FC2ブログ

8月11日の田んぼの様子

2019年08月12日 00:33

8月11日のコシヒカリの田んぼ。
20190811_101300_20190812003843a60.jpg

しっかり穂が出揃いました。
20190811_101313.jpg

一足早く穂を出していた早生品種(こしいぶき)の田んぼでは
既に穂が頭を垂れ始めていて、色もほんのり黄色味を帯びてきています。
20190811_100657.jpg

このまま順調にお米が育ってくれると良いのですが、心配なのが台風10号。
穂が育つデリケートなこの時期に台風の風に強く煽られると、水分が持っていかれて「白穂」
という穂が枯れる大被害が出ることがあります。
※H18年にはものすごい被害がありました。汗

対策として出来ることは、とにかく田んぼに水を供給すること。
20190811_100917.jpg

フェーン現象など、高温の風が吹くかもしれない予兆のある時は
とにかく稲が乾かないようにたっぷり水を与えます。
20190811_101405.jpg

台風が何事もなく通過しますように!


==================================================================
【2019年産 新米コシヒカリの予約を開始しました】

今年も9月30日までの期間限定で、新米を予約してくれたお客様には
送料無料・もち米2合のおまけ付きで新米を発送致します。

ご予約は石井農園のHPよりお気軽にどうぞ!

例年、10月1日から新米を発送させて頂いておりましたが、
今年は栽培面積増加によって稲刈りが長引くことが予想されるため
10月10日からの新米発送とさせて頂きます。
※到着日指定のお客様は、確実に到着できるように10月13日以降の日程で
  ご指定頂くようお願いします。

この機会に是非、石井農園のお米をご賞味頂けたら幸いです。
何卒、宜しくお願い致します!

2019年産コシヒカリ 新米予約 開始しました!

2019年07月28日 22:56

7月末の弥彦村。
梅雨が明けて、強烈な日差しが降り注いでいます。
いよいよ夏本番です。
20190727_093723.jpg

早生品種の田んぼでは、すでに沢山の稲穂が顔を出しています。
20190727_094112.jpg

稲穂が風に揺れています。
まだ出穂したばかりの穂は、まっすぐ上に伸びた状態で風に揺れています。
20190727_094141.jpg
これから穂の中身が充実するにしたがって、徐々に頭を垂れていきます。


コシヒカリの田んぼではまだ穂が見えませんが、
前回の生育測定と同じく、茎を割ってみると・・・
20190727_093857.jpg
大きく成長した真っ白な稲穂が詰まっていました。
来週には、コシヒカリも出穂すると思われます。

これから1カ月は稲穂が太る大事な時期です。
水管理に一層の注意を払いながら、稲刈りに向けて乾燥機やコンバインの整備を
行っていきます。


そして、例年より少し早いですが、
【2019年産 新米コシヒカリ】 の予約を開始しました。

今年も9月30日までの期間限定で、新米を予約してくれたお客様には
送料無料・もち米2合のおまけ付きで新米を発送させて頂きます!

ご予約は石井農園のHPよりお気軽にどうぞ!

例年、10月1日から新米を発送させて頂いておりましたが、
今年は栽培面積増加によって稲刈りが長引くことが予想されるため
10月10日からの新米発送とさせて頂きます。
※到着日指定のお客様は、確実に到着できるように10月13日以降の日程で
  ご指定頂くようお願いします。

この機会に是非、石井農園のお米をご賞味頂けたら幸いです。
何卒、宜しくお願い致します!





えごまの栽培記録

2019年07月25日 23:32

えごま栽培のダイジェストです。

【6月9日の記録】
5月1日に播種を行い、ハウスで育苗~5月20日に定植した苗。
20190609_155847.jpg

20190609_155910.jpg

5月20日に畑に直播種したエゴマ。
20190609_155855.jpg

20190609_155902.jpg



【6月23日の記録】
移植苗はここまで大きくなりました。
20190622_121436.jpg

20190622_121445.jpg

直播はこんな感じ。
結構追い付いてきた気がする。
20190622_121506.jpg

20190622_121459.jpg

【7月25日の記録】
移植苗。1カ月で見違えるほど大きくなりました。
現在すでに草丈は1メートルほどあります。
20190727_093239.jpg
ちなみに、写真中央の畝は1カ月前に摘芯を行いました。
写真ではわかり難いですが、他の畝に比べて確実に脇芽が逞しく成長し
畝全体がずんぐりと成長した感じがします。


左側、直播の畝です。
かなり逞しくなってきましたが、まだまだ移植苗には生育が及びません。
20190727_093458.jpg



今後はエゴマにも花が咲き、栄養成長から生殖成長に切り替わっていきます。
どのように生育していくか、楽しみです!

展示会に行ってきました。

2019年07月16日 21:08

先日、長岡市で開催されたクボタの展示会に行ってきました。
20190706_134100.jpg
トラクター、田植え機、コンバイン・・・と、
クボタの誇る最新の機種を見てきました。

GPS補正やら、収穫と同時進行での収量・食味測定やら、
農機の進歩はすさまじいです。 完全自動運転もそう遠くないでしょう。

クボタの展示会には、上記のような基幹的な農機だけでなく、
種まき機、防除機、籾摺り機・・・など、様々な農機メーカーも関連ブースで
出展しております。

昨年は8条田植機、今年は肥料散布機を購入しました。
来年は・・・・フレコン設備がほしい!
※今年はもう出荷用の紙袋も発注してあるし・・・


ちなみに、フレコン(フレキシブルコンテナパック)出荷とは・・・

お米を出荷する際に30㎏袋に玄米を詰め込むのではなく、
大きな袋の中に1tもの玄米を詰めて出荷する方法。
フォークリフトがあれば手作業で米袋を積み上げる作業が
なくなるため、格段に体力的な負担が軽減されます。


我が家の作業場は天井高が低く、フレコン設備を入れることが出来ませんでした。
※コンパクトなフレコン設備でも高さ3Mは必要・・・ (我が家の作業場は天井高2350㎜)

しかしながら、今回の展示会でメーカーの担当者と相談して、
最低限の設備(フレコンスタンド と フレコン計り)と貯留槽・昇降機を組み合わせれば、
なんとかなるかもしれない!

今年の冬は、作業場の改造とDIYで来年の秋に向けて備えようと思います。
 

稲穂のあかちゃんです。

2019年07月15日 21:07

まだ梅雨の明けない新潟県。

弥彦村もどんより空が広がっていますが、それでも
元気に稲は葉を広げて育っております。
20190715_094352.jpg
写真はコシヒカリの田んぼです。

茎をひとつ、抜きまして・・・
20190715_094431.jpg

カッターで2つに裂きます。
20190715_094657.jpg

写真では見難いですが、写真中央・生長点のあたり見える白いかたまり、
これが「稲穂」です。 まだ小さい、あかちゃんの状態です。
20190715_095024.jpg
稲穂が成長していくこの時期を 「幼穂形成期(ようすいけいせいき)」と言います。
これから稲穂が茎から顔を出す(出穂)までの間、肥料・水の管理がとても大事です。

今年の出穂予想は8月4日頃の見通し。
いよいよ、稲の生育ステージは秋の実りに向かい始めます。