銀杏2011。

2011年11月13日 22:43

一月ほど前にさかのぼりまして、10月中旬のお話。

石井農園の銀杏収穫が行われました!
PA140015-1.jpg


ことしは去年に比べ、全体の粒数(収量は)3~4割ほど少ないですが、
それでもなりの良い木はぎっしりと枝に実をぶらさげています。
PA140013.jpg
収穫の際は木の下にネットを引いて、
一気に実を落としてからまとめて回収します。

去年の銀杏落としの動画があるので参考にご覧頂けたら幸いであります。

銀杏のスコールでございます・・・!


ネットに落とした銀杏は軽く葉っぱを取り除いたのち、
ネットに詰めて作業場に持ち帰ります。
PA140016.jpg


今年も中々の大粒です。
PA140020.jpg


持ち帰った銀杏はネットに入れた状態のままで水に漬けます。
PA170038.jpg
こうすることで皮をふやかし、キレイに皮(果肉)を取り除けるようにします。


数日ほど水に付けたのちに、今度は専用の皮むき機に銀杏を入れて
種だけをツルンと取り出します。
PA240070.jpg
銀杏の皮むき機には色んなタイプがありますが、
ウチの機械は何本かのブラシが回転しながら果肉を取り除いて
種(銀杏)を磨きあげます。 

一度に処理できる量は少なめですが、
ブラシのおかげで果肉が残らずキレイに仕上がります。


皮を剥き終えた銀杏はコンテナに移し、
風当たりの良い所で水気を飛ばします。
PA270092.jpg
ここでちゃんと殻を乾かしてやらないと匂いが残・・・る気がします。
※しっかり皮剥き・洗浄~乾燥させた銀杏は臭くないのですよ。

その後適当な目合いの枠を使って銀杏の粒を選別して小さなものを取り除きます。
PA300102.jpg
ウチの銀杏は藤九郎(とうくろう)って品種で、結構大粒なのが採れます。


最後はネットに詰めて完成。
PA300100.jpg
白・・・大袋(500グラム)、赤・・・小袋(250グラム)。


石井農園銀杏は現在岩室の直売所で販売して頂いております。

道の駅として物産販売や様々なイベントも開催される新潟市観光施設いわむろや、そして
美味しいジェラートで有名なレガーロを展開するフジタファームさんの直売所「メルカート
にてお買い求め頂けます。

弥彦~岩室へお越しの際は、是非覗いて行ってみて下さいませ~。





コメント

  1. nana | URL | -

    Re: 銀杏2011。

    TPPで日本の農業が破壊される!その理由は→http://luna-organic.org/tpp/tpp-1-1.html

  2. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます。

    【nanaさんへ】
    コメントありがとうございます。

    TPP、これからますます報道が加速して行きますね。
    もはや敷かれたレールを走っているだけのような
    気もしますが、今後のより詳細な議論の行方、
    農業振興策の内容に注目したいと思います。

  3. ビンテージ | URL | -

    Re: 銀杏2011。

    こりゃまた大量な銀杏ですネ♪
    我が家も産直2箇所で銀杏の販売を開始しました。
    100g 120円 只今苦戦中(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/1076-b203b963
この記事へのトラックバック