FC2ブログ

散歩とミツバチ。

2020年06月14日 23:33

ミツバチに興味をもってから、
「今の時期、自分の住んでいる地域にはどんな花が咲いてるかな?」
と、時折草花をながめる散歩をするようになりました。

ふと見ると、空き地に沢山のクローバー(シロツメクサ)。
20200531_094812.jpg
耳を澄ますとぶんぶん羽音も聞こえます。

ほらいた。
20200531_094940.jpg
黄色っぽい体色、西洋ミツバチと思われます。
せっせと蜜を集めていました。 うーむ、かわいい。


さらにトコトコ歩いていくと、ナヨクサフジが沢山咲いています。
20200531_131645.jpg
ここでもぶんぶん羽音が聞こえる。

ほらいた!
20200531_131657.jpg
すこし白黒っぽい体色の、丸っこいミツバチです。
日本ミツバチと思います。

こちらもせっせと蜜を集めています。
20200531_131730.jpg
弥彦だと、この時期矢川の土手周辺にたくさんのナヨクサフジが咲いていて
沢山の日本ミツバチが飛んでいます。

本当に沢山飛んでいます・・・なのに・・・なのに・・・
なぜ私の巣箱には来てくれないのだ!?涙

※すでに今年の分蜂シーズンは終了。チーン・・・・

石井農園のミツバチマンション(巣箱)には、今年も今のところ入居者ゼロ。
大家である私の努力がまだまだ足りないのだと思います。

今年も一年、ミツバチの生態・周辺の分布を観察しつつ、
来年の分蜂シーズンに向けて勉強したいと思います。

管理機と心を通わせる。

2020年06月14日 17:33

ネギの土寄せをやってるときは、管理機と心を通わせることに神経を研ぎ澄ませます。

管理機がまっすぐ走らない時に、右へ~左へ~ と、力任せに従わせようとしていると、
因果応報、管理機も素直に従わないばかりか、自分の足腰が疲弊して翌日は
ガクガクブルブル足腰が立たなくなります。
20200530_190134.jpg

管理機の心の声に耳を澄ませていると、ある時ふっと管理機がゆう事を聞くようになります。

重心移動と言いますか、タイヤ側でなく、おしり側を振るようにそっと促すと
管理機は素直に従ってくれるのです・・・。
20200531_055611.jpg
土寄せは、ネギの成長に合わせて数回に分けて行います。

とくに水はけの悪い畑の場合は、梅雨が来る前に通路部を掘り下げて
ネギの根を大雨から守る(通路部を低くして排水路代わりにする)必要があるので
一層しっかり土寄せを行います(もはや畝割と呼ぶべき作業)

管理機と心を通わせ、土寄せ、土寄せ・・・
20200613_104445.jpg
心が深く通っていると油断しきったその時、管理機のロータリーが
ちょっと大きめの砂利を噛んでキックバック ⇒ たるんだ私の下っ腹にキレのいいワンパン!

ちょ・・・! 普通にあぶない!

管理機作業に神経を研ぎ澄ますのはいいけれど、決して油断してはいけません。
油断大敵、いや、まじで。


※キックバックとは、石や硬い土にロータリーなどの回転物があたることで
 跳ね返り、飛び跳ね・押し倒しなどの事故につながる危険な現象です。
 詳しく知りたい人は、管理機・キックバック・ヒヤリハット などでググりましょう。