地キャリア・ハロー・・・
といった様々な作業アタッチメントをトラクターにとっかえひっかえします。

中にはレバー1本の操作でワンタッチで脱着できる
素晴らしいアタッチメントもあるのですが、ウチの場合は取り付け部分を
微調整しながら手作業で連結していく機械が多いのであります。


しっかしトラクターのアタッチメントってのは何でこう重たいのか。
ちょっとした機械でも100キロ以上、重たいものは200キロ以上ありまして
その取扱は非常に大変であります。

また取り付け・取り外し時に調整する部品それぞれも重い。
高負荷に耐える為の強度を求めたら鋼が沢山必要になるのも分かる。分かるよ。
だけどいちいち取扱いに腕力が必要なのは非力な私としては結構辛い。
※変な角度で取り付けが必要なジョイントとか・・・腕がプルプルするわ!
  

そして作業機の交換には色んな危険も伴うので精神も擦り減るのです。

自分が怪我に会わないように気を付けるのは勿論ですが、
取り付けの位置(高さ・長さなど)や緩み遊びなどの調整具合を間違えると
トラクター本体や作業機・連結部分をぶっ壊す事になるのでマジでおっかねー訳です。

はい、ここで農業機械川柳ー。

「不注意で ぽんと札束 飛んでいく」 

ガクブルガクブル!!


トラクターの作業機交換は慎重に行いましょう。
※私はもっと早く出来るように頑張ります。汗

=================================
ブログランキングに参加しております。
応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。
人気ブログランキングへ  ビジネスブログランキング
何卒、宜しくお願い致します。



コメント

  1. simo | URL | lnxCFBVM

    Re: トラクターのアタッチメント交換は未だに不安。

    お疲れ様でした
    アタッチメントを取り替えるのは本当にひと仕事ですね
    私も旦那を手伝って取り付けをしますが機械によって全然違うから毎回試行錯誤です

  2. オーシマ | URL | -

    Re: トラクターのアタッチメント交換は未だに不安。

    取りつけ交換もそうですけど
    先日、ある方が作業中にドライブシャフトのジョイント部分が
    ポキッと折れる事件があったので
    グリスアップもお忘れなく!!です
    (ドライブシャフト自体も重いから大変ですね)

  3. L | URL | LkZag.iM

    Re: トラクターのアタッチメント交換は未だに不安。

    ブログ書いてる本人が作業中でいつも誰が写真を撮ってるのでしょうか。

    オーシマさん
    やはりドライブシャフトが壊れることがあるんですね。
    うちでも壊れたのですが、まさかあんな摩耗して使う部分なのに壊れるはずがないと思っていたのですが、他の方も壊れているとしょうがないのかなと思いますね。
    ちなみに、うちのはフォードです。

  4. otouto | URL | -

    農業機械はほんとに今のこれが最適?と思うよね。

    すじまきにせよ田植にせよ稲刈りにせよ、人間が宇宙に行くような時代にこのやり方でほんとにいいんか?と。

    大多数の兼業農家が使い易いように作られているとか、
    基本的に『今農業してる人たちの助力になるように』やるから作業方法の根本的な変換には向かっていないとか、
    日本では、そもそも作業時間軽減できる直播機械とかコンバインに代わる省力省時間の稲刈り機を開発して~…って必要性が薄い農政(そんなことしなくても補助金で農家が助かっちゃう農政)が出来上がってしまっているとか、
    メーカーは技術を小出しにして段階的に儲けてるんじゃ?とか、

    無知なりに色々勘繰っちゃうほど農業は手作業とか時間かかるな~とかこんな機械あればいいなってことが多いよね。

  5. オーシマ | URL | -

    Re: トラクターのアタッチメント交換は未だに不安。

    Lさん

    ドライブシャフトは金属同士が噛みあって、大きな力を出す為
    グリスやオイルが無いと焼きついてしまいます
    金属は焼き付きが入ると固く&もろくなって、折れやすくなる為
    トラクターに限らず、他の機械もシーズンオフには
    動く部分全て潤滑油、
    グリスニップル部にはグリスをするだけでも機械の寿命はだいぶ違って来ますよ

  6. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます。

    【simoさんへ】
    コメントありがとうございます。

    そうなんですよ!
    機械によって角度やシャフトをいちいち交換
    しないといけないのは非常に辛いですよね。

    取り付けてから「あ、これだとぶつかる!汗」って
    気付いて調整のし直しとか非常に凹みます。涙


    【オーシマさんへ】
    コメントありがとうございます。

    私も以前シャフトを折りかけた事がありました。汗
    (作業機を上げるとシャフトがぶつかってて・・・)

    以前、ウチの親父はシャフトの取り付けで
    ぎっくり腰をやりました。
    あの重さ、あの体勢で中々動力軸にシャフトが
    ハマらない時は、腕をプルプル震わせながら
    発狂しそうになります(^^ゞ


    【Lさんへ】
    コメントありがとうございます。

    写真は一緒に作業している家族に撮って貰う事もあるのですが、基本的に1人で作業している事が殆どなので
    セルフタイマー機能を使っております。

    なので、カメラをセットして作業に戻って・・・
    でまた写真を確認して(たまに全然撮れてない事  
    もあるので。汗)・・・と、傍から見たら何遊んでん
    だあいつは!っつー状態で写真を撮ってます(^^ゞ


    【otoutoへ】
    コメントありがとう。

    うーむ、実際作ろうと思えば
    色々作れるんではないだろうか?

    大企業の製造ラインなんて、とても複雑な作業を
    こなす作業機をそれ専用でオーダーメイド製造していたりするんだから、製作所とかが本気出せばずっと効率的で省力化が実現できる農業機械は出来ると思う。

    例えば果樹や野菜栽培なんかは未だ手作業に頼る部分が
    凄く多いから驚異的な省力化になるやもしれない。

    でも、それだけの投資に見合う生産規模を個々の経営体が持てない現状ってのが、作業機の発展を妨げているんではないだろうかね?
     



  7. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます。

    【オーシマさんへ】
    コメントありがとうございます!
    ドライブシャフトとグリス・オイルのお話は
    凄く勉強になります。

    農業機械のメンテナンスも農家の大事な仕事ですよね。
    私ももっと詳しくならないと(^^ゞ

  8. neon | URL | 8gA2K1so

    Re: トラクターのアタッチメント交換は未だに不安。

    はじめまして、

    こちらでもアタッチメント脱着苦労してますが
    早く装着して調整できたらいいのですが
    まずは、安全確保が一番ですね!

    昨日もマルチャー装着で腕はプルプル足腰ガクガク状態でしたよ。

    各部の給脂これをするとしないとではぜんぜん違います。

  9. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます。

    【neonさんへ】
    コメントありがとうございます。

    たしかに、優先すべきは安全ですよね。
    焦って事故を起こすのが一番危険です。

    複雑な姿勢で取り付けを行わなければならない
    機械(部品)も多く、体がツリそうになりますよね(^^ゞ

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/1214-de6f72c4
この記事へのトラックバック