FC2ブログ

溝切り

2020年06月20日 22:31

6月下旬。
稲も大きくなり、照り付ける太陽は夏の様相。

20200621_095913.jpg

さて、この時期の稲作農家の仕事と言えば、やっぱり溝切。
田んぼを乾かすガス抜き~中干しとセットで行う作業です。

田んぼに溝を切ることで、用水の入水・排水をスムーズに行うことが
できるようになります。

溝切りの詳しい作業の模様は、2019年の石井農園溝切りブログにて!


さぁ、綺麗な溝が切れました。
20200621_100107.jpg
泥に描いたこの溝は、適度に乾かすことで強固に固まり、水を流しても
形が崩れないようになります。
秋の稲刈りが終わった時にも、しっかり溝の跡が残っています。

田んぼの大事な水路です。

ガス抜きやってます

2020年06月02日 23:32

新潟もここ最近夏日が続いております。
暑い・・・ああ暑い・・・・・・(余計に暑くなる)。

さて、ちょうど田植えから一カ月たった田んぼでは、
一回り大きく、たくましくなった稲たちが葉を広げています。
20200531_062601.jpg
そして土中ではガスが発生しています。

・・・ガス!?

そうなのです。
気温が上がってくると、前年の稲ワラや根っこなどの有機物が土中で分解が進み
その過程で硫化水素などのガスが発生します。

有機物の分解のよって発生するガスは稲の根の成長に悪影響を及ぼすため、
この時期田んぼの水を抜き、土中に空気を送り込んでガスを抜く、「ガス抜き」という
作業を行います。

20200531_062619.jpg
ガス抜きが終わると、またたっぷり水を張ります。

これから稲の分げつ(茎が増える事)も進み、一気に田んぼは
一面が緑色の草原の様になっていきます。

今からとっても楽しみです。

弥彦の山に日が暮れる

2020年05月30日 23:31

弥彦の山に日が暮れます。
20200530_181542.jpg
植物は日中、光合成で作った同化養分を夜の間に転流させて
体や種子に栄養をため込みます。

光合成を行わない夜間が暑いと、呼吸によって養分が消費されてしまい
せっかく作った養分が効率的に蓄積できなくなります。

つまり、よく聞く 「寒暖差が良いんです」 って話は、夜間にスムーズに気温が下がることで
植物が効率よく養分を蓄積できるから良い作物が穫れます という事です。

弥彦村は西側に弥彦山があることで、西日を早くに遮ることが出来、
それにより植物は負担を減らすことが出来ます。

楽になるのは農家も同じ。

夏日が続くこの時期、日中の暑さが徐々にしんどくなってきます。
太陽が隠れてから、空が真っ暗になるまでの涼しい時間が活動しやすいゴールデンタイム!

早くに直射日光が遮られて、活動しやすいゴールデンタイムが長い事も
弥彦山の大事な恩恵であります。

さぁー ここから一仕事するべー。

稲の苗の成長

2020年04月25日 23:47

すじまきから約20日。

びしっと生え揃った稲の苗が緑のカーペットの様に広がっています。
20200426_102953.jpg

ずいぶん大きくなりました。
あと一週間もすれば田植えサイズ(12㎝)に達します。
20200426_103015.jpg

葉先の水滴がきれい。
20200426_103032.jpg

さあ、苗が仕上がるまでに代掻きを終わらせよう!
ファイトー!

代掻き。

2020年04月24日 20:53

つい先日まで、田んぼに張り巡らされた用水路はこんな状態でした。
P4240138.jpg
申し訳程度に雨水がちょろちょろ溜まってる程度。


乾いた用水路に、どんぶらこっこと水が流れ始めました。
P4240140.jpg
用水路は農閉期の間、水門を閉じているため乾いています。
だから春になって水が流れ出すと「いよいよ来たな!」って嬉しい気分になります。


まだ雪深い越後山脈から雪解け水となって信濃川を流れて
はるばる弥彦までやってきた水です。

よくぞ、よくぞ来てくれた!!!


って、思ってるのは農家だけじゃなくって、コイツも一緒のはず。
P4240144.jpg
毎年用水路に水が流れ出すと、一気に冬眠から出てきます。
これから毎晩、カエルの合唱が聞こえる様になります。


用水路の水は田起こし(荒耕し)を終えた田んぼに注ぎ込こまれ・・・
P4240146.jpg


田んぼをひたひたに満たします。
P4250154.jpg


水が満ちて土が柔らかくなった所で、トラクター突入。
P4250155.jpg
トラクターの後ろに付いているのは「ハーロー」という作業機で、
田んぼの土を、細かく砕き、田面を滑らかに整えて行きます。

ちなみにこの作業を「代かき」と云います。
P4250156.jpg
代かきが終われば、次の作業はいよいよ田植えです!!


今年の田植えは5月1日から開始予定。
それまでは、代かいてかいてかきまくります。