FC2ブログ

まだまだ続くよ「エゴマ栽培」

2020年01月20日 03:05

現在2020年1月ですが、ここからは2019年の10月のお話です。
※去年、アップを忘れてた・・・。汗


9月末までは青々と茂っていたエゴマでしたが、、、
20190914_093847.jpg

10月上旬に日本海側を通過した台風の影響であられもない姿に。
20191005_104126.jpg

台風の反時計回りの風で北へ向かって押し倒された挙句、まだ光合成をおこなっていた青い葉が
見事に吹っ飛ばされて茎ばかりに。汗
20191005_104140.jpg

畑に向かう道では木も倒れてこの通り。
自然の力の凄まじさを改めて痛感。
20191005_104048.jpg

たとえ葉っぱが吹っ飛ぼうとも、エゴマの茎が畑に残っただけ
良かったと思うことにしよう。 まだ多くの青い鞘が枝についています。
20191005_104226.jpg
残った葉っぱで、何とか光合成を頑張って・・・!

がしかし、

その後、10月中旬に太平洋側を進んだ新たな台風の影響で今度は北から南に向かって
強風が吹き荒れ、一度は北向きに倒されたはずのエゴマたちが一気に南向きに
ひっくり返されるというまさかの180度倒伏。汗
20191020_140139.jpg

地面を見ると、流石に鞘がボロボロとー。汗
20191020_150521.jpg

まだまだ未熟な鞘も多いですが、
20191020_140208.jpg

生育が早い枝は鞘が黒く熟し、
20191020_140257.jpg

中の種もいい感じになってきています。
20191020_140401.jpg
同時に、ちょっと触れるだけでポロポロと種が落ちやすくなっています。

本来は茎全体がもっと乾いて、種が熟してから収穫を行うのですが、
度重なるダメージで株はボロボロ、既に倒伏しており根っこもガタガタ。
このまま雨風が吹くごとに種が脱落していきそう・・・

悩んだ末、少しでも多くの種が残っているうちに収穫することにしました。
20191020_143121.jpg
実は、先日子供が見ていたNHK(Eテレ)のクックルンで、
「金ごま農家」さんが紹介されていました。

なんと、金ごまはまだ鞘が青く未熟なうちに茎ごと収穫し、そのまま
ハウスの中で茎ごと乾燥させるうちに種(ごま)もしっかり熟すというものでした。

・・・「これだ!」  と、思いましたよね!

※ちなみに、「ごま」 と 「エゴマ」 は全く別の植物ですので
 同じ方法が使えるとは限りません。


収穫してきたエゴマをハウスに広げます。
20191020_163826.jpg
クックルンでは束にまとめて立てて隙間をあけて、風通しが良いようにするのですが
手持ちのブルーシートが限られている為、あまり大きく広げられません。汗

この後、できる限り薄く広げた状態で、しばらく乾燥させました。


・・・1か月後(2019年11月~12月頃)。
乾燥してこんがりと茶色になったエゴマを、パシパシ叩いて種を落とす妻。
20191208_112842.jpg
からからに乾燥しているので、青かった鞘からも種がよく落ちます。


そして2020年1月。

茎と葉の混じった種を、ふるいを使ったり、扇風機の風を利用したり、
何度も何度も選別を行い・・・・
20200202_115611.jpg


ついにバケツ1杯分のエゴマとなりました!
・・・これだけ!?

20200202_161214.jpg
昨年は台風の被害が大きかったとはいえ、これだけの手間をかけて
得られるエゴマの量がこれだけとなると、エゴマ油が高級品であることも納得です。

しかも度重なる選別をしたにも関わらず、このバケツのエゴマは
良く見るとまだまだ細かい茎葉などの異物も混ざっているため、このまま食べたり
製油する為にはさらなる選別(ピンセットでごみを取り除く・・・など)や種の洗浄という
工程も必要となります。

エゴマ油、高い訳だわー。汗

まあしかしせっかくここまできたので、もうひと踏ん張り
製油を目指して頑張りたいと思います。

石井農園の年末年始

2020年01月02日 23:32

あけましておめでとうございます。
あっという間に2019年が終わり、やってきました2020年。

師走のどたばたから年末年始の連休にかけて、
すっかりブログの更新が滞っておりました・・・汗

石井農園の年末年始の模様を一挙にお届けします。

まず。
12月末、新しい軽トラックを買いました。
20191222_105029.jpg

新しいと言っても平成18年製。
諸経費含めて45万。

先代の軽トラック(H10年式!)を中古で買った10年前はもっと相場が安かったのですが
近年、日本の軽トラックが海外でも人気で中古車市場が品薄なんだそうです。
更に昨年の水害で軽トラックの需要が増えて相場が上がっているそうです。

これからまた10年、こいつと石井農園の歴史を作っていきます・・・!


新年を迎えるために自家用餅(玄米餅)をつきました。
20191230_113614.jpg
今年はちょっと硬かったですが、絶妙な粒感で満足の仕上がりでした。

更に山から竹と松の枝を切ってきて・・・
20191230_105622.jpg

キャン!キャン!キャン! と、電ノコで3本にカットしたら・・・
20191230_110026.jpg

門松の出来上がり!
20200105_161711.jpg
親父(9代目)、お見事。

新春を寿ぎながら、2020年も元気に農業したいと思います!
今年も石井農園を宜しくお願いします。

切りもち始めました。

2019年12月08日 23:08

今年も石井農園のこがねもちを使った切りもちの販売を開始しました。

DSC_0221.jpg
防腐剤などの添加物不使用です。
※賞味期限は来年の4月まで。

お正月はもちろん、12月に食べるお餅も美味しいですよ~!
もっちもちの触感をお楽しみくださいませ!

白鳥がやってきました。

2019年11月20日 22:54

今年も白鳥が渡ってくる時期になりました。

白鳥は佐潟、上堰潟など、周辺の水辺と田んぼを行き来して
落穂などをついばんでいます。
20191124_075935.jpg
朝夕、白鳥が移動するときは、グワ!グワ! と大きな声で泣きながら
頭上をV字編隊で飛んでいきます。

我が家の田んぼでもグワグワ。
20191207_122848.jpg

近くで見るとやはり大きい。
迫力があります。
20191207_122923.jpg
白鳥たちがシベリアに帰っていくのは3月頃。
それまでは田んぼでゆっくりして行って頂きたいと思います。

グワグワ!

新米発送と台風。

2019年10月15日 23:44

今年は度重なる台風(そしてそれに伴うフェーン現象)にハラハラした一年したが、
無事に新米が収穫できてなんとかホッとすることができました。汗

よし!
次は精米、袋詰め、発送作業だー!

20180930_154746.jpg

と、意気込む10月上旬でしたが、台風19号の進路がとても怪しい。汗
10月10日から発送予定の新米が、ちゃんと届けられるだろうか・・・。

急遽お客様にメールを流し、発送予定を前倒し。
台風で物流が止まる前にお届けできるように、新米発送を急ぎました。

何とか、台風が日本に迫る前に大部分のお米をお客様にお届けできたと思います。
是非、新米は土鍋ご飯(ほかの鍋でもOK)で楽しんでみてくださいませ!
※石井農園では土鍋(ホーロー鍋でもOK!)での簡単お米の炊き方レシピを
  一緒に添えてお米を発送しております。


発送が終わったのちは、台風対策を行い、
その後はずっとテレビのニュースを見ていました。

太平洋側、関東平野、北関東・・・台風が北上するにつれ、雨の被害がどんどん広がり
長野・千曲川の氾濫に只々愕然としました。

千曲川は下流へ進むと名をかえて、新潟に入ると信濃川になります。
信濃川は石井農園のすぐ近くまでやってきます。

13日、台風が通り過ぎて弥彦村には青空が広がりましたが、
近所の大河津分水(信濃川から分流)では、上流から流れてきた濁流が
氾濫危険水位を超え、避難勧告が携帯にも飛び込んできました。

避難勧告が解除されるまでは気が気でありませんでした・・・汗

今回の台風は全国、多くの地域に爪痕を残しました。
まだまだ被害の全容が見えていない部分も多いと思います。

一日も早く、水が引き、以前の日常が戻ることを願っています。