2016年とうな収穫中。

2016年03月24日 22:50

毎年栽培しております新潟の春の地場野菜、
「とう菜」が収穫最盛期となっております。
DSC_0175-001.jpg
これは小松菜の親戚みたい野菜でして、
秋に種をまき、成長して越冬した株から春に伸びてきた新葉と菜花が咲く前の「とう」を収穫します。

今年は冬に雪が少なく気温も高く推移したことから、
1~2月という早い段階で新葉が伸び始め、菜花も早くに形成されました。

・・・が、蕾が伸び始めたころなってから急にグッと気温が下がりだし、
さらにまとまった雪が降ってしまったために折角伸びだした新葉ととうが
雪に潰されて傷んでしまいました。

その後、雪が解けて本格的に気温が上場するに伴い
新たな脇芽が伸び始めてようやく収穫できるようになったのです。
DSC_0176-001.jpg
寒さによって蓄えられた甘みと、とう菜のもつ独特な苦みが非常においしい!
この時期だけの旬の野菜ということもあり、出荷先のスーパーでも大人気です。

新潟県内のスーパーや直売所で「とうな」を見かけたら、
ぜひ皆様もご賞味くださいませ!




2015とうな収穫。

2015年02月22日 22:13

昨日~今日と穏やかな青空が広がった弥彦村。
特に今日は、「温かいな~・・・いや、むしろ暑い!」と感じて
上着を一枚脱ぐほどの陽気でした。

それもそのはず。
今日はなんと例年より18日も早く、新潟県に春一番が吹いたそうです。
まだまだ三寒四温が続くでしょうが、本格的な春が楽しみですね。

春といえば、新潟の地場野菜「とう菜」。
DSC_0407.jpg
昨年の秋に種をまき、寒い冬を越えて甘みを蓄え、
春にのびてくるやわらかな葉・茎を収穫します。

ハウスやトンネルで栽培されたものは一月からすでに県内で流通しておりますが
石井農園のとう菜は保温なしの露地栽培なのでこれからようやく収穫シーズンです。

今日、試しに少し収穫してみました。
もう少し丈がほしいところですが、葉は淡い緑でやわらかく美味しそうです。
独特の風味と冬を越えた野菜ならではの甘さがあります。

もう少ししたら地元のスーパーで販売予定です。
とう菜はこの時期だけの季節商品です。是非ご賞味下さいませ。

軽く湯通ししてマヨネーズをかけるだけで猛烈に美味しいですよー!



とうな2014.

2014年03月05日 23:30

3月に入り、冬菜(とうな)の葉が伸びてきたので
少しずつ出荷を始めました。
DSC_0694.jpg
例年だと保温シートを掛けても収穫は3月末頃からの開始だったので
いかに今年が小雪だったか改めて感じます。
※以前のとう菜収穫のブログ。

日本海側の私の地域で雪が降らない一方で、関東では未曾有の大雪。
気候が不安定になっていると毎年言われているけれど、本当にその通りだと感じます。

とう菜の収穫時期も、一ヶ月もずれると慌てます。汗
DSC_0696_20140306003135e35.jpg
しかし味はいつも通りのとう菜。

冬を越えたやさいならではの甘さと、冬菜独自のほのかなヌメリと苦み。
まずはお浸しで食べたのですが、とても美味しいです。
DSC_0699.jpg
これから気温が上がって花が咲くまで、とうなの出荷は続きます。
地元スーパーにてお見かけの際は何卒宜しくお願い致します。

とう菜2012終了。

2012年04月16日 22:16

先日の大風でしおしおにされたとうな達でしたが、
それなりに新葉が伸びて幾らかの株は収穫する事が出来ました。
P4100014.jpg
うーむ、それでも全体の4~3割は廃棄になったかな。

春の不安定な気候の中で行う露地栽培は危険が一杯であります。
トンネルなどの被膜資材にある程度の投資をして気候リスクを減らすか?
しかしそれもまた雪や風で資材が潰れる~飛ばされる心配も生まれるわけで。汗

もしくは天候リスクを織り込み済みでコストを極力掛けない露地栽培にこだわるか。
半年じっくり考えて、また秋に種を播きたいと思います。
P4130037.jpg
春はどんどん仕事量が増えてくるので、手を付けている仕事は
テキパキ終わらせて、次に取り掛かっていきたいものです。


なのでとう菜の収穫が全て終わった時は、気持ち的にも作業的にも
区切りがついたことで、とても開放的な気分になりました。 
P4130035.jpg
「終わったぁ----!ひゃっほーう!」
とう菜畑で飛び跳ねて収穫完了を喜ぶ農家(私)。

なんかすっげージャンプしているようにも見えるけど、
実際はたいして飛べてません。 ・・・鍛え方が足りないのです!

さて、次はさっさと畑の片付け~ネギの植え付け準備も進めねば。
春は忙しいです。


=================================
ブログランキングに参加しております。
応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。
人気ブログランキングへ  ビジネスブログランキング
何卒、宜しくお願い致します。



とうな収穫、ダイジェスト版。

2012年04月04日 22:24

先月の下旬頃から私、主に地面に這いつくばっております。
別に趣味とかそーいうんじゃなくて、とう菜の収穫が忙しかったからであります。
P4030039_20120404222208.jpg
鎌で株元から刈り取り、枯れた外葉などを取り除いていきます。

花粉症対策のマスク、防寒ツナギ(時折雪が降ったりするんですよ)、
膝が濡れない為の雨具(下半身)は必須アイテム。

もう雨具なんてツナギの上から履いてますから。
惨いほどダサいけど慣れると全く気にならないんですよ、これが。
フフフ。  いや、トホホ。 


4月に入ると、とう菜の葉っぱも順調に広がりまして
収穫量もかなり上がってきました。 
P4020037.jpg
むしろ、とう菜の生育に付いていくのにやっとやっと・・・!

収穫開始から10日程かけて30aの畑の半分まで収穫。
P4030041_20120404222127.jpg
我ながら良く這いつくばりまくったもんです。


さぁここからが終盤戦だ!気を緩めずに行こう!
P4030043.jpg
締まっていこーーーーーーーーーーーー!!!











・・・ってとこでまさかの爆弾低気圧襲来。
P4050062.jpg
とととととととととととととう菜がーーーーー!! 
わ、わ、わ、私のととととととととととととうng----!!


一晩爆風に煽られまくった結果、
葉の水分が奪われて干し野菜みたいになってました。

ウチの親父や近所のおっちゃん曰く、日本海から吹いた強風によって
潮風害が起きたのではないかとの事。

私達の地域では山を越えた所に海があり、台風などによって
稀に潮が運ばれてくる事があるのです。

いやー、参った。まさにとう菜は青菜に塩状態ですわ。
勿論私も青菜に塩状態です。
※【青菜に塩】・・・・人が元気なくしおれている様子。 コトバンクより引用。


しおれてしまったものはしょうがないので、比較的被害の少ない株は出荷し、
葉の傷んだ大部分のとう菜についてはしばし様子を見てみようと思います。

他の作業を優先して少し出荷作業を休み、とう菜に時間を与える事で
新しい葉やとう(つぼみ)が伸びてきたら、収穫を再開したいと思います。

この畑は今年また田んぼに戻す予定なので
とう菜に残されたリミットは結構限られておりますが
ギリギリまで今後を見守りたいと思います。

伸びろー!伸びてくれー!


=================================
ブログランキングに参加しております。
応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。
人気ブログランキングへ  ビジネスブログランキング
何卒、宜しくお願い致します。