今年(2012)も銀杏収穫の季節がやって参りました!

2012年10月15日 19:53

今年も銀杏収穫の季節がやって参りました!!
P9250031.jpg
石井農園には裏山に銀杏畑がありまして、毎年秋になると
その実を集めて銀杏の販売を行っております。

今年もたわわに実っております。
P9250039.jpg
これを棒で突っついたり、木に登って枝を揺すったりして落とす訳ですが、
ピンポン玉大の銀杏の実が降り注ぐ様は非常に爽快であります!

※銀杏の収穫風景の動画が去年のブログに載っております。こちら。


そして、石井農園の場合、銀杏収穫の際に決して忘れてはならないアイテムがあります。
P9250034.jpg
それは・・・


蚊取り線香です。(腰に付けられる携帯型)
P9250037.jpg
畑が山の中って事もあり、蚊取り線香がないと蚊の大軍に襲われて
銀杏収穫どころじゃなくなります。 


そんな苦労をしながら集めた銀杏たち。
PA140020_20121015205524.jpg
今度は果肉を取り除いて中の種(これが銀杏)を取り出す作業を行います。


まず、一晩水につけて果肉をふやかして柔らかくします。
P9250044.jpg


その後専用の銀杏剥き機にかけて果肉を取り除き、種をキレイに洗い上げます。
PA240070_20121015205532.jpg


洗い終わった種はコンテナに広げて乾かします。
PA300102_20121015205536.jpg
表面の水分が飛んだら完成です!
しっかり洗い上げてあるので、銀杏の独特な香りも致しません。


出来あがった銀杏は、レンジやフライパンで火を通せば
この様にキレイな緑(翡翠色)になります。
PginnA210294-1.jpg
新鮮な旬の銀杏は黄色では無く、緑色をしているのです。

これに塩をちょこっと付けて食べれば・・・・・もうたまらん!


石井農園銀杏は、毎年地元の直売所などで販売しております。
今年は「ウオロク吉田店」、フジタファームの「メルカート」(岩室)、
新潟市西蒲区の道の駅「いわむろや」にて販売しております。

そして・・・!

今年は試験的に、石井農園のホームページでも銀杏の販売を行います!
期間限定の商品ですのでお早めに・・・!

是非、お米と一緒にご注文下さいませ~。
※もちろん銀杏だけのご注文も大歓迎です(^-^)!



=================================
ブログランキングに参加しております。
応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。
人気ブログランキングへ  ビジネスブログランキング
何卒、宜しくお願い致します。


さくらんぼ2012。

2012年06月14日 05:08

4月中旬、石井農園のさくらんぼの木が満開となりました。
P4190058.jpg
石井農園にはじーちゃんの管理するさくらんぼの木が2本だけあります。
品種は・・・不明。汗 (佐藤錦とかそーいう立派なものではないらしい)



5月23日、花が散った後のさんらんぼの木に葉小さな実が付きました。
P5240064.jpg
ここで本当は実を落として数を調整してやれば大きな粒が採れるらしいのですが・・・放置。


その後はさくらんぼが雨にあたって割れるのを防ぐために雨除けビニールを張りました。 
P5240069.jpg
ハウスの脇には鳥除けのネットも張ります。
※ネットを張らないとあっという間に鳥の集団に襲われてさくらんぼが全滅します。
 鳥は侮れません!


6月1日。実がかなり膨らんできました。
P6040019_20120605211426.jpg
基本放置なのでプロのさくらんぼ農家さんが見たら卒倒する様な状態かもしれませんが、
木の上で真っ赤になるまで熟させると、そこそこに甘~く美味しくなりました。

木が2本ってのがまた微妙で、自家で食べ切るには多いし売るには少ない量なのです。
自分でも腹いっぱい食べて、親戚の子供たちに積み取りを楽しんで貰って、
残りは近所の直売所さんに置かせて貰って、無事に全ての実を採りきれました。


6月中旬、収穫を終えたので雨よけ用のビニールを取り除きます。
P6110053.jpg
傷んだ実や色の悪い実などを木に残しておいたのですが、
ビニールをとった途端、早速小鳥たちが実をつつきに来ておりました。



石井農園には盆栽感覚でじーちゃんがあれこれと果樹を植えております。
※どれも微妙な量で。汗

ブルーベリー、キウイフルーツ、柿、栗、アケビ、柚子、プルーン、
イチジク、梅、ポーポー、びわ、すもも(去年切ったかも)・・・etc。

今後も半分野生化している果樹達の様子、ちょいちょいお届け出来たらと思います。


=================================
ブログランキングに参加しております。
応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。
人気ブログランキングへ  ビジネスブログランキング
何卒、宜しくお願い致します。


プライヤーで銀杏を割るのです。

2011年11月28日 06:43

プライヤーってのはまるで銀杏の外皮をむく為に存在するのではないかと思う位に
銀杏割に適した工具であります。

我が家のプライヤー。 
PA300103.jpg
年季入りまくりです。



この挟み込む幅を調節できる穴を広げるのが銀杏割のコツであります。
PA300104.jpg
広げて使う事で、外殻だけ割って中身の粒を潰さないという
絶妙な力加減を簡単に実現する訳です。


しかも挟む部分のやや内側の空間エリアは、まるで銀杏の為に
作ったんじゃないかって位銀杏にジャストフィットします。
PA300105.jpg
滑り止めのギザギザも銀杏をはさみこむのに適しまくりです。



で、あとは握るだけです。
ばぎゃーーーーーーん!
PA300109.jpg
どんなに怪力で握ろうとも、これ以上締まる事がないので中身を傷めないのです。


あとは割れた外皮を採れば美味しい銀杏が取り出せました。
PA300113.jpg
レンジでチンするなり、フライパンで炒めるなりあとはお好みで調理出来ます!

※写真の銀杏は生のため乳白色をしていますが、加熱すると淡い緑色(翡翠色)になります。


いままで銀杏は好きだけど割るのがメンドクサイ(レンジ・封筒コンボでも上手に割れなかった)
なんて方は、是非100円ショップでプライヤーと買ってきてお試し下さいませ~。

銀杏2011。

2011年11月13日 22:43

一月ほど前にさかのぼりまして、10月中旬のお話。

石井農園の銀杏収穫が行われました!
PA140015-1.jpg


ことしは去年に比べ、全体の粒数(収量は)3~4割ほど少ないですが、
それでもなりの良い木はぎっしりと枝に実をぶらさげています。
PA140013.jpg
収穫の際は木の下にネットを引いて、
一気に実を落としてからまとめて回収します。

去年の銀杏落としの動画があるので参考にご覧頂けたら幸いであります。

銀杏のスコールでございます・・・!


ネットに落とした銀杏は軽く葉っぱを取り除いたのち、
ネットに詰めて作業場に持ち帰ります。
PA140016.jpg


今年も中々の大粒です。
PA140020.jpg


持ち帰った銀杏はネットに入れた状態のままで水に漬けます。
PA170038.jpg
こうすることで皮をふやかし、キレイに皮(果肉)を取り除けるようにします。


数日ほど水に付けたのちに、今度は専用の皮むき機に銀杏を入れて
種だけをツルンと取り出します。
PA240070.jpg
銀杏の皮むき機には色んなタイプがありますが、
ウチの機械は何本かのブラシが回転しながら果肉を取り除いて
種(銀杏)を磨きあげます。 

一度に処理できる量は少なめですが、
ブラシのおかげで果肉が残らずキレイに仕上がります。


皮を剥き終えた銀杏はコンテナに移し、
風当たりの良い所で水気を飛ばします。
PA270092.jpg
ここでちゃんと殻を乾かしてやらないと匂いが残・・・る気がします。
※しっかり皮剥き・洗浄~乾燥させた銀杏は臭くないのですよ。

その後適当な目合いの枠を使って銀杏の粒を選別して小さなものを取り除きます。
PA300102.jpg
ウチの銀杏は藤九郎(とうくろう)って品種で、結構大粒なのが採れます。


最後はネットに詰めて完成。
PA300100.jpg
白・・・大袋(500グラム)、赤・・・小袋(250グラム)。


石井農園銀杏は現在岩室の直売所で販売して頂いております。

道の駅として物産販売や様々なイベントも開催される新潟市観光施設いわむろや、そして
美味しいジェラートで有名なレガーロを展開するフジタファームさんの直売所「メルカート
にてお買い求め頂けます。

弥彦~岩室へお越しの際は、是非覗いて行ってみて下さいませ~。



じーちゃんのアケビ。

2011年10月28日 22:51

じーちゃん(8代目)は果樹が好きです。
親父(9代目)に田んぼをバトンタッチした後は果樹に没頭。

15年ほど前までは裏山の畑に棚を作り、葡萄を市場出荷用に育てておりましたが
現在は銀杏・キウイ・イチジク・・・と、半ば趣味的に色んな果樹を育てております。


そんな中でも特にじーちゃんのお気に入りなのが「あけび」です。
PA240072.jpg
じーちゃんの幼少時代は今ほどに裕福な時代では無く、
お菓子や果物の種類も限られておりました。

その為、山で自生していた「あけび」はごちそうだったらしく、
あけびは幼少時代の思い出と共に、今でもじーちゃんの大好物です。



そんなじーちゃんは10年(15年だったかな?)程前に
野生のアケビの枝を接ぎ木して自分で育てた苗を畑に植えました。



大事に大事にあけびの苗を愛でて・・・




愛でて愛でて、




愛でまくって、




愛でくりまわした結果・・・・





こんなにでっかくなりました。
PA230066.jpg
パっとみ、サツマイモがなってるかと思いました。


ちなみに、アケビの味については
「食べた事ないから分からない」って方も少なくないと思います。

じーちゃんは「あけびって最高に旨い!」と、大喜びでむしゃぶりついてますが、
私的には・・・種が多い上に、果肉は酸味が無くただ甘いだけの砂糖水のゼリー
みたいな味であります!  いや、ホントに。

とても独特な果樹でありますが、好きな人は凄い好きらしいです。
PA250085.jpg
ちなみに私はこの大きなアケビを1つ食べると、
一生分のアケビを食べた気分になれます。



=================================
ブログランキングに参加しております。
応援ボタンをぽちっと押して頂けるとブログの励みになります。
人気ブログランキングへ  ビジネスブログランキング
何卒、宜しくお願い致します。