大風のあとにフキノトウ

2018年03月04日 23:40

先日の爆弾低気圧は新潟県でも猛威を振るいまして、
それはそれは台風並みの強い風が吹き荒れました。

嵐が去った後は・・・
20180303_095459.jpg
あわわわわ・・・汗

それでも、あれだけの風のあとでハウスのパイプが曲がらずに
被膜材だけの被害で済んだのはむしろ運が良いとさえ思えます。

周囲ではパイプごと潰されてしまったハウスも多くあります。

これから私たちの地域では稲の苗づくりが始まるので、それまでに
潰れてしまったハウスたちを直さねばなりません。

しかし、先日の大風は悪いことばかりでもなく。
南風が吹いたことで気温が上がり、積もっていた雪をあっという間に溶かしてくれました。

久しぶりに顔をのぞかせた田んぼたち。
20180304_102737.jpg

その畔には、春を感じさせるフキノトウたち。
20180304_102836.jpg
早速つんで、てんぷらにしました。
このほろ苦さがたまりません。

3月からはいよいよ農繁期。
畔の補修~泥上げに始まり、ハウス張り、筋播き(稲の種まき)と続きます。

これからいよいよ忙しく(楽しく)なります。