ネギ種まきの為の、播種板作り。

2012年02月18日 22:03

現在ネギの種まきに励んでいるのですが、種まき作業を省力化する為に
「播種板」なるものを使います。

これは、枠の底に種の大きさに合わせた穴が空いたアクリル板があって、
一度に沢山の種を撒けるって代物です。  ※播種板の詳しい説明はこちら。
P2120048.jpg
写真には二つの播種板が写っておりますが、
右の木枠の播種板はコート種子用に去年自作した播種板です。
そして左のはメーカー(ニッテン)製の生種用の播種板です。


コート種子(まき易い様にコーティングされた種)はとても扱い易く、
作業も早いし播種精度(きっちり粒数が揃う)も高いのですが「お値段」も高い。

一方、生種(コーティングされてないありのままの種)は
形がいびつで扱いにくいのですが、コストはコート種子の半分以下。
これはコスト削減の為に使わない手は無い訳です。


ただ、懸念点として「発芽率」と「作業性」がありました。

発芽率にかんしては、「生種は発芽率が劣る」という話を聞いた事があり、
実際に展示会で種苗メーカーさんに聞いたところ「生種が悪い訳ではなく、
比較的良い種からコート用に回している」的な回答がありました。

そこで去年は試験的にコート種子と生種の播き比べを行いました。結果、
個人的には発芽率やその後の苗の成長などにおいても違和感はありませんでした。
(生種を使っている先輩農家さん達も、コートと比べて特に問題ないとの方が殆どです)

よって、発芽率の心配は解消。



もう一つの作業性に関しては、生種は形がいびつ故に播種板を使った種まきの際
粒数にムラが出ます。 それを手直しするのですが、時間がすっごくかかる。汗

そこで、この問題に関してはメーカー製の播種板のパーツを
自分に適する仕様にカスタマイズする事で概ね解消しました。
P2130050.jpg
左が自作した播種板(穴径4mm)、右がメーカーの播種板(穴径3・5mm)。

私はLPチェーン・4粒播きで主に取り組んでいるのですが、
メーカー製の板では3粒になる事が多かったのです。
自作の板(厚さ2ミリの板に径4ミリの穴)を作ったことで、
概ね4粒(5粒で落ちる事もあり)播種が出来るようになりました。

格段に手直し時間が減ったことで、作業性も上がりました。

※ちなみに、播種板も色んな所から販売されており、
 希望の粒数に合わせて細かく調整したオーダーメイドの播種板を
 作ってくれるメーカーもあります。



さて、長々播種道具について書き散らしてきましたが、
ネギの種まきをした事がない方には訳の分からない上になんとも
つまらぬ記事だったかと思います。 スイマセンでした。汗

さて、次回は種まき作業の風景をご紹介します。

=================================
ブログランキングに参加しております。
応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。
人気ブログランキングへ  ビジネスブログランキング
何卒、宜しくお願い致します。


コメント

  1. yashinomi | URL | -

    Re: ネギ種まきの為の、播種板作り。

    いつもお世話になっております。

    訳あって週末農業をすることになって今年で3年め
    太平洋側でキャベツをやっております。
    冒頭挨拶 社交辞令でなく マジお世話になっております。
    キャベツの検索をしていてたどり着きました。
    全くの素人で なかよし君も参考にさせていただき購入しました。
    さすがにトラクターはマネできませんが
    ことしは播種板買う予定です。
    収支の付けかたもマネしてます。
    主人の実家は日本海側なので 訳によっては 将来はねぎ農家かも。。

  2. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます。

    【yashinomiさんへ】
    コメントありがとうございます。

    太平洋側でキャベツですか、良いですね。
    私も冬場のキャベツ栽培に挑戦したいとあれこれ
    模索しているのですが、なかなか思うような
    キャべツが採れずにおります(^^ゞ

    ブログも参考にして頂き恐縮です。
    今後も何かしらお役にたてれば嬉しいです(^-^)

  3. 斉藤達朗 | URL | -

    Re: ネギ種まきの為の、播種板作り。

    はじめまして。
    埼玉県の川越市の斉藤と申します。

    うちが兼業農家で
    母親が中心となってネギとブロコリを作ってます。

    うちもチェーンポットで育苗し
    ひっぱりくんで定植します。
    本日、羽緑を5a程定植しました。
    これから4月にかけて播種作業に追われます。

    毎年、畝間や株間の草取りや軟腐病に苦しめられて
    いるので、今年こそ対策を取りたいところです。

    このHPをいつも拝見しています。
    ありがとうございます。









  4. 質屋 | URL | -

    Re: ネギ種まきの為の、播種板作り。

    いつも楽しく拝見しています。
    播種板まで手作りですか。すごい
    先週初めてチェーンポットでねぎの種を蒔きました。
    2粒まきです。4粒ですか興味深いですね。
    苗箱の真ん中と端とで生育に差はつきませんか
    ねぎの栽培を考えておりますので非常に役立ちます。
    これからもよろしくお願いいたします。

  5. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます。

    【斉藤達郎さんへ】
    コメントありがとうございます。

    埼玉でネギを作られている農家さんでしたか!
    ブログを見て頂きありがとうございます(^-^)

    軟ぷ病、こちらでもとても苦労しています。
    色々試行錯誤しながら、軟ぷ軽減の為に今年は
    長期肥料を使った越夏作戦を展開したいと思っています。

    これについても、近々ブログで紹介出来ればと思います<m(__)m>


    【質屋さんへ】
    コメントありがとうございます。

    私も最初はCPでの2粒播きでやっておりました。
    しかしどうしても面積を増やすにつれて育苗ハウスが
    手狭になってきた為、現在のLP4粒に行きつきました(^^ゞ

    苗箱の生育差はどうしても出てきますね。
    外側と中心部で乾燥に差が出るからだと思います。
    潅水に気をつけたり、苗箱を小まめに動かしながら対応しています。

    今後もブログを見守って頂けたら嬉しいです(^-^)

  6. ご無沙汰です。鹿児島の茂崎です

    お久しぶりです。いつも楽しく拝見してます。私も石井さんの真似をしてLP10に生種播種を考えています。
    上手くいくかわかりませんが。
    ところで収量は変わりますか?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/1163-24941c4f
この記事へのトラックバック