栃木のネギ農家、大栗青果さんへ。

2011年08月15日 22:58

先日、お盆の少し前に奥さんの実家(埼玉)へ行ってきました。
かの有名な熊谷を有するだけあって、関東のアスファルトも中々の暑さでやんした!

そしてその道中、栃木のネギ農家・大栗青果さんを訪ねて参りました。
大栗青果さんは6haの稲作と合わせて、1.5haの畑でネギを周年栽培している農家さんです。
P8120028.jpg
作業場はとても広いのに、隅々まできっちり整理されている・・・!

こちら大栗青果の大栗さんは、私と同じく20代の若手農家さんで、他産業での勤めを
経たのちに就農した事や、就農時に新規作物としてネギを導入した事など共通点も多いのです。

更に、奥さんやお母さんの出身が新潟県という事もあって新潟に来られることも多く、
以前石井農園のネギ畑にも訪れてくれたことがあります。 

そして今回は、私がお伺いさせて頂きました。


同じネギ農家でも、揃えている機材や作業場の配置などはそれぞれ違います。
なので、他の農家さんの作業場を見学させて貰うと色んな発見があります。
P8120011.jpg
特にネギに関しては収穫後の調整作業(根・葉切り、選別、結束、箱詰)に
もっとも多くの労力が掛かるので、ネギ・人の導線など、効率的に動ける作業場であることが
仕事の成果(一時間当たりの生産箱数など)に現れるのです。
※大栗青果さんの作業場はとても勉強になりました!


また、大栗青果さんではセルトレイ育苗・機械定植のスタイルでネギ栽培を行っています。
P8120022-1.jpg
石井農園はチェーンポット育苗・ひっぱりくん定植のスタイル。

その他ネギ栽培には地床育苗~大苗定植の方法もあり、
育苗~定植のスタイルは主にこの3パターンに分類できると言われております。
※勿論、それぞれのスタイルには一長一短があります。

大栗さんとはお互いの育苗~定植作業についての情報交換もしました。
自分と違うスタイルのお話はとても新鮮です。

また、私の周辺地域ではセルトレイ育苗~機械定植を行っているネギ農家さんが居ないので、
実際に機械の動作をみて、農家さんのお話が聞けた事はとても貴重でした。

 


更に作業場では、未知の道具との出会いもありました・・・!
P8120016.jpg
これは「ガードマン」という除草剤散布時に動噴に接続するアタッチメントで、
作物に除草剤を掛けることなく畝間の雑草だけをきっちり除草できるという優れモノです。

※使用時は持ち上げて歩くのではなく、ひっぱって地面を滑らせながら使うので楽です。
  畝に合わせて壁の幅も調整できます。



そして大栗さんのご紹介で、近隣の先輩ネギ農家さんの畑なども見学させて頂きました。
P8120006.jpg
夏の暑さにも負けず活き活きとしたとても立派なネギです・・・!
葉の色艶も美しく、太さの揃いもバッチリ! 

紹介して頂いた方は20年以上のネギ栽培のキャリアを持つ方で、
肥料、防除(病気)、品種、周年栽培を行う為の播種・定植作業の栽培暦の他、
販路によってニーズが変るネギ規格や各管理作業のポイントなど
色んなお話を聞かせて頂きました。   超勉強になりました・・・!


凄く立派なネギ畑を目の当たりにして、改めて自分の未熟さを認識すると同時に、
早く皆さんの様に見事なネギを作れるようになりたい!と熱くなりました。

お忙しい中、半日以上も付き合って下さった大栗さんには改めて感謝感謝です。
栃木の皆様も本当にありがとうございました!

また情報交換などさせて頂けたら嬉しいです。
今後とも宜しくお願い致します・・・!




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://komepawaa.blog49.fc2.com/tb.php/1021-8044b055
    この記事へのトラックバック