FC2ブログ

山積みの「米問題」、実りの秋はどうなるのか?

2010年08月03日 22:12

8月中旬よりネギ出荷開始~9月より稲刈開始~と、これから本格的な農繁期突入です。作業負担軽減の為、HPでのお試し米プランを一旦中止致します。ご了承くださいませ。 そしていよいよ!お盆頃から「2010年新米予約」を開始します。 今年も新米予約の方にはお得なサービスをご用意致します!   何卒、応援をー! → ブログランキング現在の順位は?


8月に入り、所々の田んぼで稲穂が出そろってきました。
P7310095.jpg
先に穂が出てくるのは酒米やコシイブキなどの早生米。
コシヒカリはこれから本格的に稲穂を出し始めます。


春には恐るべき寒波で稲の生育が遅れ、「今年は冷夏になるかもよ!」ってニュースで
ガクガクブルブル震えておったのですが、フタを空けてみたら連日良い天気で超暑い夏。

そして稲は生育の遅れを取り戻すドコロか、例年以上の生育を見せてくれまして
今年はかなり早く稲刈りが始まるのでは?って勢いです。
P7310096-1.jpg
冷夏にならずに良かった! 大不作にならずに本当に良かった!


でも、世間では米の生育を喜ぶニュースはあんまり流れてこない。
逆に、新聞では連日お米に関するネガティブニュースが紙面に躍っています。




「09年産米6月の相対価格、過去最低水準に・・・」
 全銘柄平均価格として、60キロ玄米で1万4120円。
 去年の9月から1000円も下がりました。
 

「米需要2010~11年度見通し、過去最低水準に・・・」
 2000~01年は約910万トンあった需要が、2010~11年度は
 805万トンまで減少する見込みらしいです。予想以上の減少スピード。


「民間・政府あわせた米在庫量が315万トンに・・・」
 去年の同月は212万トン。前年比で在庫が100万トン以上も増えました。
 過剰な在庫は、新米の価格を圧迫します。



さらに、米価の下落対策として戸別保障が導入された訳ですが、
その補償額を当て込んだ大手集荷業者などによる「値引き圧力」も強まっているとか。
※「農家はこれ位補助出るんだから、これ位値下げしてもいいべ?」的な。
 もはや本末転倒。



とか他にもネガティブニュース色々。
まことおそろしきかな。



今年の新米は1000~2000円程、
買い取り価格が下がるんではないかって噂もチラホラ聞こえます。



稲作専業農家で食っていくには、少なくとも12haの農地が必要と聞いた事があります。
その規模で米1000俵獲れるとして(1俵は60キロ)、もし1俵単価が1000円下がれば
農家の年収は単純に100万円下がる計算です。 



ウチはなるべく米は直売で・・・と言いつつも、
全て直売米で作ってる訳じゃないし、コシヒカリ以外も作ってる訳で、
市場価格の影響は少なからず経営に打撃を与えます。

減反してないので、戸別保障も貰えません。



一方、世界に目を向けると
ロシア~東欧なんかは記録的な干ばつで小麦がすげー不作らしいです。
カナダやオーストラリアとかの主要輸出国も減産見通し。

なもんで投機筋が動いて、国際小麦価格が急騰してます。
(一応在庫は潤沢なので、足りなくなる事はないでしょうが)




一瞬でも、
「米も不作になって値段が上がれば良かったのに」って考えた、
ブラックな自分がいる事にショック。

ってか、不作になってウチの米も足りなくなったらどうするよ。
いつもウチの米を食べてくれてるお客さんに顔向け出来ないだろうがよ。



世の流れに一喜一憂しない、芯の強い経営が出来る農家にならないといけない。



各ブログランキングに参加しています!
人気ブログランキングへ  ブログランキング・にほんブログ村へ ビジネスブログランキング
ポチって押して貰えるとランキングの順位に反映されます(各1日1クリックのみ)
ブログの励みになります。何卒、応援宜しくお願いします!
(1クリックで10ポイント加算されます。デカイ!)