FC2ブログ

今年は中々晴れません

2020年07月12日 23:19

梅雨らしい天気が続く弥彦村。

稲は青々していますが、それがこんなにどんよりしていると田んぼの景色も映えません。汗
20200711_153857.jpg

日本海側に位置する新潟は、例年梅雨時期でもそこそこ晴れて
カラ梅雨であることが多いです。

しかしながら今年は、見事に雨マークばかりで中々晴が続きません。

全国では長雨・大雨の影響で大変な被害が出ているところもあります。
一日も早い梅雨明けが待ち遠しいです。

ありがとう、FMポート

2020年07月01日 01:10

私は農作業中、ポケットにラジオを入れています。

BGMとしてのラジオがあることで、気持ちも弾むし、作業にも集中できる。
なんつっても一人でいても寂しくない!

色んなラジオ局の番組を聞きますが、
新潟県民放送・FMポートも大好きなラジオです。

そんなFMポートが、6月30日をもって停波(閉局)しました。

いつも聞いてたナビゲーターの人たちの最後の挨拶、リスナーへの感謝、
24:00を迎えた瞬間に流れた砂嵐の音。

自分のブログを振り返ると、就農して間もない2009年に
すでにラジオなしではやっていけないって記事を書いていました。


その当時のブログでも、ラジオの経営の苦しさについて触れておりました。

あれから10年。
FMポートは慢性的に経営が苦しい中で、主要スポンサーの契約解除によって
今回の停波に至ったと聞きます。

何とも難しい現実で、閉局はとっても寂しいです。

しかし、それよりなにより、私もラジオに沢山助けられ、またラジオを愛する
リスナーの一人として、、、今は只々感謝しかございません。

今まで沢山の温かい気持ちを届けてくれたFMポートの皆さま、
本当に本当に、ありがとうございました。

芸術品

2020年06月25日 22:44

ふと格納庫を見たら・・・・

20200621_155739.jpg

上になんかある!
20200621_155750.jpg
一輪挿しのやつ!?
ここに!?

どこの陶芸家の作品かと思いましたが、製作者はハチのようです。
トックリバチ・・・かと思いきや、たぶんコガタスズメバチの巣みたいです。

真下で作業しているときに落ちてこないことを祈る。

溝切り

2020年06月20日 22:31

6月下旬。
稲も大きくなり、照り付ける太陽は夏の様相。

20200621_095913.jpg

さて、この時期の稲作農家の仕事と言えば、やっぱり溝切。
田んぼを乾かすガス抜き~中干しとセットで行う作業です。

田んぼに溝を切ることで、用水の入水・排水をスムーズに行うことが
できるようになります。

溝切りの詳しい作業の模様は、2019年の石井農園溝切りブログにて!


さぁ、綺麗な溝が切れました。
20200621_100107.jpg
泥に描いたこの溝は、適度に乾かすことで強固に固まり、水を流しても
形が崩れないようになります。
秋の稲刈りが終わった時にも、しっかり溝の跡が残っています。

田んぼの大事な水路です。

散歩とミツバチ。

2020年06月14日 23:33

ミツバチに興味をもってから、
「今の時期、自分の住んでいる地域にはどんな花が咲いてるかな?」
と、時折草花をながめる散歩をするようになりました。

ふと見ると、空き地に沢山のクローバー(シロツメクサ)。
20200531_094812.jpg
耳を澄ますとぶんぶん羽音も聞こえます。

ほらいた。
20200531_094940.jpg
黄色っぽい体色、西洋ミツバチと思われます。
せっせと蜜を集めていました。 うーむ、かわいい。


さらにトコトコ歩いていくと、ナヨクサフジが沢山咲いています。
20200531_131645.jpg
ここでもぶんぶん羽音が聞こえる。

ほらいた!
20200531_131657.jpg
すこし白黒っぽい体色の、丸っこいミツバチです。
日本ミツバチと思います。

こちらもせっせと蜜を集めています。
20200531_131730.jpg
弥彦だと、この時期矢川の土手周辺にたくさんのナヨクサフジが咲いていて
沢山の日本ミツバチが飛んでいます。

本当に沢山飛んでいます・・・なのに・・・なのに・・・
なぜ私の巣箱には来てくれないのだ!?涙

※すでに今年の分蜂シーズンは終了。チーン・・・・

石井農園のミツバチマンション(巣箱)には、今年も今のところ入居者ゼロ。
大家である私の努力がまだまだ足りないのだと思います。

今年も一年、ミツバチの生態・周辺の分布を観察しつつ、
来年の分蜂シーズンに向けて勉強したいと思います。