話題のお米を食べてみました。

2012年03月23日 23:19

先日、西友で中国のお米が販売されるというニュースが
メディアで取り上げられておりました。

当然ながら一米農家として話題のお米がどの様なものか、
是非食べてみたいと思ったわけです。 

しかし、そのお米の販売は関東限定。
新潟では売っていない・・・!

そしたら、丁度埼玉の実家へ帰省していた妻がお土産に買ってきてくれました。
P3200048.jpg
おおー!これが中国吉林米!

お米は日本に渡ってきてから国内で精米されているそうです。
パッケージにはお米の流通や農薬検査体制等が丁寧に記載されておりました。

お米の品種はパッケージからは分かりませんでしたが(複数原料米の表記のみ)、
粒の外観を見た所、粒が大きく、ふっくらとしていて丸みがある印象でした。


早速炊いてみました。
DSC_0029_20120323221207.jpg
うーむ、艶っぽさはちょっと少ないかな。


食べた感想としては・・・
DSC_0038.jpg
あまり粘りが少なくてポロポロとした食感です。 

これは好みが分かれる所だと思うけれど、コシヒカリとかある程度
粘りのあるお米を食べ慣れている人は結構違和感を感じるかも。
ちなみに私はこの時、「これなら目をつぶって食べても分かる」
と思いました。




しかし、後日談がありまして。



中国米を食べた数日後、妻がハヤシライスを作ってくれまして、
「~ライス」と名のつく料理(カレーとか、オムとか)が大好きな私は
旨い!旨い!と大喜びでスプーンを振り回しておりました。

一皿目を食べ終わりかけたその時、妻の口から出た言葉は
「今日のお米、どれを炊いたか分かる?」と。

私は妻から言われる迄お米の違いに全く気付きませんでした。
そうです、その日のお米は中国米でありました。


つまり、~ライス系の料理やどんぶり系、それ以外にも
チャーハンなどの用途に使う場合には国産米と比べても
結構自然に食べる事が出来ると思われます。


そしてネットで中国米への評価を述べているサイトを幾つか覗いてみたのですが、
「国産米と変わらない」、「艶も味も食感もイマイチ」「料理によっては相性がいい」など
サイトによってその評価はまちまちでした。

ちなみに、肝心のお米の売行きはと言いますと・・・かなり売れているそうです。
価格面では国産米に比べかなり抑えられていて、そこに話題性もプラスされている為か
売切・入荷待ちの店舗が多いそうです。



これが一過性のブームで終わるのか、それとも低価格志向を追い風に
一般的な選択肢として定着していくのか。

ミニマム・アクセスやTPPなど米を取り巻く貿易環境の今後も含めて
どうなっていくのか注目していきたいと思います。


=================================
ブログランキングに参加しております。
応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。
人気ブログランキングへ  ビジネスブログランキング
何卒、宜しくお願い致します。




PS

妻のお土産がもう一つ。
なんと、タイのジャスミン米も買ってきてくれました。
P3200052.jpg
こちらに関しては米の外観からしてかなり違います。

タイ米は日本の米と違って、パラパラとした食感を活かす様に
調理して食べる事が大事であると聞きました。
(タイ米の本来の魅力を活かす)

お米の炊き方についても、「炊く」というより「茹でる」方が美味しく出来るとか。
※大きな鍋でパスタの様に茹でると美味しく仕上がるらしいです。

次はこのお米を味わって食べてみたいと思います。
今から楽しみです。




コメント

  1. A-GYO | URL | -

    Re: 話題のお米を食べてみました。

    話題になってた中国米、初めてみました!
    これだけ話題になると、売れても売れなくてもTPP推進のネタにされそうですね。

    売れる→「消費者が求めている!需要があるから関税撤廃してさらに安価で消費者に届けるべき!それが国民のためだ!」

    売れない→「消費者は外国産米より国産米を選ぶ!だから例え関税撤廃しても国産米には影響ない!関税撤廃しても大丈夫!」

    ・・・って推進派は言いそうw
    むしろそれ狙って、ワザと話題になるように仕掛けているのかもしれませんねw

    ちなみにジャスミン米(長粒米系)は「茹でて」からチャーハンにすると美味しいですよ♪

  2. 浜本 | URL | -

    Re: 話題のお米を食べてみました。

    う~ん、色々と考えさせられる記事ですね、私は昨日のニュースでこのことを知りましたが、17年前の「タイ米騒動」を思い出します。当時は冷夏長雨のためほんとに米が出来なくて時の政権(細川政権)はやむなく外国から米を輸入しました(そのあたりは9代目
    お父様がお詳しいかと)。当然我が家は前年産の米がめ~一杯残ってましたから(30kg玄米が20袋ほど)親戚中に無料で配りました、当時30kg玄米1袋が20.000円で売買されてましたよ(恐ろしや)。
    さて、今回の外国産米はちょっと様子が違います、何か一過性ではないような予感がします。ギョーザ事件のようなことがない限りすんなりと受け入れてしまいそうな感じがします、国産米を捨てるとどうなるか国民の良識を期待したいところですね。

  3. otouto | URL | -

    浅川さんの本で読んだんだけどさ、日本人が好む短粒種でモチモチしたお米って世界の中じゃ超ニッチなんだってね。
    政府が平成の米騒動のとき輸入したのは、日本人の口に合わない長粒種。まだ短粒種を輸入できたにも関わらず(確か)
    詳しいこと知らないからなんとも言えないけどさ、政府の作為的なもの感じるよね。

  4. 太田 | URL | -

    Re: 話題のお米を食べてみました。

    わたしは、米は作ってません。

    同じ農家として、いくら高くてもなっても日本のお米を食べようと思っています!!

    お互い厳しくなるかもしれませんが、がんばっていきましょう!!

  5. あじ | URL | -

    Re: 話題のお米を食べてみました。

    お久しぶりでございます!
    まだ、そのお米に出会った事はありません。。。
    私的には、お米、水、トイレットペーパーは良いものを選ぶ様にしています(笑)
    おっしゃる様に、そのお国の料理にはそのお国のお米が合うのかもしれませんね!
    因みに「ゆめぴりか」は美味しいと思います!

  6. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます。

    【A-GYOさんへ】
    コメントありがとうございます。

    この中国産米の売行きをどの様にメディアが
    受け取るのか、今後の報道にも注目したいですね。

    やはりジャスミン米は茹でると美味しいのですね!
    私も茹でてチャーハンにしてみたいと思います(^-^)


    【浜本さんへ】
    コメントありがとうございます。

    17年前の米騒動の時、私はまだ小学生でした。
    学校給食でパンや麺が増えた様な覚えがあります。

    今回の中国米、すんなりと定着するのでしょうか。
    一度食べた人達が、どの程度リピーターになるのかが
    気になる所です・・・うーむ。汗


    【otutoへ】
    コメントありがとう。

    私も農業経営者のコラムか何かで
    日本の米は超ニッチだって知ったよ。
    確かに、収量とかも考えれば日本の様な米は
    世界的には生産の主流にならんよね。

    米騒動の時は短粒種を輸入しなかった事もあるけど、
    長粒種の美味しい調理法を普及・広報しなかった事にも
    問題があったのではと思うよ。

    色んな事情があったのかね。


    【大田さんへ】
    コメントありがとうございます。

    国産のお米を食べ続けたいと言って貰える事は
    凄く嬉しいです。ありがとうございます(^-^)

    ただ、私達米農家もそれに甘んじることなく
    国産米(自分の米)を選んでもらえる為の努力を
    していかねばと思います。

    お互い、頑張っていきましょうね!


    【あじさんへ】
    コメントありがとうございます。

    お米、水、トイレットペーパー・・・大事ですね!
    私も良い紙を使っていきたいと思います。笑

    >そのお国の料理にはそのお国のお米が合うのかも
    そうなんですよね。
    中国に旅行にいって本場のチャーハンを食べた友人は
    とてもお米を美味しく感じたと言っていました。

    和食なら国産米、中華やカレーにはアジアの
    他国産米・・・とかの住み分けもひょっとしたら
    今後あるのかもしれませんね。

    ゆめぴりか、おいしいお米ですよね!
    個人的には新しい銘柄米だと、つや姫もとっても
    美味しく感じました。

    今後も、国産米の美味しい品種が
    どんどん増える事を願いたいですね(^-^)





コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/1183-fc67bdde
この記事へのトラックバック