7月の田んぼ。

2016年07月16日 06:34

7月の田んぼ。

稲が大きくを広げ、風にたなびいております。
暑い夏ですが、風に揺れる稲たちの葉を見ているとなんだか涼しげです。
DSC_0086_20160711063000087.jpg
今、稲の茎の中では稲穂ができ始めています。

早い品種で今月末から、コシヒカリで来月の頭頃から
稲穂が顔を出し始めます。

稲穂が顔をだしたら、そこから一月弱の後、ついに稲刈りが始まります。
作物の成長や農作業の段取りを考えていると、改めて一年が経つのはあっという間です。



ミニトマトのソバージュ栽培

2016年07月11日 23:31

6月から収穫を続けているハウス栽培のミニトマト。
DSC_0092_20160711063004d13.jpg
現在、収穫最盛期です。

今はミニトマトの樹も勢いがあり、実成りも良く、味も良いです。

しかし、これから梅雨が明けて夏本番になると、どうしてもハウス内は
暑すぎて良いトマトがなかなか取れなくなってきます。

昨年まではミニトマトを斜め誘引し、長期栽培して初夏~秋まで収穫することを
基本としていましたが、今年は真夏の暑さでトマトがバテることを考えて、
トマトは一度摘芯して7段程度まで取り終えたら、7末~8月頭頃から苗を更新して
抑制栽培に切り替えたいと思います。

そうすると、秋にトマトが取れる代わりに、真夏の8月頃にトマトがなくなるわけです。

それでは困るということで、「ハウスが暑いなら真夏は露地でやろう」と、
今年試験的に取り組んでいるのがミニトマトのソバージュ栽培。
DSC_0094_20160711063006169.jpg
省力的に露地栽培を行えるってことで、今人気の栽培方法です。

詳しいやり方は「ソバージュ栽培」で検索して頂くといろんな情報が出てきますので
興味のある方は是非検索されたし。
DSC_0095_20160711063116d25.jpg
私の場合は、我流が入っているので完全なソバージュではありませんが・・・。
品種もシシリアンルージュがお勧めとの事ですが、私は普通のミニでやっております。

路地はようやくこれからが収穫が始まります。
DSC_0100.jpg
果たして、ソバージュ栽培は8~9月にどれだけの収量がでるか。
普通のミニでやってみたけれども、味や実割れの程度はどうなるかな・・・ども含めて、
じっくり経過を見守っていきたいと思います。