ネギの元肥一発肥料についてのお話。

2012年03月30日 06:30

昨年の秋くらいにちょっと書いたままお蔵入りになっていた記事を、
今更ながら思い出してアップしております。 

今日はネギ栽培での肥料のお話。
※ネギ農家さん以外はあまり興味を持てない内容かも。汗


作物を栽培する時、基本は「元肥」と「追肥」を行います。

元肥とは作物を植え付ける前に土に混ぜておく肥料の事で、
追肥とは作物の成長途中で養分を補充する為に与える肥料です。

ネギも往々にして元肥を施し、追肥を行いながら育てるやり方が多いのですが、
私は一昨年から元肥を入れずにネギを育てています。
※pH調整・リン酸の有効利用の為に苦土石灰のみ事前に施してます。

なぜならば、土に含ませた多くの肥料(元肥)は
無駄になってしまうのではないかと思うからです。

肥料は植物に吸収されなくても、雨による流亡や空気中への揮発などで徐々に消えていきます。
※土の条件(塩基置換容量(CEC))が良くても、施した肥料の
 作物への有効利用率は確か50%程度って話を以前聞いた様な・・・。

だから私は、ネギを植え付けた後にネギの根本(根圏)に必要な分だけ肥料を与えてやります。
P6190155.jpg
植え付け当初は苗も小さいので、ちょろっと程度にパラパラと。


追肥の際もしかり、根の周囲に必要な分だけ。
P6190156.jpg
ネギは生育期間が長い(半年、作型によっては一年近く掛かります)ので、
土寄せと合わせて収穫までに何度も追肥を行います。

昨今の肥料高騰は結構ばかにならない状態ですので
少しでも資材、コストを節約したいところです。

追肥も溝施肥にすることによって施肥量を2~3割くらい減らせるはず。
※って、なんかの資料で読みました。


そして昨年、次なる挑戦として
「長期肥効タイプ(元肥え一発)」を試験的に一部エリアで導入しました。
P6150143.jpg
写真は農協さんの一発肥料。

これらの一発タイプと言われるものは、
肥料を樹脂などでコーティングすることで肥料の溶けだす期間を調節し、
長期に渡って養分を供給するので追肥作業が省けて省力化できるというしろものです。

この一発肥料の場合、肥効期間は140日。
P6150145.jpg
一袋当たりの単価はちょっと高くなりますが、
作業時間をコストで換算すればメリットも大きいのかなと思います。

そして、この元肥え一発タイプの肥料についても溝施肥をすることで
肥料を少なく抑えられるぜ。って試験データがございます。 こちら

おおー、これならコストも抑えられて万々歳ではないか!

と思ったのですが、この技術を実際に試された方を探してだして話を聞いた所
「大雨が降ると溝部の肥料が一気に溶出して根に障害が出た」ってお話が。

ふーむ、コーティングされた肥効調節型といえど、やはり根本に集中して
全量施肥をするとそういうリスクが起きるようです。
※特に長雨・大雨が降った年や、排水が悪くて水たまりができる圃場だと顕著に表れるそうです。

なので一般的な使用方法とされる全層施肥(一発肥料を全体の土に混ぜて使う方法)で
試験栽培を行いました。


結果としては、一発区は追肥区と比べて非常に安定した生育を見せました。
また、特徴的な結果として一発区では軟腐病の発生が極めて少なかったです。

生育差については、昨年の初夏等は降雨が少なく、
既存の追肥区では土が乾燥した表層に肥料が多く分布し
十分に根に吸収されなかったのではないかと考えます。

それに比べ、一定の深さの土中(水分も安定している)にも
肥料分が持続して補給されている一発区では十分に根っこに吸収利用されたのかなと。

また、軟腐病の発生差についてもこの肥料濃度の影響があるのではないかと。
軟ぷ病の発生原因には幾つかの要因がありますが、その一つに高温期の窒素過多があります。
暑くてネギが弱っている時期に肥料を与えるとストレスになって病気を呼ぶって事です。

その点について、一発区では追肥を行わない事から肥料濃度の波が無く(ネギにストレスを掛けない)、
高温期にも必要最低限の窒素を供給する事で病気を抑えて夏を乗り越えられたのではないかと。
※その後秋めいて気温が下がってきたら作型によっては追肥を行う事で
 一発肥料の肥効切れリスクも解消できます。


それらの結果から、私はネギ栽培における一発肥料に手応えを感じました。
なので今年は試験区の範囲を広げ(30aに)、さらに一発元肥タイプの
様子を観察して行きたいと思います。

ちなみに、あるメーカーさんの話では
肥料持ちの良くない圃場(例えば砂質の畑など)では、一発肥料の肥効期間が
短くなることから、あまり評判が良くなくて普及が進んでいないようです。

一発元肥と追肥方法を比べた時の評価の優劣は、土壌によっても大きく結果が
異なる可能性があるようです。  


=================================
ブログランキングに参加しております。
応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。
人気ブログランキングへ  ビジネスブログランキング
何卒、宜しくお願い致します。





コメント

  1. かぼす | URL | -

    ブログ拝見させていただきました。元肥、追肥、一発肥料…軟腐病!懐かしい単語が!結婚する以前九州で農業資材店に勤めていました。
    やはり、肥料を施すにも気候や土地柄によって使い分ける必要があるんだなと改めて思いました。

  2. hyoukou240m | URL | sUsRpJB.

    Re: ネギの元肥一発肥料についてのお話。

    おはようございます。

    私の少ない経験ですが、
    2年前は、コスト重視で最初はNPK(14-14-14)を使った後、後半は硫安を使いました。(いずれも溝施用)
    その結果は、品種によって、固い物が出来てしまいました。
    後日、最後の追肥に硫安を使うと硬くなるとの情報を得ました。

    で、昨年は品質重視で、一発型肥料を溝にまき、1輪管理機で軽く耕耘した後で定植しました。
    結果は、特に育成初期の発育が良かったと思います。
    でも、後半で追肥が必要となり、コストがかなりかかってしまいました。

    今年は、過去2年の間をとって、追肥を覚悟し、70日程度の肥効を持つ比較的安価な肥料を育成初期に使っています。
    どうも、育成初期に肥効が切れないことがポイントではないかと考えています。

  3. かぼす | URL | -

    ネギについて

    なるほどですね!
    葉ものは…Nを施しすぎると固くなったり、苦味がでたりすると聞いたことがあります。
    試行錯誤されてるんですね。今年は良いものができるといいですね!
    新潟は涼しいから害虫とかはつきにくい ですか?

  4. otouto | URL | -

    Re: ネギの元肥一発肥料についてのお話。

    ネギは肥料食いなんでしたっけ。
    今のネギは品種改良の過程でおいしさやらなんやらを得た代わりに肥料がないと育たないようになったということでしょうか。
    大豆大豆!大豆植えようよw
    根粒菌が窒素足りなければ窒素固定してくれるし、過多ならしないし、窒素量を調節してくれるよ!

  5. Re: ネギの元肥一発肥料についてのお話。

    お久しぶりです。

    畑の条件や天候に左右されやすいんですね。
    農業は楽はできないですね(^O^)/

    10a当たり合計どのくらいの肥料を使うんですか?

  6. かぼす | URL | -

    ねぎについて

    ネギって肥料沢山いるんですかね?一反どのくらい肥料必要なんでしょうね。
    マメ科植物の根には根粒菌がいて窒素を固定してくれるんでしたっけ?昔習った気がします!

  7. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます。

    【かぼすさんへ】
    コメントありがとうございます。

    新潟県の中でも砂丘地域やそれ以外の地域で
    使用している肥料の種類も変わってきます。
    土質が変ると肥培体系が大きく変化しますね。

    ネギの肥料についてですが、こちらの栽培指針では
    概ねN成分で28キロ程度です。
    (作型や使う肥料によって多少増減しますが)

    病害虫についてはこちらもやっぱり出ますね(^^ゞ
    関東よりは涼しいかもですが、やはり夏は暑くて
    軟ぷ病も良く発生します。


    【hyoukou240mさんへ】
    コメントありがとうございます。

    確かに、一発肥料を使って後半(越夏後)に
    追肥を行うとコスト的には結構高くついてしまいますよね(^^ゞ

    初期生育の確保は私も非常に重要だと思います。
    特に初夏取りなどの作型では少しでも早く育って貰いたいですもんね。

    コストと肥効期間のバランスを考えた施肥体系を
    私も構築していきたいと思います<m(__)m>!


    【otuotoへ】
    コメントありがとう。

    ねぎっていうか、ユリ科の野菜全体が結構肥料食いかもね。そして肥料以上に光を強く欲するよ。
    ※肥料が少ないより光の競合(密植とかね)が起きた
     方が収量がすくなくなるのです。

    根粒菌は土地を肥やす意味で有用だよね。
    だけど大豆のローテーション組むなら冬キャベツ前に
    枝豆を入れるか、マメ科の緑肥をかませる方がいいかな。

    名前忘れたけど根だけでなく茎でも窒素固定を行う緑肥もあるんだってさ。


    【marukomeさんへ】
    コメントありがとうございます。

    肥料は土にどれだけ保持されるか(ECとか)、
    肥料がどれだけゆっくり溶けだすか、
    どれだけ流亡するか(雨、気化)など
    色んな視点から考える必要があるらしいです。

    肥料も安くないので、なるべく有効に利用出来るように使いたいですよね。

    ネギの必要肥料は窒素で10a当たり28キロ程度です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/1190-211d9420
この記事へのトラックバック