水路掃除!

2009年02月03日 13:04

いきなりですが!

この広い越後平野を「ひとりの人間」とするならば、
一つ一つの田んぼは、まさに細胞であります。

体の中心には大動脈である「信濃川」が雄大に流れ、
山々から流れてくる熱い血潮・・・いや、冷たい雪解け水を
血管という主要用水路に流していきます。

そして、その水は田んぼを張り巡る毛細血管へ流れて行き、
一つ一つの細胞を潤わせ命を育みます。


で、これがその毛細血管なる用水路です。

P2020130.jpg


米農家なのに、最近お米以外の記事ばっかり書いてました。
が! 春が近づいてくるといよいよお米の作業が増えてきます。

最近は田んぼのメンテナンス。
用水掘り、畦塗(あぜぬり)なる作業を行っております。



人間も春暖かくなると血流が増加し、
冬の間に血管に出来た血栓がはがれて毛細血管に詰まり易くなるそうです。
あわわ・・・。

なので水分補給や血栓を防ぐ食べ物(ネギとかの野菜)を
しっかり食べると良いそうです。


田んぼも、ちゃんと水が流れる様に
春までにしっかりメンテナンスする事が肝要でございます。

で、ヒーコラセ、エンヤ―コラセ、スットコドッコイコーラセ
って用水路に溜まった土を掘り上げていきます。

P2020128.jpg

「わぁー大変そー 汗」
って思いますか?

ハハハ、実はこれがまた・・・・・・めっさ大変です。
しかも先がすんげー長いのです。


なので、バテないように少しずつ、
有酸素運動の領域で進めて行きます。

決して思いっきりスコップを突き刺して
「ふんぬらばっ!!」なんつって、
どこかのラインマンみたいに力を込めてはなりません。

腰が幾つあっても足りません。


春までに血栓だけじゃなくて
余分な脂肪も溶かす覚悟で寛容に進めることが肝要です。
※下らないダジャレばかりですいません。



同時にこの掘り返した土で脆くなった畦を補強したり、
取水口を補強したりします。

P2020131.jpg

春になるとパイプが見える方が川になります。

でこれは、L字のパイプを倒すと水が田んぼに流れて、
パイプを縦に起こすと水が止まるって仕組みです。

土台をしっかり固めとかないと崩壊します。


圃場改良された地域では、コンクリートのU字構などで整備されているので
土や泥でエッチラオッチラする事もないのですが、
ここら辺の地域は昔と変わらぬ土用水です。



なので春になるとネズミが畦にトンネルを掘ったり、
ザリガニがトンネルを掘ったりして畦を破壊します。

お前らは大脱走のダニーとウィリーか!っつー話です。



ちなみにこちらは以前にも一度ご紹介した事のある、
主要な用水路。

P2020127.jpg

ここから細い用水路に水が流れて行きます。

細い用水路は隣接する田んぼの農家が各自で管理するんだけど、
この大きな用水路は近所の農家さんで協力して一気に泥上げするのです。


その時は私も若集として参加します。

共同の農作業イベントとしては初陣です。
初陣でしっかりと功を立てるために、今からしっかり体を作っておきます。

目指せ、屈強な体!
目指せ、スコップマシーン!



※ちなみに、ヴァームとプロテインを一緒に飲みながら作業したら、
 一気に痩せマッチョになるのでしょうか!?
 やったことある方いたら、是非教えて下さいませ。
 

各ブログランキング参加中!
banner2.gif  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1票のみ)。
ブログの励みになります! 何卒、何卒1票をくださいませ!




コメント

  1. panda | URL | -

    Re: 水路掃除!

    畦畔やら水路やらのメンテナンスって
    早くから始まるんですね。
    なるほど~

  2. 訪問者axe | URL | JNrjWVGA

    うちも農家だった

    ガンバレ!
    応援ポチっ☆

  3. 石井 | URL | -

    コメントありがとうございます!

    【pandaさんへ】
    ウチは近所の農家さんよりも多分スタートが早いですね。
    米農家の農閑期は割と作業が少ないからってのもあるんですが、
    天気が崩れると作業が出来ないので今から晴れた日に少しづつ
    進めていきます。
    春になると、また新たに秋冬用のネギの種蒔きも
    控えているので。汗

    【axeさんへ】
    コメントありがとうございます!
    axeさんは元農家だったんですね。
    私の周りでも農家さんが減ってきています。
    私は数少ない専業農家として、
    行ける所まで頑張っていきますので
    是非、今後も見守って下さいませ!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/118-427e43b5
この記事へのトラックバック