直売所もみじ、オープンしまして!

2013年11月10日 22:01

11月9日、無事に期間限定直売所「もみじ」がオープンしまして!

初日は天候に恵まれた事もあり、
沢山のお客さんが来店してくれました。
DSC_0535.jpg
御越し下さった皆さま、ありがとうございましたー!

石井農園のネギ・里芋・銀杏も
沢山売れまして感謝感謝でありました・・・!


しかし!

翌日の日曜日からは一転大雨、大荒れの天気に。汗
しかも来週の火~水の天気予報は・・・「雪マーク」だと!?
冬将軍はやすぎ。汗

弥彦の菊祭も天気が崩れるとお客さんが減ってしまうので、
これからの紅葉最盛期に向けて、なんとか天気も回復して貰いたい所です。


※皆さま、今年は早めにスタッドレスを履きましょう・・・!

11月9日より「直売所もみじ」開店します。

2013年11月06日 23:56

気が付けば暦は11月。
前回のブログ更新からも10日が過ぎようとしています。
(すいません!)

11月に入りまして石井農園では、相変わらず長ネギの収穫が続き、
里芋は執念で掘り上げ完了、銀杏も気合いで皮の剥き上げが完了しました。

また、畑ではキャベツがいまにも張り裂けるんではないかって位にまるまる太り、
白菜もなんだか急に逞しくモリモリと膨れ上がってきました。

これらお野菜たちのお話も順にお届していきたいと思います。
ですがその前に!


11月の弥彦と言えば、そうです。
弥彦神社の菊祭!そして弥彦山・弥彦公園の紅葉!
これらを目当てに県内外から沢山の観光客がやってきて、
秋の弥彦はとても賑やかになります。

そんな弥彦で今年、もう一つ新たなイベントが・・・!
DSC_0529.jpg
弥彦公園前の広場に今年誕生した多目的施設ヤホール。

ここで11月9日~24日までの間、
弥彦と周辺市町村の農産物・加工品・特産品を販売する直売所「もみじ」が開かれます。

運営するのは弥彦観光というNPO法人で、
弥彦の様々な業種の若手が協力して地域活性の為に活動を行っています。

かくいう私もNPOのメンバーでして、現在農家の先輩達と一緒に
会場の設営や直売所のオープンに向けた準備に勤しんでおります。
DSC_0531.jpg
写真はテーブルを搬入した所。(これからレイアウトします)

直売イベントの準備に勤しみつつも、自分も出品者として
長ネギ・里芋・銀杏・キャベツ・白菜・・・etcを沢山出荷予定なので
生産者としても気合いを入れて頑張ります!
※農作業の関係で所々準備作業を抜けてしまい本当にすいません。汗


11月11日にはイベントの宣伝でFMポートさんの中継にもちょこっと登場します。
(午後2時くらい)。新潟県内のかた、是非ラジオはポートに・・・!

また直売イベントの期間中は私もちょいちょい店番やってます。
是非、弥彦の行楽ついでに直売所で新鮮な農作物を見て行ってくださいませ~!

ヤホール

軽トラ市(仮)を計画しておりまして。

2013年05月11日 22:53

今年の春、弥彦村に新しい施設が出来ました。
その名は「ヤホール」。

※写真がなくてスイマセン!


弥彦公園のお隣、旧弥彦体育館跡地に建設された多目的施設でして、
カフェコーナーも併設し、災害などの非常時には避難施設としても活躍します。

そんなヤホールでは弥彦の観光振興・地域の活性化の為に
一年を通して様々なイベントを催していきたいと考えているのですが、
その一つに農作物を販売する「トラック市」という案が浮上しております。


以下、いま段階で検討しているトラック市の内容として、
==========================
開催場所・・・ヤホール。

開催期間・・・7月7日~11月24日。

開催日時・・・開催期間内の毎週日曜。
       時間は9:30~11:30の午前2時間。

参加費用・・・トラック1台に付き1000円。
       (金額は未定、参加費は多くても1000円の予定です)

参加定員・・・各回トラック6~7台。

その他・・・・参加は毎回エントリー制のため、一回だけの参加もOKです。
       複数人でグループを組んでの参加も勿論OKです。
             
==========================

農作物の直売イベントについてはまだまだ模索の段階で
トラック市についても案を練っている段階なのですが、
様々な情報・意見を頂きながら企画していきたいと思っております。

なので、周辺市町村の農家さんで「興味がある!」と言う方がおりましたら
お問い合わせ大歓迎ですので、是非お気軽にご連絡頂けると幸いです。
※このブログのコメント欄やお問い合わせフォームをご利用下さいませ。

何卒、宜しくお願い致します。

弥彦小学校にて稲刈してきました。

2012年10月10日 22:36

今年の6月から、毎月地元の小学校へ出向きまして
5年生の皆に稲作の授業をさせて貰っておりました。

我が母校である弥彦小学校では、中庭を開墾した田んぼで
5年生が稲作に挑戦していたのです。

私のような半人前の農家が人に農業の手ほどきをするなんて
恐れ多いにも程がある!ってお叱りがあるかも知れませんが、
とりあえず母校での稲作授業についての詳細はこちら。



その田んぼが無事に実りの秋を迎えまして、
先月末、稲刈りを迎える事が出来ました。
dscn1682.jpg


生徒の数に対して田んぼがちょっと狭いのですが、
その分生徒達は一生懸命、一株一株大事に稲を刈り取っておりました。
img_2156_20120923225140.jpg 


刈り取った稲は中庭で一週間ほど天日干しを行い、十分に乾燥させて、
P9210018_20120923225523.jpg


その後、私が預かって農園に持ち帰り、コンバインで脱穀しました。
P9280061.jpg
更にそのあと精米を行い、出来あがったお米を小学校へ配達してきました。


食べ切れないほどの大豊作!とまでは行かなかったけれど、
皆が小さいおにぎりを作って、味見する位のお米は収穫する事が出来ました。

自分達の手で育てたお米の味はきっと格別だと思います。
またいつか、お米を食べた感想を生徒の皆から聞いてみたいと思っております。

弥彦小学校5年生の皆さん、半年に渡る稲作、お疲れさまでした!


=================================
ブログランキングに参加しております。
応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。
人気ブログランキングへ  ビジネスブログランキング
何卒、宜しくお願い致します。

母校にて、お米の先生に。

2012年06月16日 05:30

先日、我が母校である弥彦小学校へ行ってきました。
校舎のなかに入るのは16年ぶり?でして、そわそわワクワクでした。

さて、何しに学校へ行ってきたかと言いますと、
生徒の皆さんにお米農家のお話をしに行ってきたのであります。

5年生が取り組んでいる「食プロジェクト」という学びの一環で、
学校の敷地内に田んぼを作り、自分達の手で米作りを始めました。
それに合わせて、地元の農家さんから米作りを学ぼうぜ!ということになったのです。

授業では簡単に私の自己紹介をした後、
米農家の仕事・稲作の一年を子供たちに説明し、更に6月の田んぼの管理ポイント(水管理)や
稲の変化の観察ポイント(分げつ)などをお話してきました。
IMG_2217.jpg
子供たちは凄く真剣に話を聞いてくれて、メモもしっかりとってくれて
めちゃくちゃ嬉しかったです・・・!

自分の小学5年生の頃と大違い!
※人の話はちゃんと聞かないし、ノートは○×ゲーム(漢字の「井」みたいな枠に印つけてくやつ)の
  落書きばっかりだった覚えがあります!


子供たちのリアクションも凄く良くて、こちらから質問を投げかけると
積極的に色んな応えを返してくます。

投げかけた質問の一つに
「お米は収穫後に乾燥させる必要があります。何故だと思いますかー?」
って振ってみました。

すると生徒の1人から
「乾燥しないと籾擦りの時に米が割れっから!」
と、なんとも玄人な答えが返ってきました。

さては君、米作りやってる!?とビビりましたが、小学5年生ってのは
自分が思う以上に色んな事を知っていて、考えていて、大人でした。
話していてこっちも沢山学ぶ事があったし、凄く楽しい時間を過ごせました。

※ちなみに、お米を収穫後に乾燥させる(水分調整)理由は
 お米の割れや肌ずれを防ぐほかにも「品質を保つため」という役割があります。


お米の授業は月一回のスケジュール(8月は夏休みなのでお休み)で実りの秋まで行います。
子供たちに色んな話が出来るように(スマッシュの様な質問にもしっかり応えられる様に!)
私ももっともっと勉強していきたいと思います。

5年生のみんな、そして先生方、素敵な時間をありがとうございました!

=================================
ブログランキングに参加しております。
応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。
人気ブログランキングへ  ビジネスブログランキング
何卒、宜しくお願い致します。