FC2ブログ

下町ロケット見てますか。

2018年11月19日 07:39

新潟県民の新聞と言えば、そう、新潟日報。

11月16日の一面は「大雪時チェーン義務化」。
20181118_001852.jpg
国道交通省は、今後大雪の際に立ち往生が懸念される道路では
すべての車にタイヤチェーン装着を義務付ける方針・・・とのこと。

雪国新潟に住む以上、決して他人事ではないニュースであります。

ってことはなんだ。私もこれからは大雪に備えてチェーンを買って、車に積んでおかなければ
ならないってことなんじゃないのかって思っていたら・・・・なんと!



新聞一面の下部分に「下町ロケット」のでっかい広告。
20181118_001906.jpg
そう。言いたかったのはこっち。

日曜9時、下町ロケット見てますか!?
今度の舞台は宇宙と農業。しかも農業現場のロケ地は燕市!(弥彦村のお隣です)

ドラマでは弥彦村でのロケも多く、弥彦山や近所の景色も映りまくりです。
ドラマを見ながらとっても親近感を感じています。

更に、今度の3連休にはまたも燕で大型ロケが行われます。

農家役のエキストラも沢山募集しているようなので、これはいっちょ
佃製作所の皆さんと共演できるチャンスかもしれない!

いよいよこれから、農業話が盛り上がる場面に入っていきます。
日曜の夜が楽しみです。

冬の足音

2018年11月18日 22:13

11月に入り、徐々に空を飛ぶ白鳥の数が増えてきました。

あっちでも。
P2230085_20141124091431327.jpg

こっちでも。
PC020026_20111205073245_20141124091430f59.jpg
新潟は川、池、湖が多く、ラムサール条約に登録されている水辺(佐潟・瓢湖)もあります。
そこを目指して毎年沢山の白鳥をはじめとする渡り鳥がやってきます。

空を編隊飛行しながらシベリアからやってくる白鳥たちをみると、
冬の足音を感じます。


また、11月中旬を過ぎるとアラレも降るようになってきます。
PB140075_201411240914298d6.jpg
あいたたたた! 痛い!寒ーい!
今日もお昼過ぎにでっかいあられがふりました。冬だね!

早めのスタッドレス交換を心がけましょう。

菊祭りが始まりました。

2018年11月01日 23:20

11月1日、弥彦も青空が広がりまして、
弥彦神社には沢山の観光客が押し寄せておりました。

そうです。
今年も弥彦神社の菊祭りが始まったのです。
DSC_0844.jpg


目玉の大風景花壇、今年のテーマは「華厳の滝」
菊祭2018
NHKの全国放送番組でも弥彦神社の菊祭りが紹介されてて
テンション上がりました。

弥彦神社の菊祭は11月24日まで開催中。
弥彦山の紅葉も見頃ですので、是非秋の行楽は弥彦へどうぞー!

2018年の里芋

2018年10月28日 23:35

今年、耕作放棄地的な田んぼの隅っこや畑の空いた隙間に
里芋をぽとぽと植えておりました。

ちょっと深めに掘った穴に埋めただけの里芋。
それから半年。

すっかり忘れて いや、人の手を掛けず、
自然のあるがままに任せて育った里芋たちを収穫してきました。

20181021_161606.jpg

今年の新潟は雨が非常に少なく、それもあって里芋の生育が悪い。
葉っぱが少なく、株が小さい。

休耕田といっても一応田んぼなんだから水を引いてあげればよかったのですが、
すっかり忘れて いや、自然に任せていたのでしょうがない。

きっと芋も少ないだろーなー。
と、思って掘ってみたところ、案の定子芋は少ない。

しかし、小ぶりながらも白くて真ん丸な、美味しそうな芋たちがついておりました。
20181021_164526.jpg
ちょーうまそうです!


さっそく洗って、その日の夕ご飯に芋煮にしました。
20181021_195801.jpg
ねっとりほくほく、うまーい!

写真の畑は里芋を植えた畑の一部でして、
他にもたくさん里芋畑があります。

里芋は美味しいけれど、掘るのが大変!
腰をやってしまわない様に、ぼちぼち掘り進めていきたいと思います。


銀杏皮むき作業。

2018年10月20日 23:07

前回に続き銀杏のお話。
PA140020_20121015205524.jpg
山から銀杏を集めてきたら、今度は果肉を取り除いて
中の種(これがぎんなん)を取り出す作業を行います。


まず、銀杏を数日水につけてふやかし、果肉を除去しやすいように柔らかくします。
P9250044.jpg


その後専用の銀杏剥き機にかけて果肉を取り除きつつ、種をキレイに洗い上げます。
PA240070_20121015205532.jpg
一度ではなかなかきれいに洗い上げることができないため、
ここからまた数日かけて水漬けと洗浄(専用機械によるブラッシング)を繰り返し
ようやくきれいな銀杏になります。


洗い終わった種はコンテナに広げて乾かします。
PA300102_20121015205536.jpg
表面の水分が飛んだら完成です!
しっかり洗い上げてあるので、銀杏の独特な香りも致しません。


出来あがった銀杏は、レンジやフライパンで火を通せば
この様にキレイな緑(翡翠色)になります。
PginnA210294-1.jpg
新鮮な旬の銀杏は黄色では無く、緑色をしているのです。

これに塩をちょこっと付けて食べれば・・・・・もうたまらん!

石井農園銀杏は、毎年地元の直売所などで販売しております。
そして、石井農園のホームページでも期間限定で販売を行います。
売り切れ次第終了ですのでお早めに・・・!

是非、お米と一緒にご注文下さいませ~。
※もちろん銀杏だけのご注文も大歓迎です!