FC2ブログ

ネギの種まき2020.

2020年03月15日 23:27

3月中旬。
今年もネギの種まきがやってまいりました。

まずは道具の準備です。

チェーンポット よし!
穴あけ器 よし!
培土詰め様のブラシ、ちり取り よし!

・・・・

猫よし!
20200307_090219.jpg

次は育苗培土の準備をします。
ネギ用の育苗培土を袋から開けて、水を加えながら水分を調整します。
20200307_092305.jpg
・・・監督する猫。

種まき後の育苗箱を並べる為に、ハウス内を整地する子どもたち。
20200307_102825.jpg
数年前とはお手伝いの質が違う。
大きくなったなー。

育苗箱に土を詰めて、穴をあけて、種を播いて出来上がったのがこちら。
20200307_105251.jpg

最後に息子たちがやさしく土を被せて、ハウス内に並べていきます。
20200307_105245.jpg
この写真を撮った直後、育苗培土の山にトンネルを掘る遊びを思いついたようで
お手伝いそっちのけで全身土まみれになっておりました。 

種まきから一週間。
かわいい芽が出揃ってきました。
20200320_173324.jpg
これから45日、大事に育てて畑に送り出します。
元気に育てよ~。


詳しいネギの種まき作業についてはこちら。

稲の種まき(すじまき)にむけて。

2020年03月15日 23:22

暖かくなってきまして、農繁期に向けて徐々に気持ちを高めています。

ひとまず、この時期はせっせと用水路の泥を上げたり、昨年の記録をもとに
田んぼの地ならし(地が高いところの土を削って低いところに移す)をしたり
弱くなった畔の塗り直しをしたりしています。

20190317_091146.jpg

田んぼの準備と並行して、苗づくりの準備も行っております。
今年の稲の種まき(すじまき)は4月5日の予定。

すじ播きに向けては、主に
①種籾の準備、②育苗箱の準備、③育苗ハウスの準備 を行っていきます。

①種籾の準備については、種を播ける状態にするために様々な作業があります。

まず、苗が病気にならないように種籾に付いている病原菌を抑える為の消毒や、
種籾に水を吸わせて発芽しやすくさせる作業(浸種)を行います。
20190316_070614.jpg

その後、十分に水を吸って発芽に必要な積算温度を経たら、
種まきをする前にもうひと手間、「芽出」という作業を行います。
DSC_0716.jpg
タンクの中に30度程度のお湯を張り、種籾を1晩漬けて一気に発芽を揃えます。
※ちなみに昔の我が家は風呂の浴槽をつかって芽出しをしていました。

温度がすぐに下がらないように、毛布でタンクを覆ってあげます。
DSC_0748.jpg


一晩経った種籾がこちら。
DSC_0764.jpg
非常に見にくいですが、胚芽のあたりがぷくっと膨れてきていて、
種籾の2~3割くらいからは白い芽がちょこっと顔をだしてきています。

もうちょっと芽を伸ばしてもよいのですが、
あまり伸び過ぎると種をまく時に芽が絡まったりするので
ウチの場合は「うむ、芽が動いてきてるな」と感じる位の段階で
種の芽出し作業を完了します。


そして②育苗箱の準備。

稲の苗を育てる専用の箱、「育苗箱」に、苗が育つための土を詰めていくのですが、
我が家では何年も前から作業担軽減のために育苗箱には床土ではなく、
万作さん(育苗マット)を使用しています。
20190316_124811.jpg

マットを箱から出して~
20190316_124823.jpg

育苗箱にポンと乗っけると。
20190316_124839.jpg
これで床土準備完了です。
あとはこの上に種籾を播いて土(覆土)をかぶせるのみ!

今年の播種箱枚数は全部で1400枚。
20190316_124855.jpg
ひたすらマットを詰め続けます。


③育苗ビニールハウスのビニール張り。

稲の苗を育てる専用のハウスにビニールを張ります。
一年の内、苗を育てる一カ月間しか使わないので、この時期だけビニールを掛けます。
(使わない間はビニールをしまっておき、紫外線の劣化を防ぎます)

ビニール掛けは晴れた日の風がない時を狙って行います。

DSC_0492.jpg

ビニールを掛けてる途中で突風が吹こうものなら大騒ぎです。

育苗ハウスにビニールがかかると、いよいよ稲作が始まるなー!!と
気持ちがワクワクしてきます。

今年も良い苗を育てるぞ・・・!