FC2ブログ

佐潟散歩。

2018年12月02日 23:52

夏に比べると冬はやっぱり運動不足になります。
いやー良くない良くない。

という事で先日、新潟市西区赤塚にある「佐潟」へ行ってきました。
20181118_112033.jpg
佐潟とは・・・
=======================================
新潟市の南西部に位置し、北東部の大きな本潟と南西部の小さな上潟から成り立っている。
標高5m、平均水深1m、総水域面積は43.6haで湖底は船底型である。
南北を砂丘に挟まれ東西には低地が広がっており、流入する河川は無く湧水で維持されている。
成立時期ははっきりしないものの、縄文時代以前に遡るとされる。また低地には潟の痕跡がある事から、
過去においては現在よりも東西に広がっていたものと考えられる。  by ウィキペディア
=======================================

この時期、朝夕は沢山の白鳥がいる佐潟ですが、
この日は昼頃に立ち寄ったので白鳥たちは田んぼへ食事に出ており1羽もいませんでした。

そのかわり、ちょうど漁師さんたちの船が出ていて鯉やフナを捕る様子を見ることができました。

佐潟はその周囲をぐるっと回ることができます。
一周5.5㎞あり、徒歩なら1時間30分くらいのコースになります。
20181118_112355.jpg

コースの中には桟橋があったり、
20181118_112817.jpg

20181118_112956.jpg


砂丘の大根畑などがあったり、景色も富んでいて楽しく散策できます。
20181118_121048.jpg

佐潟の周りは鳥も多く、写真は撮れませんでしたがこの時もオオタカがいました。
※佐潟には観察小屋など、バードウォッチングできる施設も充実しています。


新潟はこれからの時期、中々天気がいい日に恵まれなくなりますので、
たまの晴れ間がでたときはこういった所を散歩したいものです。

次は、鳥屋野潟も一周してみたい。

続・下町ロケット見てますか。

2018年11月27日 23:03

先日の三連休に、弥彦村のお隣「燕市」では下町ロケットの大型ロケが行われておりました。

一カ月くらい前から、新聞やテレビで「エキストラ大募集!」との広告も打っていました。
しかも、農家が農家のエキストラとして参加する場合はちょっと優遇されそうな感じ。

これは生で佃航平社長(阿部寛さん)を見るチャンスではないか!と思いましたが、
予定が合わず、エキストラの応募は見合せました。汗

ですが、会場の雰囲気が気になったので撮影当日にロケ現場(燕市役所)の
近くに行ってみたら・・・・
20181123_092704.jpg
市役所に続く道は交通規制されており、歩行者天国となった道には
人・人・人の大行列・・・!

もはや祭。



いやはやすごいなー。
と感心して、その後に向かった燕三条駅では・・・・・

改札の床に巨大な広告!
20181124_084602.jpg
お土産売り場の店員さんも、
「佃品質×燕品質」と書いてある下町ロケットジャンパーを着ている!


いやはやすごいなー。
と感心して、その後に向かった地元のスーパーでは・・・・

パン売り場に「下町ロケットパン」が!
20181124_071044.jpg
作中で良く出てくる大福をイメージしているそうです。

舞台が新潟という事もあり、このパンには新潟県産米粉を使っているそうです。
20181124_071058.jpg
買って食べました。
美味しゅうございました!

今週は第8話の放送ですが、先日のロで撮影した映像が流れるそうです。
楽しみにしております。 頑張れ、佃製作所!


冬の足音

2018年11月18日 22:13

11月に入り、徐々に空を飛ぶ白鳥の数が増えてきました。

あっちでも。
P2230085_20141124091431327.jpg

こっちでも。
PC020026_20111205073245_20141124091430f59.jpg
新潟は川、池、湖が多く、ラムサール条約に登録されている水辺(佐潟・瓢湖)もあります。
そこを目指して毎年沢山の白鳥をはじめとする渡り鳥がやってきます。

空を編隊飛行しながらシベリアからやってくる白鳥たちをみると、
冬の足音を感じます。


また、11月中旬を過ぎるとアラレも降るようになってきます。
PB140075_201411240914298d6.jpg
あいたたたた! 痛い!寒ーい!
今日もお昼過ぎにでっかいあられがふりました。冬だね!

早めのスタッドレス交換を心がけましょう。

朝と夕が気持ちいい。

2018年06月01日 22:46

最近は新潟も夏日の気温の日が多くなってきました。
天気の良い日は日差しが強すぎて、日中は少し野外にいるのがしんどいです。

その代わり、朝晩(夕)はとても気持ちよく過ごすことができます。

20180607_190652.jpg

日も長くなったので、夕方の時間もとても長くなりました。

田んぼで夕焼けと一番星を眺めつつ、カエルの合唱を聞く。
これはこれで、贅沢な時間だなー。

と、ありがたく味わっています。

残雪もあとわずか。

2017年04月05日 23:58

1月末、雪で真っ白だった弥彦山ですが。
DSC_0969.jpg

4月上旬の現在、ほとんどの雪が溶けております。
DSC_1160[1]

拡大すると、こんな感じ。
DSC_1161[1]
山頂付近の谷間に、わずかに白い雪が見えるだけとなっております。
※写真をクリックすると大きくなりますので、もう少しよく見えます。


じいちゃんが山を見ながら、
「ほんとに雪が少なくなったなぁ・・・」
と、しみじみつぶやいておりました。

じいちゃんが若かりし頃は、5月の末になっても弥彦山に雪が残っていたそうです。
田植えをしながら弥彦山の雪を見ていた覚えがあるとのこと。

私が現在33才ですが、
私の子供の頃でさえ今よりも確実にもっと沢山の雪が降っておりました。

急激に気候が変わっていることを、しみじみ感じます。