メディアにてご紹介。

2012年06月01日 06:35

5月~6月、ちょこちょこっと石井農園をメディアで紹介して頂きました。

5月2日NHK新潟の夕方ニュースにて紹介。
5月9日、5月16日にFM新潟「Gottcha!!」にて紹介。
現代農業7月号の「溝切り特集」にて紹介。

皆様、ありがとうございましたー!

農業共済新聞にて。

2012年01月06日 23:56

先日、農業共済新聞(新潟版)にて
石井農園のお米販売の取り組みを紹介して頂きました。 
P1020144.jpg
※農業共済とは何ぞやって方の為に豆知識を。 
 農業共済・NOSAIというのは、農家が掛金を出し合い共同財産を積み立て、
 災害を受けた農家は、その共同の財産から共済金を受け取るという仕組み。
 台風・洪水・冷害などの自然災害や病虫害などのリスクから、作物・家畜・農業施設を
 安定的な農業経営の為に支える制度で、農家にとって無くてはならい存在です。  
 農業共済新聞は、そのNOSAIさんの新聞です。


新聞の中では就農経緯~就農後の取り組みや、今の農園概要、
販売状況などを記事にして頂きました。

ぶっちゃけ、大きな農家さんや先進的に米直売に取り組まれてきた
方達から見れば、石井農園なんてのはまだまだ米粒のような存在であります。

しかしながら、私が農業を始めたばかりの頃から比べれば、
ウチのお米を買ってくれるお客さんが少しずつ増えてきてくれたおかげで
稲作部門もなんとかやっていけるようになりました。

本当に、お客さん達に感謝の気持ちで一杯です・・・!



そんなお客さん達に、昨年は大変ご迷惑もお掛けしました。
新米を待たずして、早くに米が売り切れてしまったのであります。

震災に端を発した物資のパニックもありましたが、
根本的な問題として、我が家のお米の生産量・農地面積の限界を感じました。

現在ウチの農地(水田)は自らの土地、借地合わせて5.7haです。
※100M×570Mの面積です。


この面積は私が就農したときと変わっておりません。

就農当時、5.7haの水田経営で親子二人が食って行く事は容易でないと思い、
米の直売拡大と、一部の水田を転作(畑化)して野菜栽培を導入することで
農作物販売額と、利益率を増加させて経営を改善・発展させようと親子で頑張りました。

そして今では4.2haでお米を作り、1.5ヘクタールでネギなどの野菜をそだてております。

水田と畑の輪作体系(野菜の病気などの連作障害や畑雑草を軽減する為に
1~2年おきに田んぼと畑を入れ替えるのです)のことも考えると、主力のコシヒカリを
作れる面積は結構限られます。

コシヒカリは草丈が伸びやすく、倒れやすい特徴を持った米の為、
野菜や大豆などを作った後の田んぼでは土が肥え過ぎていて
上手にコシヒカリは作れないのです。(草丈が伸び過ぎて倒れます)


今後、もっとお米を沢山作りたいし、野菜栽培にももっと挑戦したいです。
なので、農地面積を広げる事が石井農園の課題の一つであります。
なんとかやっていける経営から、安定的な経営にせねばなりません。

中山間地では耕作放棄地が増えて問題となっている反面、
ある程度区画の整った平野部ではなかなか農地が流動しない地域も少なくないです。

うちの回りも、空いている田んぼなんてのはありません。
そんな中で私に出来る事は、とにかく農業を頑張って、
地域の中で一目置いて貰える若造を目指す事。

なんかあったとき、「あいつに田んぼを任せてみるか」と
思って貰える農家になる事です。 

信頼して貰える為に、頑張らないとです。



・・・新聞のお話からちょっと脱線してしまいましたが、
そんな意気込みでこれからも石井農園は頑張ります。

記事に取り上げてくれたNOSAI新潟の担当さん、ありがとうございました!

=================================
ブログランキングに参加しております。
応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。
人気ブログランキングへ  ビジネスブログランキング
何卒、宜しくお願い致します。

FM新潟にて。そして今年は30日が仕事納めです。

2011年12月28日 23:59

実は12月21日と12月28日(今日)の2回に渡って、
FM新潟の番組、Goocha!!の「俺たち長靴族」というコーナーで石井農園を紹介して頂きました。
FM_20111229005547.jpg
番組では農園の紹介や作物の事、土ネギお得情報などを
宣伝して頂きました。 FM新潟の皆様、どうもありがとうございましたー!


ラジオ効果もあって、先週~今週と沢山の方が土ネギをお買い求めに来てくれました。
PB090026_20111229005625.jpg
雪道にも関わらず、皆さんありがとうございました!


そして、ラジオの放送内で年内の営業日をうっかりお伝えし忘れてしまったのですが、
石井農園は12月30日のお昼で仕事納めとなります。

なので、土ネギをお買い求めのお客様は明日~明後日(30日)の
午前中までにお越しいただければ幸いでございます。
PB180076_20111229005637.jpg
※写真は11月に撮ったモノ。今は農園の周りは雪が積もっております。


今年も残りわずか。
我武者羅に取り組んできたネギ出荷も明日頑張れば今年の市場出荷はおしまいです。
(30日朝の競りを最後に、市場も年末年始休み突入なのです)

その後、年末休みを挟み(といってもその間も後回しにしていた仕事の片付けや
飲食店さんからの注文分ネギの用意をします)、新年は1月4日より通常業務を開始致します。

後1日、歯を食いしばって頑張ります・・・!



※ちなみに、土ネギのお客さんからは
 「農園が見つからなくて探したよー!」というお言葉も沢山頂きました。
  お手数をお掛け致しました・・・・! 
 
  改めて、石井農園・作業ハウスの場所をご紹介。

  石井農園ハウスの場所は弥彦村山崎1076です。
  地図でいうとこのへんになります。

より大きな地図で 無題 を表示

 丸長建設さんという会社の隣に、ひっそりとハウスがたたずんでおります。
 とても地味なので、意図せず隠れ家的なハウスとなっております。  

 是非、探検気分でお越し下さいませ!

アグリノート(仮称)、アグロ・イノベーション2011に出展。

2011年11月25日 06:57

以前ブログでも少し触れさせて頂いた、新潟発の農業支援システム「アグリノート(仮称)」。
※以前のブログはこちら。

アグリノート(仮称)はグーグルマップなどの地図上に農地をマッピングし、
作業記録・農薬や肥料の使用履歴・作物の生育状況などを
簡単かつ視覚的に情報管理する事が出来るシステムです。

更に、このシステムはネットでデータ共有するクラウドなので、
田畑で作業した内容をその場で携帯(スマートフォン)から記録したり
作業者間や実需者との間で農産物の栽培履歴をリアルタイムで共有する事も
可能になります。

デモ運用を行いながら農業者の意見を吸い上げ、農業者とIT技術者が
力を合わせてより良いモノへ作り上げようとやってきました。

私も、このプロジェクトの発起人である先輩農家さんのご紹介で
現在モニターとしてシステムを使わせて頂いています。ありがたや。


そんなアグリノート(仮称)が22日、農業新聞に大きな広告を載せました。
PB220002.jpg
2012年春の商用版カットオーバーに向けて、徐々に広報段階に入ってきました。
まずは11月30日に幕張メッセで開催される「アグロ・イノベーション2011」にも出展との事です。

※アグロ・イノベーションとは生産分野と流通・加工分野の各課題の解決を図り、
 さらに各分野を繋ぐ情報システムやソフトウェア、関連サービスを一堂に集め、青果物に関連する
 すべての事業者のサステナビリティを実現し、新たな「農業ビジネス」の進展を促すことを
 目的としたイベントらしいです。(イベント概要を参照・抜粋)
 アグロ・イノベーション2011のホームページはこちら。



ちなみに、広告に使って頂いた背景写真は私とウチのネギ畑です。

私のアゴ周りがなんかちょっとたぷついているのは写真を撮られている緊張と
アラサー男の気の緩み(体の緩み)から来ているのではないかと推察しております。
アゴ痩せしなきゃ・・・!!


このアグリノート(仮称)は、使用者の要望を聞きながらこれからも発展を続けるとの事、
そして今後の発展・更には各種サービスとの連携など、農作物生産現場での作業効率化
だけにとどまらない沢山の可能性が感じられるシステムだと思います。

興味のある方は是非、アグロイノベーションや
システムのホームページなども覗いて見て下さいませ。  

アグリノート(仮称)ホームページはこちら。



=================================
ブログランキングに参加しております。
応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。
人気ブログランキングへ  ビジネスブログランキング
何卒、宜しくお願い致します。


新潟日報さんと熊本・岩手農業誌にて。

2011年11月04日 23:00

先月末、新潟日報さんの「無中人」という企画で
ちょこっとだけ石井農園~私の事を紹介して頂きました。
PA260089.jpg
スポンサーは県の観光協会さんで、新潟の食・文化・産業などに
関わる若者を毎週紹介して行くんだとか。

私の前後では芸子さん、桐たんす職人、旅館の若女将など
色んな業界で頑張っている同世代の方々が紹介されておりました。  

ちなみに、私の記事を見た先輩農家さんから「石井君!写真が変顔だったよ!」と
すかさず連絡がありましたが、先輩、写真はいたって真顔です。 私はそーいう顔でありんす。

記事の内容はインタビューをもとに記者さんがまとめて下さったのですが、
素敵に紹介して下さっていて感激でした。 ありがとうございました。






また、今年の8月に熊本の農業雑誌「AGRI」、
10月に岩手の農業雑誌「農業普及」にて10代目ブログの紹介をして頂きました。
PA310119.jpg
どちらの雑誌でも発行後に「記事みたよー」っていう連絡が両県にいる知人農家さんや
偶然にも以前からブログを呼んでいてくれた方などから届きまして、
農業界は日本全国色んな所で繋がっているなと改めて感じた次第であります。


ちなみに、この原稿の依頼を受けて書き上げたのが去年の10月です。
PA310121.jpg
なので作物の栽培面積やブログのアクセス状況等は、
若干現在との時差がございます(^_^;
最新の数字などは現在のブログをご参照して頂けると幸いです。


両県の雑誌担当者の方には、ブログを紹介して頂いて本当に感謝です。
改めてありがとうございました!

今後もコツコツとブログの更新を続けていきたいと思います。