湿害ネギの近況報告。

2011年09月13日 21:31

今年150アールの転作田にてネギを栽培している訳ですが、
そのうちの60アールで大規模な湿害を出してしまった事は以前にもブログで紹介しました。

気持ちが凹み過ぎてフォースが暗黒面に支配されかけてた時のブログはこちら。


あれから月日もたちまして、ここらで改めて湿害が出てからの経過、
そしてその後のネギのご報告をしたいと思います。

定植してから一月ほど経った頃、良い感じでネギ達は成長を続けておりました。
P6280010_20110819212044.jpg

しかし、その後梅雨の雨が本格的に降り出すと様相は一転。
高い気温、やまない雨、乾かない畑。


もともと水はけが悪かった事もあり、ネギの根は呼吸が出来ずに湿害が多発。
P7140126_20110819212239.jpg
根がダメになれば葉もダメになる訳です。


被害はあれよあれよという間に広がり・・・
P7120106_20110819212824.jpg


一時は畑がまっ黄色になりました。
P7160136.jpg
枯れ果てたネギの葉っぱが立ち並ぶその様は、
まるで割り箸を突き立てた墓場のようでありました。

それでも、少しでも回復を促そうと懸命に割ばs・・・・ネギに液肥を与え続けました。
※根がダメなので葉から少しでも栄養を与えようとしたのです。


その甲斐あって、少しずつ新しい根っこが生えてきました。
P7140127_20110819212253.jpg
やった!やった! 

がんばれ! がんばれ!





そんな私の気持ちとネギの頑張りとは裏腹に、
7月下旬、新潟は記録的な大雨に。
P7290053.jpg
めしも喉を通らないとはまさにこのこと。
この時ばかりは、もう気が気じゃありませんでした。


それでも幸いにして水の引きが早く、
その後しばらく天候が落ち着いた事もあって大きな被害に至らずに済みました。
P8180038.jpg


8月、だいぶ大きくなってきたネギ。
P8180036.jpg
しかしながら湿害の影響はやはり大きく、畝ごとの生育の乱れはかなりのものでした。

上の写真のとなりの畝はこんな生育。
P8180037.jpg
横から見ると心電図みたいにウェーブしてる畝もあります。
生育が大きく乱れたことで、収穫や調整作業で苦労するのは間違いありません。汗


それでも、一度は全滅も覚悟した湿害ネギたちが枯れることなく、
生き残って大きくなってくれた事には、ただただ感謝の気持ちで一杯であります。
ネギという野菜は、本当に強い野菜です。


9月、現在の様子。
P9080091.jpg
生育の良い所は11月から出荷出来るかと思います。

※一番植え付けの早かった他の畑のネギは、
 今週から試し掘りを始めました。 このお話もまたおって。


湿害が起きた後、色んな先輩農家さんにご心配を頂き、
同時に液肥や防除など草勢を回復させる為のアドバイス、
排水対策や土寄せ・畝割のアドバイスなども沢山頂きました。

それはもの凄くありがたくて、その応援のおかげでネギも元気になったし、
私も心が折れずに頑張れました。 本当に感謝感謝です。


このネギ達の収穫までにはもうひと踏ん張りですが、
必ずや立派に育てて収穫してやりたいと思います!



=================================
ブログランキングに参加しております。
応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。
人気ブログランキングへ  ビジネスブログランキング
何卒、宜しくお願い致します。


コメント

  1. Re: 湿害ネギの近況報告。

    ネギたちは何とかなって一安心ですね。

    農業は自然相手の仕事だから大変ですよね

    でも7月の豪雨はひどかったですよね
    僕の住んでいる黒埼でも茶豆や枝豆が多く被害をうけたみたいです
    自分が枝豆の収穫のバイトに行ってる所も少しでしたが被害を受けていました


    これからネギの収穫がんばってください

  2. 石井 | URL | lFH9V1S2

    コメントありがとうございます。

    【marukomeさんへ】
    コメントありがとうございます。

    いやほんと、枯れずに済んでくれて良かったです。汗
    今後も台風や大雪など心配な気象要因はありますが
    なんとか無事に収穫を終えたいと思います。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/1025-85f79f03
この記事へのトラックバック