FC2ブログ

タケノコ2020年

2020年05月13日 23:54

5月の上旬から中旬にかけて、石井農園の裏山ではニョキニョキと
タケノコが生えてきておりました。
20200429_091719.jpg
タケノコ掘りは山の斜面を上がったり、下がったり。
また、スコップやコンテナ、収穫したタケノコを運ぶ作業はさながら石井農園ブートキャンプ。

倅がでっかくなって体力がついてきたこともありまして、
親子でタケノコブートキャンプ・・・ならぬ、タケノコ掘りを手伝ってもらいました。
20200429_091703(0).jpg

ついでにタケノコ洗いも手伝ってもらいました。
20200429_094317.jpg
収穫したタケノコの泥を落とし、余計な根っこや不揃いな切り口を包丁で整えます。

するとここで大じー(8代目)登場。
切り落としたタケノコの根の部分を手に取ると・・・

「こーれがうんめんだてばー」
20200429_094750.jpg
えー。汗
新鮮採れたてとはいえ、流石に生タケノコはちょっとまずいのでは・・・汗

という私(10代目)の心配をよそに、パリパリとかじりだす大じー。
20200429_094749.jpg
うーむ、大きな梨の破片を食べているように見えなくもない・・・・。

冬に甘くなった大根は、その甘さと触感がまるで梨の様になる。(これホント)
実は新鮮なタケノコもそれ的な感じで美味しいのかもしれない。

私 「うまい?梨みたいな感じ?」
20200429_094758(0).jpg
大じー 「なんも味しねーわ」



大じー 「味噌汁にしんばだめらこってば」

!!

私 「・・・私もそう思う」


そんなこんなできれいになったタケノコたち。
20200429_102152.jpg

今日一番の大物はこちら。重量5キロ。
20200429_100851.jpg
ずんぐり太ったタケノコは節た詰まっていて、大きくても柔らかくて美味しいです。
逆に、小さくても細長く伸びてしまったタケノコは節が固くなっているためにイマイチです。
※採りたてならば多少細長いタケノコでも結構食えますけどね。


その後、タケノコたちは村内の直売所へ。おかげさまで完売でした。
ご購入くださった皆様、ありがとうございました!
20200503_075057.jpg

例年だと、収穫したタケノコは 
①食べる 
②直売所へ出荷 

その他に、 

③水煮缶にする  

のですが、今年はコロナウイルスの影響で村営の缶詰施設を使用することが出来ず、
缶詰が作れませんでした。

なので、来年にまた沢山のタケノコが出てきてくれるように、沢山の缶詰が作れるように、
今年は親竹にするためのタケノコを沢山残すことにしました。

20200516_090424.jpg
あっという間に私の背丈を超えていく竹の子 (もはや 子 ではない)
大きな竹になれよー!!


最後に。


今年、未だかつてないほど最高の掘り心地を得られるタケノコ掘り道具を見つけました。
それは、「金象印の配管職人(という名のスコップ)」です。
20200516_095755.jpg

細いスコップは土が掘りやすく、タケノコ掘りに最適!
20200516_095846.jpg

※アマゾンを見たら、「金象 細く深く掘りやすい溝堀シャベル」なる製品も発見。
 こ、こ、こ、これも凄く良さそう~!


良い道具は仕事が楽しくなりますね。